楽天証券,評判,メリット,デメリット
(画像=編集部作成)

「株式投資を始めてみたいけれど、どの証券会社が良いのか分からない」
「楽天証券という証券会社をよく聞くけれど、実際どのようなサービス内容や手数料水準なのか知らない」

このような疑問を持つ人が多いため、本記事では楽天証券の評判、メリット/デメリット、手数料、ツールなどについて分かりやすく紹介します。

記事の中では、楽天証券の口座を開設する方法についても紹介しているので、まだ口座を持っていない人はこの機会に口座開設し、投資をしてみましょう。口座開設手続きを始め、株の売買は思った以上に簡単にできることが理解頂けますので、是非最後までご覧下さい。

目次

  1. おトクに投資を始めたい人のMY BEST CHOICE
  2. そもそも楽天証券はどんな会社なの?
  3. 楽天証券の口コミ・評判
  4. 楽天証券の手数料を詳しく解説!
  5. 楽天証券のポイント投資は初心者でも始めやすい
  6. 楽天証券のツールは使いやすくて便利
  7. 楽天証券はこんな人におすすめ
  8. シミュレーションで確認!将来のために必要な積立金額は?
  9. 楽天証券の口座開設のやり方を紹介
  10. 楽天証券の基本的な取引ルール
  11. 楽天証券に関するよくある質問
  12. まとめ

おトクに投資を始めたい人のMY BEST CHOICE

編集部が選ぶおトクに投資を始めたい人のMY BEST CHOICEは「楽天証券」です。

楽天証券は手数料が業界最安水準であることや、楽天ポイントを利用して投資でき、投資することでポイントを獲得できることがメリットとして挙げられます。

株式投資をする際は、特に手数料などのコストが高いことを恐れるケースが多いですが、楽天証券であれば心配する必要はありません。むしろ、ポイントも獲得しつつ投資を続けることができるので、少しでもおトクに生活していきたい人におすすめです。

\楽天ポイントが使える!貯まる!/

そもそも楽天証券はどんな会社なの?

会社名 楽天証券株式会社
本社住所 東京都港区南青山2-6-21
代表 楠 雄治
会社設立 1999年3月24日
資本金 74億9500万円
株主 楽天カード株式会社(100%)
加入証券取引所 東京証券取引所
大阪取引所
名古屋証券取引所
※引用元:楽天証券公式サイト

\楽天ポイントが使える!貯まる!/

楽天証券は、楽天グループが運営するネット証券として、1999年に設立されました。
「お客様本位の業務運営」を掲げており、常に顧客の立場に立った投資サービスを展開し、顧客数を伸ばしてきています。

楽天グループの強みを生かし、楽天銀行と連携したマネーブリッジ、楽天カードと連携した投資信託のクレジットカード決済など、他業種とのコラボレーションで独自性を出しています。

マネーブリッジとは?

楽天銀行口座と楽天証券口座を連携させることにより、いままで以上にシームレスな資金移動が可能となるサービスです。

また、楽天グループが展開するSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象の1つとして楽天証券が選ばれており、楽天市場で買い物する際に楽天ポイントがたくさん獲得できることが魅力です。

さらに、獲得した楽天ポイントは、楽天市場で買い物をする時に利用できたり、楽天モバイル、楽天ガス、楽天でんきなど楽天グループ各社のサービスにおける支払いに充てることも可能です。

\楽天ポイントが使える!貯まる!/

楽天証券の口コミ・評判

楽天証券_魅力.
(画像=編集部作成)

楽天グループに所属し、大手の安心感がある楽天証券ですが、口コミや評判はどのようなものか気になるところです。メリット/デメリットと併せて紹介していきます。

楽天証券の口コミ&評判・メリット

人気急上昇!口座開設数No1の楽天証券

2021年12月に証券総合口座数が700万口座に達し、業界最多水準となっています。

口座開設数が業界最多水準になった理由について、全般における良い口コミ&評判・メリットを紹介します。
初心者でも使いやすい画面設計となっていることや、丁寧な顧客サポートを受けられるという声が多いです。

\初心者向けサービスが充実!/

また、無料で日本経済新聞や四季報を読むことができ、投資する際の役に立つことなどがメリットです。
あらゆるサービスを総合的にレベルアップさせている点で、が顧客から支持されていることが分かります。

全般における口コミ&評判
  1. 投資初心者ですが、運用を任せられる「楽ラップ」を利用しているので手間なく投資ができて良かったです。
  2. 顧客サポートにおいて、最後まで丁寧に分かりやすく説明してくれるので助かります。
  3. 楽天銀行との連携(マネーブリッジ)を行うと、優遇金利で預金ができたり、資金移動も手数料がかかることなく簡単に行えます。
  4. アプリを使って日本経済新聞を読むことや、四季報を閲覧することができるので投資情報の収集に役立ちます。
  5. 初心者でも分かりやすいホームページや投資操作画面になっていて良いと思います。

\無料で日経新聞が読める!/

手数料は業界最安

楽天証券の手数料は業界最安水準です。
ポイントを貯めながら株式投資できる「超割コース」であれば、業界最低水準の取引手数料であることに加え、取引手数料の1%〜2%分を楽天ポイントでもらえます。

取引手数料とは?

取引が成立した際に金額に応じてかかる手数料。取引が成立しない場合には手数料はかからない。

\手数料が業界最安!/

また、投資信託の月間平均残高が一定金額以上になるなどの条件を達成すると「大口優遇」が適用され、信用取引にかかる手数料は無料となります。
さらに、手数料の2%分のポイント還元も受けられます。

大口優遇とは?

超割コースでお取引されているお客様が「大口優遇」判定条件を達成すると手数料が割引となり、信用取引手数料は0円になります。

信用取引とは?

現金や株式、投資信託を担保として証券会社に預けることにより証券会社からお金や売買に必要な株式を借りて行う取引。

信用取引とは、投資家が証券会社に保有する現金や株式を担保に、担保評価額の約3.3倍まで株式の売買を行える仕組みです。

例えば、各種手数料を考慮しない場合、担保となる現金や株式の評価額が50万円であるケースでは、約165万円(50万円×約3.3倍)の株式売買が可能となります。

信用取引には、手持ちの資金が不足している場合に証券会社から資金を借りて株を購入する「信用買い」と、株券を一時的に借用して後からその株券を売却する「信用売り」の2種類があります。

\手数料が業界最安!/

少ない金額を高頻度で売買する人向けの「いちにち定額コース」では、1日の取引金額が100万円までであれば手数料が無料になります。
また、一日のうちに何度も取引を行うデイトレードをする場合、日計り取引の片道手数料が0円になり、よりお得に利用できます。

いちにち定額コースの手数料

1日の約定代金 100万円まで 200万円まで 300万円まで※
取引手数料(税込) 無料 2200円 3300円

※300万円を超えると、100万円毎に1100円加算

楽天証券の手数料における口コミ&評判
  1. 全体的に手数料が安くて満足しています。
  2. 信用取引における手数料も安くて良いです。

\手数料が業界最安!/

アプリ・ツールが使いやすい

楽天証券では、顧客が快適に株の注文を行えるようにしたり、株式投資に役立つ情報の提供をしたりするアプリやツールを持っています。
MARKET SPEED IIは、パソコンで利用できる情報分析ツールで、便利な機能として「個別銘柄」機能があり、取引に必要な情報を一つの画面で閲覧できます。
ニュース、四季報、チャートなど、各個別銘柄の詳細な情報をタブの切り替えるだけで見れ、保有している銘柄やお気に入り銘柄の登録もできます。

また、すぐに発注画面を起動させることができるので、売買したいと思ったタイミングを逃すことなく注文可能です。
MARKET SPEED IIの他にも、MARKET SPEED、MARKET SPEED FX、iSPEEDなど、便利なアプリ・ツールを多数提供しているので、どのような場面でも困りません。

ツールにおける口コミ&評判
  1. スマホアプリについて、画面が見やすくて直感的に操作でき、銘柄検索や取引などにおいてもスムーズに利用することができます。また、スクリーニング機能も優れており、銘柄選定をするのに便利です。
  2. 注文した後速やかに約定される速さに満足しています。また、楽天証券のシステムは安定しており、快適に使用できます。
  3. パソコンでもスマートフォンでも簡単に操作でき、発注や情報分析を行うのにストレスがかからないです。

\ツールが使いやすい!/

投資信託が豊富で選びやすい

楽天証券が取り扱う投資信託は2668本(2021年12月時点)となっており、ネット証券屈指の取扱数を誇ります。
例えば、「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」などが有名です。
国内、海外含め、豊富な投資対象から自分の好きな銘柄を選べるので、投資の幅を広げられます。

ファンドとは?

