Top

事業ヒストリー

創業時の思い

創業者の樋口は当時大学生。Windows95が発売されインターネットは今後の社会基盤になると考える。インターネットにによる流通革命を意識し、インターネットスーパー事業を検討するが生鮮品の取り扱いが難しかった。そこで、旅行先で目にした天然石に着目し、天然石を使ったストラップやブレスレットの販売を検討し、会社を設立。

1998年5月

コマース

神奈川県小田原市にてモバイル周辺アクセサリーの企画・販売・ECを目的にマクロウィル有限会社を設立

天然石を使ったストラップなどを販売する。

これが現在のコマース事業の祖業となる。

1999年8月

コマース

自社サイト「携帯アクセ市場」でのモバイル周辺アクセサリーのECを開始

2000年1月

コマース

販売網拡大を目的にインターネットショッピングモール「楽天市場」へ出店

ネクストエンジンの開発背景

コマース事業で順調に規模を拡大していたが、規模拡大に伴い、人の手により対応していた商品の発送業務にまつわるメール連絡やお問い合わせ対応等の頻度も増加し、社員の業務負担が増加。業務負担を削減すべく、外部の受注管理システムを導入するも運用に合わなかった。そこで、自社でシステム開発を行う。

2007年11月

プラットフォーム

EC事業者向けクラウド型バックエンドソリューションシステム「ネクストエンジン」の稼働開始

2008年5月

プラットフォーム

「ネクストエンジン」の外部向けサービス開始

SaaS型システムであったため、初期投資無しで利用可能。さらに月額1万円~利用できるシステムは当時としては低価格であった。これが現在のプラットフォーム事業となる。

2010年頃

コマース

従来のフィーチャーフォンからスマートフォンへのシフトチェンジの流れを的確にとらえたことにより、携帯ストラップ中心の販売からスマートフォンケース中心の販売にスムーズに転換

2013年12月

プラットフォーム

「ネクストエンジン」のAPIを公開しプラットフォームとして提供開始