投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品です。

楽天証券における投資信託ランキング(買付金額)(2021年12月時点)

順位 投資信託名
第1位 eMAXISSlim米国株式(S&P500)
第2位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
第3位 eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
第4位 楽天日本株4.3倍ブル
第5位 楽天レバレッジNASDAQ-100
第6位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
第7位 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型
(為替ヘッジなし)予想分配金提示型
第8位 iFreeレバレッジNASDAQ100
第9位 たわらノーロード先進国株式
第10位 eMAXISSlim先進国株式インデックス
楽天証券の投資信託における口コミ&評判
  1. 取り扱う銘柄数が多く、ポイントも貯められて良いと思います。

  • 投資信託の銘柄数が多いので、投資の選択肢が広がります。
  • \投資信託の銘柄数が豊富!/

    積立投資でポイントが貯まる

    楽天証券で投資信託を積立投資すると、楽天ポイントを貯められます。
    ポイントを貯めるためには、楽天カードでクレジットカード決済をすることにより実現します(毎月5万円が上限)。
    決済額100円につき1ポイント付与されるので、例えば、毎月5万円積み立てを1年間行うと、6000ポイント(5万円×12ヶ月=60万円の1%分)獲得できます。

    楽天ポイントは、楽天ブックス、楽天トラベル、楽天モバイルなど、楽天グループ各社におけるサービスの支払いに使えるほか、日用品や食品などが買える楽天市場での買い物などに利用可能です。

    積立投資とは?

    積立型の投資信託のこと。決まった頻度で決まった金額を投資するサービス。

    楽天ポイントが使えるサービス例
    1. 楽天市場
    2. 楽天ブックス
    3. 楽天西友ネットスーパー
    4. 楽天トラベル
    5. 楽天GORA
    6. ラクマ
    7. 楽天Car
    8. 楽天ポイントカード
    9. 楽天ペイアプリ
    10. 楽天ペイ(オンライン決済)
    11. RAXY
    12. 楽天オート
    13. Vacation STAY
    14. 楽天ポイント交換グッズ
    15. 楽天TV
    16. 楽天チケット
    17. 楽天ぐるなびデリバリー
    18. NBA Rakuten公式
    19. 楽天ダウンロード
    20. Rakuten Music
    21. 楽天写真館
    22. 楽天占い(リモート鑑定)
    23. 楽天マガジン
    24. 楽天占い

    \楽天ポイントが貯まる!/

    楽天ポイントで投資ができる

    楽天証券では、楽天ポイントを使って投資ができます。
    投資をしたいけれど、最初から自分のお金を出すのはハードルが高いと思う人にとって、投資のスタートを切るのに向いています。
    なお、楽天ポイントを利用した投資ができるのは、投資信託、国内株式(現物)、バイナリーオプションです。

    積立投資を行う際、楽天ポイントを利用して投資する方法は3種類あります。

    楽天ポイントを利用して投資する方法
    1. 「全て使う」:商品を購入する際に持っている楽天ポイントを全て利用したい人におすすめ
    2. 「毎日の上限●●ポイント」:毎日決められた金額分のみを楽天ポイントで支払いたい人におすすめ
    3. 「毎月の上限●●ポイント」:1ヶ月の間で利用できる楽天ポイントの上限を設けて投資したい人におすすめ

    楽天ポイント投資は、特定口座だけでなく、一般NISA口座や、つみたてNISA口座にも対応しているため、税制優遇を受けながら行えます。
    なお、NISAとは少額投資非課税制度のことで、投資した一定金額までに発生した収益に対して課税されない仕組みです。例えば一般NISA口座の場合、1年間につき120万円までの投資額から生まれた値上がり益や配当金が非課税となります(課税口座であれば、収益に対して20.315%課税されます)。

    \楽天ポイントが利用できる!/

    特定口座とは?

    特定口座とは、申告分離課税が適用になる上場株式等の譲渡益課税について、証券会社が投資家の代わりに損益の計算を行い、「特定口座年間取引報告書」を交付する制度です。投資家の選択により、証券会社が納税し、投資家は確定申告不要とすることも可能です。

    非課税制度とは?

    NISA口座では5年の間、年間120万円の範囲内で購入した金融商品から得た利益に税金がかからない。この非課税措置を通じて一般の個人に幅広く資産形成の機会を提供すること、および、家計から企業への資金供給を促進し、企業の成長をサポートすることを目的としている。限度額を年間120万円とすることで富裕層に限らず、個人を幅広く対象としています。

    NISAとは?

    毎年120万円の非課税投資枠が設定される少額投資非課税制度。株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象になる。

    楽天証券で投資すれば、楽天ポイントを使ってお得に商品を購入することができ、さらに一定額まで非課税となるNISA口座にも対応しているため、他の証券会社にはない強みがあるといえます。

    \楽天ポイントが利用できる!/

    楽天サービスとの連携でおトクになる

    楽天証券は、同じ楽天グループの楽天銀行と口座連携すると様々な特典があります。
    口座連携をして顧客が受けられるようになるサービスの総称は「マネーブリッジ」と呼ばれています。マネーブリッジは無料で利用できるので、是非口座連携することをおすすめします。

    1.楽天銀行の普通預金金利が優遇される

    楽天銀行で保有している普通預金の金利が年0.10%に上がります。通常の場合は0.02%であるため、マネーブリッジでは5倍の金利をもらえるようになるので大変お得です。
    楽天銀行以外で預貯金をしている現金がある場合、可能な限り楽天銀行に移動して預金すると、より一層利息が多くもらえるのでおすすめです。

    \楽天サービスの利用でお得!/

    2.投資あんしんサービスを受けられる

    投資あんしんサービスとは信用取引を行う顧客向けのサービスで、信用保証金維持率が低下したり、預り金が足りなくなった際などに、楽天銀行の口座から楽天証券の口座へ自動でお金の振り替えを行ってくれるようになります。

    \楽天サービスの利用でお得!/

    3.自動入出金が可能になる

    楽天証券で投資する際、発注時に残高が足りなくなった場合に楽天銀行の口座から自動で不足金額をスイープ(自動入金)してくれます。よって、残高不足で資金移動をする手間がなく、迅速に投資することが可能です。
    また、毎営業日の夜に証券口座にある残高は楽天銀行へ自動出金されるため、手続きを行うことなく普通預金の優遇金利を受けられます。
    なお、自動入出金サービスは円普通預金に限定して適用され、外貨預金は適用対象外です。

    \楽天サービスの利用でお得!/

    楽天証券の口コミ&評判・デメリット

    楽天証券_デメリット.
    (画像=編集部作成)

    楽天証券についての悪い口コミ&評判・デメリットについて解説します。

    ミニ株投資ができない

    楽天証券では、ミニ株や単元未満株を取り扱っていません。
    ミニ株とは、10株単位で購入できる株のことを指します。「株式ミニ投資」の通称でミニ株という言葉が使われるようになりました。

    単元未満株とは?

    単元未満株とは銘柄ごとに決められている最低売買単位である1単元の株数に満たない端数株式のこと。株主総会における議決権の行使は認められないが、それ以外の利益配当請求権、書類閲覧謄写権、株主代表訴訟提起権等の株主の権利は認められる。

    原則、日本株は100株単位(単元株)でしか株を購入できません。しかし、一部の証券会社ではミニ株や単元未満株(100株未満の株)を購入できるところもあり、少額から投資可能です。

    単元株とは?

    通常の株式取引で売買される売買単位のことで、単元は、ある一定のルールの元、企業が自由に決めることができる。

    例えば、株価2000円の株を購入したい場合、原則2000×100株=20万円を用意する必要がありますが、ミニ株(10株)であれば2万円用意すれば買えるのです。
    資金余力があまりない人でも、ミニ株や単元未満株で投資できる証券会社であれば手軽に株を手に入れられます。

    ミニ株、単元未満株の取り扱いがなく利用者から不満も出ていますが、投資信託であれば100円から買うことができます。投資資金があまりない人は投資信託から始めてみるのも良いでしょう。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    IPO投資には向いていない

    IPOの取り扱いが少ないといった評判があります。
    IPOとは、Initial Public Offeringの略で、新規公開株や新規上場株式と呼ばれます。証券会社を通じて投資家に株を売り出し、新たに上場して売買できるようにすることがIPOです。

    他の主要ネット証券(SBI証券、マネックス証券)と比べた場合、IPO取り扱い数は多いとはいえません。しかし、年々取り扱い件数は増加してきているため、今後は他社と肩を並べてくることにも期待できます。

    IPOは、申し込みされた数が募集されている数に比べて多い場合、抽選で購入できる人が決まる方法が良く取られています。取り扱いをしている件数が多い証券会社ほど購入できる可能性は高くなるため、楽天証券しか口座を持っていない人は、他の証券会社でも口座を開設してIPO投資をすると良いでしょう。

    主要ネット証券におけるIPO取扱実績

    楽天証券 2018年 11件
    2019年 26件
    2020年 38件
    SBI証券 2018年 86件
    2019年 82件
    2020年 85件
    マネックス証券 2018年 50件
    2019年 45件
    2020年 50件

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    外国株の手数料が高い

    外国株の手数料についての評判は、「他社と比べて手数料が安いとは感じない」「海外株の手数料は、他社と比べて高い」というものが多いです。

    米国株における取引手数料は、約定代金の0.495%(2.22米ドル超〜4444.45米ドル未満)である一方、DMM株は無料です。

    為替手数料においては、買付時/売却時共に25銭の一方、マネックス証券は買付時0銭となっています。
    よって、米国株における手数料については最安ではなく、他社と比べて高いと言われてしまう要因となっています。 今後、外国株手数料が安くなることに期待しましょう。

    主要ネット証券における米国株取引手数料/為替手数料

    証券会社 取引手数料 為替手数料
    楽天証券 2.22米ドル以下:0円
    2.22米ドル超〜4444.45米ドル未満:約定代金の0.495%
    4444.45米ドル以上:22米ドル
    25銭
    DMM株 無料 25銭
    SBI証券 2.22米ドル以下:0円
    2.22米ドル超〜4444.45米ドル未満:約定代金の0.495%
    4444.45米ドル以上:22米ドル
    25銭
    マネックス証券 2.22米ドル以下:0円
    2.22米ドル超〜4444.45米ドル未満:約定代金の0.495%
    4444.45米ドル以上:22米ドル
    買付時:0銭
    売却時:25銭

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    楽天証券の手数料を詳しく解説!

    スライド18.
    (画像=編集部作成)

    投資をする際に確認すべき大切なポイントは、手数料が安いことです。
    楽天証券は手数料を低く抑えることに力を入れており、安心して投資できます。

    ちなみに、株式投資をする際の主な手数料として、現物取引手数料、為替手数料、信用取引手数料、買付手数料、運用管理手数料などがあります。

    現物取引とは?

    自身の現金と株式で取引をすること。信用取引や先物取引、オプション取引などと区別する際に使われる。

    楽天証券では取引手数料が無料であったり、手数料をポイントバックしてくれたりするものもあるので、取引するタイミングで確認してみましょう。

    \手数料が安い!/

    2種類の手数料

    「いちにち定額コース」と「超割コース」2種類の手数料体系があります。
    超割コースは、取引の都度手数料が必要になる仕組みになっており、現物取引の場合、約定代金が5万円までであれば取引手数料は55円となります。信用取引の場合、約定代金が10万円までであれば取引手数料は99円となっています。
    なお、支払う手数料の1%分をポイントで還元してくれるので覚えておきましょう。

    超割コース 現物取引手数料

    約定代金 取引手数料(税込)
    5万円まで 55円
    10万円まで 99円
    20万円まで 115円
    50万円まで 275円
    100万円まで 535円
    150万円まで 640円
    3000万円まで 1013円
    3000万円超 1070円

    超割コース 信用取引手数料

    約定代金 取引手数料(税込)
    10万円まで 99円
    20万円まで 148円
    50万円まで 198円
    50万円超 385円

    \手数料が安い!/

    超割コースでは、大口ユーザー向けに優遇を実施しており、1ヶ月間における投資信託の平均残高が3000万円以上などの条件を満たすと、3ヶ月間大口優遇ユーザーとしての特典を受けられます。
    また、大口優遇を受けると、信用取引手数料が約定代金に関わらず無料になるほか、現物取引手数料も割引されます。

    超割コース大口優遇 現物取引手数料

    約定代金 取引手数料(税込)
    5万円まで 無料
    10万円まで 無料
    20万円まで 110円
    50万円まで 261円
    100万円まで 468円
    150万円まで 559円
    3000万円まで 886円
    3000万円超 936円

    超割コース大口優遇 現物取引手数料

    約定代金 取引手数料
    10万円まで 無料
    20万円まで 無料
    50万円まで 無料
    50万円超 無料

    \手数料が安い!/

    一方、いちにち定額コースは、少ない金額で高頻度の取引をする場合に向いています。
    1日あたりの取引金額が100万円までであれば手数料無料で利用できる点がメリットと言えるでしょう。

    いちにち定額コース 手数料

    1日の約定代金 100万円まで 200万円まで 300万円まで※
    取引手数料(税込) 無料 2200円 3300円

    ※300万円を超えると、100万円毎に1100円加算

    \手数料が安い!/

    いちにち定額コースの他社比較

    1日に何度取引しても取引手数料の上限があるいちにち定額コースは、初心者でもより安心して投資ができる手数料体系と言えます。
    SBI証券と同様に、1日の約定代金が100万円までであれば手数料無料となるため、業界最安水準といえます。
    1日に100万円までは無料で取引できるので、資金が少ない初心者のうちは十分でしょう。
    なお、日本株の多くの個別株銘柄は100万円以下で購入することができます。

    今後さらに1日の投資金額を増やしていきたいと考えるのであれば、SBI証券を選択しておくことをおすすめします。
    一方、マネックス証券では1日に10万円約定するだけで取引手数料が550円必要になるため注意が必要です。

    主要ネット証券における1日定額コース取引手数料(現物取引)

    約定代金 楽天証券 SBI証券 松井証券 マネックス証券
    1日の約定代金合計ごとの手数料 10万円 無料 無料 無料 550円
    50万円 無料 無料 無料 550円
    100万円 無料 無料 1100円 550円
    200万円 2200円 1238円 2200円 2750円
    300万円 3300円 1691円 3300円 2750円
    以降100万円毎 +1100円 +295円 +1100円 +2750円

    \手数料が安い!/

    超割コースの他社比較

    取引の都度手数料が必要な超割コースについても他社比較をしてみましょう。
    楽天証券の超割コースについても、SBI証券と同様に業界最安水準となっています。
    松井証券は取引の都度手数料が発生するコースは設けておらず、1日の約定代金合計に応じた手数料体系しかありません。

    取引の都度手数料がかかる体系では、1回あたりの手数料金額は少額でも取引回数を重ねていくと大きな金額になってしまう可能性があるため、少しでも安い証券会社を選びましょう。

    主要ネット証券における都度取引手数料(現物取引)

    証券会社 楽天証券 SBI証券 松井証券 マネックス証券
    1回の約定代金ごとの手数料 10万円 99円 99円 取引の都度
    手数料が発生
    するコースなし
    110円
    50万円 275円 275円 495円
    100万円 535円 535円 1100円
    200万円 1013円 1013円 33000円
    300万円 1013円 1013円 33000円

    \手数料が安い!/

    楽天証券のポイント投資は初心者でも始めやすい

    楽天ポイントを利用して投資信託などの購入ができます。
    投資初心者が最初から自分のお金を出して投資するのはハードルが高いこともあるため、ポイントで買えるのはうれしい点です。

    最初はポイントを使って投資を始め、だんだんと慣れてきてから現金を使った投資にも挑戦していくと良いでしょう。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    楽天ポイント投資の特徴

    楽天証券のポイント投資は、楽天が展開する各種サービスを利用して獲得したポイントを利用して投資できます。
    ポイント投資の対象になるのは、投資信託、国内株式(現物)、バイナリーオプションの3種類です。

    投資信託におけるポイント投資

    投資信託におけるポイント投資では、購入代金の全部または一部について楽天ポイントや楽天証券ポイントを使えます。

    投資信託の積立投資を行う場合でもポイントを使えるため、コツコツと資産形成をしていきたい人にもおすすめです。

    また、楽天グループが提供するSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象となっており、ポイントをたくさん貯められるようになります。楽天証券でポイントを使って投資信託を購入すると、楽天市場での買い物がポイント+1倍となります。

    SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天グループの様々な商品やサービスを利用することでポイントがアップしていくお得な仕組みです。
    それぞれの商品・サービスが設定する条件をクリアすると、その月の楽天市場での買い物がポイントアップされます。

    楽天証券でポイントを利用して投資信託を購入する場合のポイントアップ条件は、「楽天ポイントコース」を設定することと、500円以上のポイントを利用して購入することです。全てポイントで購入する場合も、ポイントと現金を組み合わせて購入する場合でも問題ありません。
    ただし、例えば毎日積立購入するをする設定をして、1日あたり200円分のポイントを利用したポイント投資をすることで1ヶ月の合計金額が500円以上になる場合など、何回かに分けて500円以上のポイント投資をするとSPUの対象ではなくなるため注意が必要です。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    国内株式(現物)におけるポイント投資

    国内株式(現物)におけるポイント投資では、楽天ポイントを国内株式(現物)の買付代金と手数料に使えます。

    NISA口座にも対応しているため、非課税枠を使いながらお得に投資できるのが特徴です。
    なお、一度ポイント投資の設定を行うと、その後は売買の都度設定を行う必要がないので、手間なく投資できます。 なお、国内株式(現物)のポイント投資はSPUの対象にはなりません。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    国内株式(現物)ポイント投資のやり方

    1.「楽天ポイントコース」へコース設定

    最初に、ポイントコースを選択します。
    コースには「楽天証券ポイントコース」と「楽天ポイントコース」の2種類ありますが、ポイント投資するには「楽天ポイントコース」を設定します。

    2.ポイントを利用する手続きを行う

    どれくらいポイントを利用するかを決めるため、ポイント利用の設定を行います。
    下記パターンのうちから選択しましょう。

    ポイントの利用パターン
    1. 1ヶ月に使うポイントに上限を定めて使う
    2. 1日に使うポイントに上限を定めて使う
    3. 利用可能なポイントを全て使う

    3.株を購入する

    1.2でポイント投資を使える準備が整ったら、実際に株を買ってみましょう。
    銘柄を選んで買いの注文をすれば完了です。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    取引できる商品ラインナップ

    楽天証券のポイント投資で購入できる商品の一例を紹介します。
    国内有名企業の株式から、海外を投資対象とする投資信託まで幅広くポイント投資に対応しています。

    投資信託の一例
    1. eMAXISSlim米国株式(S&P500)
    2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
    3. eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
    4. 楽天レバレッジNASDAQ-100
    5. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
    6. eMAXISSlim全世界株式(除く日本)
    7. eMAXISSlim先進国株式インデックス
    8. iFreeレバレッジNASDAQ100
    9. eMAXIS NASDAQ100インデックス
    10. eMAXISSlim新興国株式インデックス
    国内株式(現物)の一例
    1. キリンホールディングス
    2. ソフトバンク
    3. 三菱UFJフィナンシャルグループ
    4. ENEOSホールディングス
    5. 日本たばこ産業
    6. ヤマダホールディングス
    7. 武田薬品工業
    8. 日本航空
    9. トヨタ自動車
    10. ANAホールディングス

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    楽天証券のツールは使いやすくて便利

    楽天証券が提供するツールは、使いやすくて便利と評判です。
    投資家ごとのスタイルに合わせ、パソコン向けの高機能トレーディングツール、スマートフォン用アプリ、タブレット用アプリなど、用途に応じて様々なツールが用意されています。

    ツールはどんな時に使う?

    株式投資を行う際に使われるツールは、銘柄情報や株価を確認したり、株取引の発注ができたりします。

    パソコン向けの高機能ツールでは、大きな画面で一度に多くの情報を確認できるので、集中して効率的に分析や作業を行いたい場合に使われます。
    自宅でじっくりと購入する株の分析を行ったり、ニュースを見たりも可能です。

    一方、スマートフォン用やタブレット用のアプリでは、いつでもどこでも利用できるので手軽さが魅力です。
    外出先や通勤中に銘柄情報やチャート分析をして情報収集可能なため、隙間時間を効率的に利用できるほか、急な株価変動で売買チャンスがやってきた時でもすぐに対応できます。

    続いて、提供している主なツールについて紹介していきます。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    MARKET SPEED II

    MARKET SPEED IIは、国内株式、国内商品先物取引、国内先物・オプション取引などに対応したパソコン向けのツールです。

    個別銘柄

    個別銘柄の詳細情報を1画面で確認できるのが特徴で、注文ができるのはもちろん、投資に関する情報や保有株式の状況も一つの画面内で見られます。

    チャート、株価、株主優待、業績など投資判断をする際に不可欠な情報を一度で確認できるほか、注文する際はすぐに注文画面へ移動可能なため、情報収集、保有株式の管理、注文まで幅広く対応してくれます。

    また、個別の銘柄だけではなく、指数、為替、先物についても同じタイミングで確認可能です。日経平均株価、TOPIX、NYダウ、S&P500、NASDAQなどの株価指数を確認できるのに加えて、CME日経平均先物、金などのコモディティ、為替相場など、重要なマーケット情報をつかめるので、個別銘柄分析だけでは分からない市況全体を理解できます。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    チャート

    MARKET SPEED IIはチャートについても優れています。

    一世代前のMARKET SPEEDにはなかった直感的な操作性を取り入れ、操作性が格段に良くなりました。具体的には、チャートの移動や拡大/縮小、表示する期間の変更をマウスを使ってできるようにしたり、最大4つのチャートを同じタイミングで表示可能にしたりすることにより、利便性が向上しました。

    また、MARKET SPEED IIはチャート上に注文中の指値をラインで示すことができ、ラインを移動させることによって指値を変更できます。さらに、持っている銘柄を取得した時の単価を表示してくれるので、売却するタイミングを判断する際に役立ちます。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    セコムあんしんログイン

    MARKET SPEED IIは「セコムあんしんログイン」と呼ばれるセキュリティー管理を行っています。

    セコムあんしんログインは、ログインIDとパスワードに加え、暗号化済みの認証情報を利用してスマートフォンの指紋・顔認証(TouchID/FaceID)や端末認証(パターン、PIN、パスワード)でログインする方法です。
    これにより、非常にレベルの高いセキュリティを確保しており、不正アクセスから投資家を守ります。

    パソコンとスマートフォンの二経路認証を導入しているほか、指紋/顔/パスワードなどによる多要素認証を取り入れることで安全な本人認証を行っています。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    MARKET SPEED

    MARKET SPEEDは、国内株式取引、米国株式取引、海外先物取引などに対応したパソコン向けのツールです。
    豊富な投資情報や、利便性の高い発注機能を搭載しており、初心者から上級者まで幅広く投資家のサポートをしてくれます。

    なお、Macユーザー向けにMARKET SPEED for Macも提供しています。

    リアルタイムランキング

    値上率、値下率、配当利回りなど、30種類近いランキングを用意しており、スピーディーに銘柄分析を行えます。
    また、信用買残減、前場寄前値上率など他ではあまり扱っていない項目にも対応しています。

    配当利回りとは?

    配当利回りとは、株主が購入した時点での株価に対し、1年間でどれだけの配当を受けることができるかを示す数値。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    エクスプレス注文

    銘柄の値段をワンクリックするだけで株式の新規注文や返済注文を行える機能です。呼値の単位が縮小された場合など、売買が活発になった銘柄でもチャンスを逃すことなく取引できます。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    まとめ板機能

    まとめ板機能を利用すると、利用者が設定した「刻み」で気配値を表示できます。
    小数点になると数字が読みづらくなることがありますが、まとめ板機能で快適な取引が可能です。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    ドラッグ&ドロップで注文可能な「武蔵」

    武蔵と呼ばれる機能を使えば、ドラッグ&ドロップで即座に発注できます。
    リストに気になる銘柄を登録しておくことで、ダブルクリック一つで銘柄の情報をチェックできて便利です。
    なお、武蔵では現物・信用共に取引を行う投資家の利便性向上のため、同一画面で、ワンクリックで現物と信用の切り替えができるようになっています。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    充実したニュース/投資情報

    日本だけでなく、海外を含む投資に関するニュースをチェックできます。また、株式だけでなく、金利や為替などの情報も豊富に提供しているため、テレビやネットニュースなどでは得られない情報も入手可能です。
    また、投資家に人気のある日経テレコンや四季報もMARKET SPEEDで読めるので、投資情報に困ることはありません。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    MARKET SPEED FX

    MARKET SPEED FXは、グッドデザイン賞を受賞したFX専用のトレーディングツールです。
    およそ40種類のテクニカル分析指標とバリエーション豊かな描画系機能を搭載したチャート画面、各種情報の表示順、レイアウトまでカスタマイズできる高い性能をもっています。

    テクニカルチャート

    MACDやボリンジャーバンドなど、40種類もあるテクニカルチャート、16種類の時間軸、9種類の描画機能を搭載しており、数多くのパターンで分析を行えます。自分なりに独自の設定をし、分析していくことで投資上級者へ近づくことができるでしょう。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    レートパネル

    MARKET SPEED FXでは26通りの通貨ペアに対応した注文用の画面を持っています。
    グッドデザイン賞を受賞する程のレベルの高いデザインとシンプルな構成により、最短ワンクリックで注文できる点が優れています。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    レート一覧

    通貨ペア全てにおいてあらゆる情報を表示することができます。
    スプレッド、前日比、必要証拠金などの情報がリアルタイムで更新されていくため、様々な取引判断を行う時に活躍します。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    ニュース

    トムソンロイター、フィスコ、グローバルインフォメーションの3種類のニュースソースから情報を得られます。
    速報、要人発言、コメント、経済指標、テクニカル、市況など、知りたい項目に絞ってニュースを検索でき、素早く情報を入手できるところが便利です。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    iSPEED

    iSPEED
    (引用:iSPEED)

    iSPEEDは、iphoneやAndroidなどのスマートフォンで利用できるモバイル用のトレーディングツールです。
    モバイルであることを感じさせない高性能なツールとして、2010年にサービスを開始して以来、多くの投資家に利用されています。
    なお、iSPEEDはスマートフォン用アプリのほか、iSPEED for iPad、iSPEED FX、iSPEED 先物OPなども提供しており、それぞれの用途に合わせて使い分けられます。

    最大2000銘柄を「お気に入り」登録できる

    1ページあたり、国内株式100銘柄と米国株式100銘柄の合計200銘柄分を10ページに渡って「お気に入り」登録できるため、気になる銘柄がある場合は漏れなく登録できるでしょう。
    また、Webとアプリの互換性も良く、Webで事前に追加したお気に入り銘柄を後からアプリで確認したり、削除したりできます。
    お気に入りに登録すると、銘柄サマリー、市況情報、銘柄に関連するニュース、チャート、株主優待などに関する情報を簡単に見られるようになります。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    画面を自由にカスタマイズできるMyPage

    MyPage機能を利用すると、30種類以上の項目の中から自分の好きなものをカスタマイズして様々な投資情報を閲覧できるようになります。
    なお、最初から5種類はi SPEEDにテンプレートが入っているため、必ずしもカスタマイズする必要はありません。

    また、MarketToday機能では、投資に役立つ情報を集めたニュースを提供しており、東京証券取引所Arrowsから前場と後場の取引終了後に2分程度の速報動画を配信する「楽天証券マーケットニュース」、ロイターが提供する最新ニュース「ニュースヘッドライン」などを確認できます。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    楽天証券はこんな人におすすめ

    楽天証券_人.
    (画像=編集部作成)

    投資初心者

    ネット証券業界大手で知名度が高いほか、口座開設数もNo1なので安心して取引できます。
    ネット証券なのでオンラインで口座開設も簡単にできる点も魅力です。投資初心者の場合、専門用語が出てきたりして開設方法を理解できないことも多いですが、電話やチャットなどサポートが充実しているので問題ありません。

    楽天証券では、初心者が投資する際に強い味方になる便利なアプリやツールも提供しています。
    例えば、MARKETSPEEDIIはパソコンで利用可能な情報分析ツールで、便利な機能として「個別銘柄」機能があり、取引に必要な情報を一つの画面で閲覧可能です。また、ニュース、四季報、チャートなど、各個別銘柄の詳細な情報をタブを切り替えるだけで見ることができ、保有している銘柄やお気に入り銘柄の登録も簡単にできます。

    さらに、すぐに発注画面を起動させることができるので、売買したいと思ったタイミングを逃すことなく注文可能です。 MARKETSPEEDIIの他にも、MARKET SPEED、MARKET SPEED FX、iSPEEDなど、便利なアプリ・ツールを多数提供しているので、投資するあらゆる場面で困りません。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    手数料をできるだけ抑えたい人

    手数料が業界最安水準になっているため、手数料をできるだけ抑えたい初心者におすすめです。

    取引の都度手数料がかかる「超割コース」であれば、業界最低水準の取引手数料であることに加え、取引手数料の1%〜2%分を楽天ポイントでもらえます。

    また、投資信託の月間平均残高が一定金額以上になるなどの条件を達成すると「大口優遇※」が適用され、信用取引にかかる手数料は無料です。

    現物取引の場合、約定代金が5万円までであれば取引手数料は55円必要で、信用取引の場合、約定代金が10万円までであれば取引手数料は99円となっています。

    超割コース 現物取引手数料

    約定代金 取引手数料(税込)
    5万円まで 55円
    10万円まで 99円
    20万円まで 115円
    50万円まで 275円
    100万円まで 535円
    150万円まで 640円
    3000万円まで 1013円
    3000万円超 1070円

    超割コース 信用取引手数料

    約定代金 取引手数料(税込)
    10万円まで 99円
    20万円まで 148円
    50万円まで 198円
    50万円超 385円

    \手数料が安い!/

    ※1ヶ月間における投資信託の平均残高が3000万円以上などの条件を満たすと、3ヶ月間大口優遇ユーザーとして特典を受けられます。
    また、大口優遇を受けると、信用取引手数料が約定代金に関わらず無料になるほか、現物取引手数料も割引されます。

    少ない金額を高頻度で売買する人向けの「いちにち定額コース」では、1日の取引金額が100万円までであれば手数料が無料です。また、一日のうちに何度も取引を行うデイトレードをする場合、日計り取引の片道手数料が0円になり、よりお得に利用できます。

    いちにち定額コースの手数料

    1日の約定代金 100万円まで 200万円まで 300万円まで※
    取引手数料(税込) 無料 2200円 3300円

    ※300万円を超えると、100万円毎に1100円加算

    \手数料が安い!/

    楽天ポイントを使用している・貯めている人

    楽天ポイントを利用して投資信託などの購入ができます。
    投資初心者は、始めから自分のお金で投資するのはハードルが高いこともあるため、ポイントで買えるのは便利です。

    最初はポイントを使って投資を始め、少しずつ金額が大きくなって慣れてきてから現金を使った投資にも挑戦していくと良いでしょう。

    ポイント投資は、楽天が展開する各種サービスを利用して獲得したポイントを利用して投資できます。
    ポイント投資の対象になるのは、投資信託、国内株式(現物)、バイナリーオプションの3種類です。
    初心者が投資しやすい投資信託におけるポイント投資では、購入代金の全部または一部について楽天ポイントや楽天証券ポイントを使えます。

    積立投資を行う場合でもポイントを使えるため、コツコツと資産形成をしていきたい人にもおすすめです。

    \楽天ポイントが貯まる!/

    また、楽天グループが提供するSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象となっており、楽天市場での買い物でポイントをたくさん貯められるようになります。

    SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天グループの様々な商品やサービスを利用することでポイントがアップしていくお得な仕組みです。
    それぞれの商品・サービスが設定する条件をクリアすると、その月の楽天市場での買い物がポイントアップされます。

    ポイントを利用して投資信託を購入する場合のポイントアップ条件は、「楽天ポイントコース」を設定することと、500円以上のポイントを利用して購入することです。
    全てポイントで購入する場合も、ポイントと現金を組み合わせて購入する場合でも問題ありません。
    なお、決済額100円につき1ポイント付与されるので、例えば、毎月5万円積み立てを1年間行うと、6000ポイント(5万円×12ヶ月=60万円の1%分)獲得できます。

    \楽天ポイントが貯まる!/

    投資で貯めた楽天ポイントは、楽天ブックス、楽天トラベル、楽天モバイルなど、楽天グループ各社におけるサービスの支払いに使えるほか、日用品や食品などが買える楽天市場での買い物などに利用可能です。

    楽天ポイントが使えるサービス例
    1. 楽天市場
    2. 楽天ブックス
    3. 楽天西友ネットスーパー
    4. 楽天トラベル
    5. 楽天GORA
    6. ラクマ
    7. 楽天Car
    8. 楽天ポイントカード
    9. 楽天ペイアプリ
    10. 楽天ペイ(オンライン決済)
    11. RAXY
    12. 楽天オート
    13. Vacation STAY
    14. 楽天ポイント交換グッズ
    15. 楽天TV
    16. 楽天チケット
    17. 楽天ぐるなびデリバリー
    18. NBA Rakuten公式
    19. 楽天ダウンロード
    20. Rakuten Music
    21. 楽天写真館
    22. 楽天占い(リモート鑑定)
    23. 楽天マガジン
    24. 楽天占い

    \楽天ポイントが利用できる!/

    投資信託商品が多いネット証券で取引をしたい人

    取り扱う投資信託は2668本(2021年12月時点)となっており、ネット証券屈指の取扱数を誇ります。 例えば、「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」などが有名です。
    国内、海外含め、豊富な投資対象から自分の好きな銘柄を選ぶことができるので、投資方針やリスク許容度に応じて柔軟に対応できます。

    随時取り扱う投資信託数を増やしていますので、今後益々投資できる選択肢が多くなることが期待されるでしょう。

    楽天証券における投資信託ランキング(NISA)(2021年12月時点)

    順位 投資信託名
    第1位 eMAXISSlim米国株式(S&P500)
    第2位 eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
    第3位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
    第4位 楽天レバレッジNASDAQ-100
    第5位 iFreeレバレッジNASDAQ100
    第6位 eMAXISSlim全世界株式(除く日本)
    第7位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
    第8位 eMAXISSlim先進国株式インデックス
    第9位 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型
    (為替ヘッジなし)予想分配金提示型
    第10位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

    \投資信託商品が豊富!/

    シミュレーションで確認!将来のために必要な積立金額は?

    これから新たに積立投資にチャレンジする人は、どれくらいの期間いくら積み立てを行うと資産はどのように増加するのか知っておくと良いでしょう。
    老後、結婚、教育、住宅など、ライフイベントに合わせて何かとお金が必要なものです。「●●●万円くらいは増えていそう」という漠然とした数字ではなく、一度きちんとシミュレーションすると不安がなくなります。

    積み立てをリターン(年率)5%で20年続けた場合

    例えば、積立投資を毎月5万円ずつ20年間続け、年平均5%のリターンを得られる場合を想定します。
    結果は、20年間で2000万円以上の資産を築くことが可能です。
    2000万円あれば、今後の人生で大きな出費があった場合でも、大半のことは解決できるでしょう。

    注目すべきは複利の力です。
    複利とは、一定期間ごとに利息を元本に組み入れ、その元本に対して利息が発生する仕組みです。一方、単利とは、最初の元本にのみ利息が発生する仕組みです。
    下記グラフの「投資元本と運用収益」を見ると分かる通り、20年後の資産のうち40%程度は運用益によるものです。20年という長期間運用することで複利の力が働き、利息が雪だるま式に増えていきます。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    楽天カードクレジット決済で積み立て

    楽天カードを利用してクレジット決済をすると、楽天ポイントを貯めながら積立投資ができます。

    決済額100円につき1ポイント付与されるルールで、毎月5万円の投資額が上限となっているため、最大月500ポイント(5万円×1%=500ポイント)獲得できます。年間では6000ポイント(500ポイント×12ヶ月=6000ポイント)もらえるので、楽天カードを持っている人は是非利用しましょう。

    また、貯まったポイントを利用して新たに投資信託を購入できますし、他の楽天サービスの支払いにも利用可能です。楽天ポイントは利用できるシーンが多いので重宝します。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    iDeCo

    iDeCoを使った積立投資もできます。
    iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことで、老後資産を形成することを目的に月々5000円から自分で積み立てを行い、原則60歳以降に資産を受け取る仕組みです。

    iDeCoは節税メリットが大きいのが特徴で、積み立て時には掛金が全額所得控除、運用時には運用益が非課税、受取時は一定額まで非課税となります。
    なお、毎月拠出できる掛金は職業などにより異なっているため、iDeCoを検討する際は注意して下さい。

    掛金限度額

    職業など 月額
    自営業者など
    第1号被保険者
    6万8000円
    会社員
    第2号被保険者
    会社に企業年金がない 2万3000円
    企業型確定拠出年金のみ加入 2万円
    企業型確定拠出年金と厚生年金基金、確定給付企業年金に加入 1万2000円
    厚生年金基金、確定給付企業年金に加入 1万2000円
    公務員など
    第2号被保険者
    1万2000円
    専業主婦(主夫)など 2万3000円
    第3号被保険者

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    つみたてNISA

    楽天証券はつみたてNISAにも対応しています。
    つみたてNISAとは、長期運用を前提に資産形成することを目的に作られた制度で、年間40万円の投資額を上限に、20年間にわたり非課税となる税優遇の仕組みです。

    つまり、最大20年間で800万円(40万円×20年=800万円)分の非課税投資枠があります。
    具体的には、つみたてNISAの枠内で投資して得た値上がり益や配当金が非課税になります。
    本来、通常の課税口座であれば、値上がり益や配当金に対して20.315%の税金がかかりますが、つみたてNISAで運用することでその分税金がお得です。

    なお、つみたてNISAを利用した場合でも、楽天クレジットカード決済で100円ごとに楽天ポイントを1ポイント貯められます。

    つみたてNISAで買える投資信託は159種類(2020年7月8日時点)あり、たくさんの種類の中から好きなものを選べます。つみたてNISAの対象となる投資信託は、金融庁が定めた要件を満たした長期・分散・積立に適したものに限られるので、初心者でも安心です。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    楽天証券の口座開設のやり方を紹介

    ここまで、楽天証券で株式投資することのメリットや利用をおすすめする人を紹介してきましたが、実際に新しく証券口座を開設する方法について説明していきます。
    楽天証券はネット証券のため、口座開設手続きは全てオンラインで実施できて簡単です。

    ①楽天証券のサイトから申込みページへアクセス

    最初に、公式サイトから、総合口座の申込み画面へ移動して下さい。
    最短5分で口座申込みの手続きは完了するので、気軽に行えます。
    まずは、楽天会員なのか、楽天会員ではないのかを選択しましょう。
    多くの人が楽天サービスを利用していて、楽天会員である可能性が高いので良く確認してみて下さい。

    楽天証券の評判やメリット・デメリットは?業界最安水準の手数料と便利なツールで投資を始めよう

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    ②氏名・住所などの基本情報を入力

    楽天会員でない人は、氏名、住所、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力していきます。
    ここで誤って入力してしまうと、後から修正が必要になるため慎重に行いましょう。

    楽天会員の人は楽天会員ログイン画面が出るので、IDとパスワードを入力してログインします。
    万が一、楽天会員でIDやパスワードを忘れた人は、別途再発行することができるので、楽天会員メニューから手続きを行って下さい。

    なお、必須ではありませんが、個人情報保護方針を閲覧し、内容に問題がないことを確認しておくと安心でしょう。
    「ブラウザを閉じるときオートログインを無効にする」はお好みに合わせて選択して下さい。

    楽天証券の評判やメリット・デメリットは?業界最安水準の手数料と便利なツールで投資を始めよう

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    ③各種追加サービスの有無を選択

    証券口座を開設する際、関連する様々なサービスを利用できるよう、追加サービスの有無を選択する必要があります。

    最初に納税方法の選択をします。
    「特定口座開設(源泉徴収あり)」、「特定口座(源泉徴収なし)」、「特定口座開設しない(源泉徴収なし)」の3種類から選ぶことができますが、確定申告をしたくない人は「特定口座開設(源泉徴収あり)」にしましょう。

    なお、「特定口座(源泉徴収なし)」または「特定口座開設しない(源泉徴収なし)」にすると確定申告が必要になります。

    楽天証券の評判やメリット・デメリットは?業界最安水準の手数料と便利なツールで投資を始めよう

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    続いてNISA口座の選択を行います。
    NISAとは、少額投資非課税制度のことで、一定の投資した金額から生まれた運用益に対する税金が課税されなくなるものです。

    まだNISA口座を開設していない人は、一般NISAまたはつみたてNISAのいずれかを開設しておくと良いでしょう。

    一般NISAとつみたてNISAの主な違い

    項目 一般NISA つみたてNISA
    利用対象者 国内に住む20歳以上
    (口座開設する年の1月1日時点)
    国内に住む20歳以上
    (口座開設する年の1月1日時点)
    投資対象商品 上場株式(ETF、REIT含む)
    投資信託
    投資信託
    ETF
    (長期・積立・分散投資に適したもののみ)
    投資可能期間 2023年まで
    (2024年より新NISA制度が開始予定)
    2042年まで
    非課税期間 投資した年から最長5年間 投資した年から最長20年間
    非課税投資枠 新規投資額で毎年120万円まで 新規投資額で毎年40万円まで
    購入方法 一括買付
    積立投資
    定期的かつ継続的方法による積立投資
    資産の引き出し いつでも可能 いつでも可能
    金融機関の変更 可能 可能
    楽天証券の評判やメリット・デメリットは?業界最安水準の手数料と便利なツールで投資を始めよう

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    楽天銀行の口座を開設していない人は、証券口座の開設と同時に実施がおすすめです。
    楽天銀行の口座を連携することで、マネーブリッジと呼ばれる優遇サービスを受けられます。

    マネーブリッジを行えば、楽天銀行の普通預金に優遇金利が適用され、通常の5倍程度の金利となります。例えば、マネーブリッジで楽天銀行の普通預金口座に1年間300万円を預けた場合、税引後2370円の利息がもらえます。

    他にも、自動入出金(スイープ)を行うことができ、手数料がかからずに楽天銀行との資金をスムーズに移動できるようになるのです。

    楽天証券の評判やメリット・デメリットは?業界最安水準の手数料と便利なツールで投資を始めよう

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    ④入力した内容等、間違いがないか確認

    これまで入力した申込みの内容について間違いがないかどうか確認します。
    間違いがないようであれば、重要書類への同意を行います。

    「規定等PDFを確認する」のリンク先に移動し、証券口座開設に当たっての規約を確認して下さい。細かい内容も含まれますので、一字一句読む必要はありません。

    規定の内容は下記の通りです。

    規定の内容
    1. 電子交付等に関するご説明
    2. 総合取引約款
    3. 個人情報保護方針
    4. 反社会的勢力でないことの確約に関する同意について
    楽天証券の評判やメリット・デメリットは?業界最安水準の手数料と便利なツールで投資を始めよう

    「規約等PDFを確認する」から内容の確認を行うと、右側が「閲覧済」に変わります。
    その後、「上記の規定等に同意のうえ、口座開設を申し込みます。」にチェックを入れ、
    「同意して次へ」を押して下さい。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    ⑤本人確認書類を提出

    本人確認のための書類を準備します。
    本人の氏名、住所、生年月日がはっきりと確認できるものが必要で、発行日や発行元が確認できない書類は受け付けをしてくれません。
    本人確認書類として利用できるのは、運転免許証、各種健康保険証、パスポート、住民票の写し・印鑑登録証明書、個人番号カード(表面のみ)、在留カード・特別永住者証明書、住民基本台帳カードとなっています。
    なお、通知カードは本人確認書類として使用できないので注意して下さい。

    本人確認書類が準備できたら、提出する手続きをしましょう。
    「スマートフォンから提出する」と「郵送で提出する」の2種類から選択することができますが、おすすめは簡単に素早く口座が開設できる「スマートフォンから提出する」です。
    スマートフォンから提出する場合、本人確認書類を撮影した画像をアップロードすることで簡単に提出できます。
    なお、申込手続きをする際に本人確認書類がない場合は、証券口座の申込みが完了した後に送付されるメールからアップロードすることもできます。

    「提出方法を確定し、アップロード画面へ」のボタンを押すと、本人確認書類のアップロードを行う画面へ移動します。

    楽天証券の評判やメリット・デメリットは?業界最安水準の手数料と便利なツールで投資を始めよう

    本人確認書類アップロードの画面に移動したら、書類をアップロードして下さい。

    本人確認書類の中でも、運転免許証/各種健康保険証/在留カード・特別永住者証明書については裏面も提出が必要となるので忘れないようにしましょう。「1枚目(表面)をアップロード」「2枚目(裏面)をアップロード」それぞれ別々にアップロードしていきます。

    楽天証券の評判やメリット・デメリットは?業界最安水準の手数料と便利なツールで投資を始めよう

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    ⑥ログイン情報のお知らせが届いたらマイナンバーを登録

    通常1〜3営業日かかる審査が完了したら、証券口座にログインするためのIDと初期パスワードが郵送されます。

    公式サイト内にある「ログイン」ボタンを押して、郵送されてきたIDと初期パスワードでログインして下さい。

    ログインできたら、5分程で完了する初期設定として取引時に必要となる暗証番号や勤務先などの情報を登録します。なお、初期設定はスマートフォンアプリ「iSPEED」からは実施できません。

    初期設定完了後、マイナンバーを登録する画面に移動するので、マイナンバーの登録を完了させましょう。 以上で、証券口座を開設して取引が行えるようになります。

    口座開設に関する画像:楽天証券口座開設の手順より引用

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    楽天証券の基本的な取引ルール

    楽天証券_取引ルール.
    (画像=編集部作成)
    取引時間 前場:9:00~11:30
    後場:12:30~15:00(東京証券取引所)
    12:30~15:30(東京証券取引所以外)
    PTS取引取扱時間 (デイタイム)8:00~16:00
    (ナイトタイム)17:00~23:59
    パソコン向け取引ツール MARKET SPEED II
    MARKET SPEED
    MARKET SPEED for Mac
    MARKET SPEED FX
    iPad向け取引ツール iSPEED for iPad
    スマートフォン向けアプリ iSPEED
    iSPEED FX
    iSPEED 先物OP
    オペレーター注文 対応可能
    取引所 東京証券取引所(1部、2部、ジャスダック、マザーズ)
    名古屋証券取引所(1部、2部、セントレックスの各単独上場銘柄)
    NISA 対応可能
    つみたてNISA 対応可能
    iDeCo 対応可能
    IPO 対応可能
    投資信託 対応可能
    外国株 米国株式、米国ETF、米国ADR
    中国株式、中国ETF
    アセアン株式

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    国内現物株式の取引ルール

    取引時間

    東京証券取引所の場合、9:00〜11:30と12:30〜15:00が取引時間です。
    また、名古屋証券取引所は東京証券取引所と異なり、取引時間は15:30までとなっています。
    東京証券取引所の取引時間が終わった後や、土曜日/日曜日/祝日に注文をした場合、翌営業日の注文扱いとなります。
    また、注文を受け付けている時間の中でもサービスを止めてシステムメンテナンスを行うタイミングがあるので気をつけましょう。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    約定方法

    株の売買が成立することを約定(やくじょう)と呼びます。約定はどのような仕組みで行われるのか確認しましょう。

    株価の決め方には「板寄せ方式」と「ザラバ方式」の2種類があります。「板寄せ方式」は、始値と終値を決める際に用いられ、「ザラバ方式」は注文がある都度売買を成立させていく方法です。

    ・板寄せ方式

    証券取引所においては、8:00〜9:00の間は注文の受け付けは実施していますが、売買自体は行われません。よって、買い/売り注文があらゆる価格で発生している状態になります。買い/売りが交錯した状態で取引を成立させるために「板寄せ方式」が使われます。「板寄せ方式」の場合、成行の買い/売りの注文が全部約定となることや、約定価格より高い買い注文と、約定価格より安い売り注文が全部約定することなどの条件が揃う価格で取引が成立します。

    ・ザラバ方式

    始値がついて取引がスタートし、取引終了時点の終値が決定するまでの時間をザラバと呼びます。ザラバの取引価格を決める「ザラバ方式」は、既に発注された買い注文(あるいは売り注文)の価格と、新規に発注された売り注文(あるいは買い注文)の価格が一致したタイミングで取引が成立します。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    米国株式の取引ルール

    取引時間

    米国株式の取引時間は標準時間とサマータイムにより異なり、サマータイム期間中は標準時間の期間と比べ、開始時間と終了時間が1時間前倒しとなります。
    なお、サマータイムは3月第2日曜日(米国時間)から11月第1土曜日(米国時間)までの期間です。

    標準時間:23:30〜翌6:00
    サマータイム:22:30〜翌5:00

    約定日は、楽天証券が売買注文の成立を確認した日本における営業日となります。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    注文方法

    米国株式の注文方法は、指値、成行、逆指値の3種類あります。

    ・指値

    指値注文とは、取引したい金額(買い注文では上限金額、売り注文では下限金額)を指定して注文する方法です。
    買い注文の場合、指定した金額より安い売り注文が出てきたら取引が成立します。反対に売り注文の場合、指定した金額より高い買い注文が出てきたら取引が成立となります。

    指値注文のメリットは、自分が希望する金額で取引ができるため、想定以上に高い価格で購入してしまったり、想定以上に安い価格で売却してしまったりするリスクを避けられることです。
    一方デメリットは、希望する金額で取引してくれる人がいない場合、取引が成立しない懸念があることです。

    ・成行

    成行注文とは、株を購入したり売ったりする時、金額を指定せずに注文する方法です。
    買い注文の場合、注文した時点で出ている最安値の売り注文と約定し、売り注文の場合、注文した時点で最高値の買い注文と約定します。

    成行注文のメリットは、注文を出すと即座に取引が成立するため、すぐに株を買いたい/売りたい場合に都合が良いことです。
    一方デメリットは、想定外の価格で約定することもあり、思っていたより利益が小さくなり、損失が拡大してしまうリスクがあることです。 ・逆指値

    逆指値注文とは、指値注文とは逆に、「指定した条件より価格が上がったら買い注文をする、下がったら売り注文をする」ということが自動的に行われる方法です。
    逆指値を上手く利用できれば最低限の利益の確保を可能にし、損失を最小限に抑えられるメリットがあります。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    FXの取引ルール

    取引時間

    FXは、原則24時間取引可能です。
    なお、サマータイム期間中は標準時間に比べて取引終了時間が1時間繰り上がります。
    注文受付時間について、土曜日/日曜日は指値での注文に限定されるので気を付けましょう。

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    取引可能な通貨ペア

    26通貨ペアに対応しています。

    対円通貨ペア
    1. ドル・円
    2. ユーロ・円
    3. ポンド・円
    4. オーストラリアドル・円
    5. ニュージーランドドル・円
    6. 南アフリカランド・円
    7. カナダドル・円
    8. スイスフラン・円
    9. 香港ドル・円
    10. シンガポールドル・円
    11. ノルウェークローネ・円
    12. トルコリラ・円
    13. 人民元・円
    14. メキシコペソ・円
    その他の通貨ペア
    1. ユーロ・ドル
    2. ポンド・ドル
    3. オーストラリアドル・ドル
    4. ニュージーランドドル・ドル
    5. ドル・スイスフラン
    6. ポンド・スイスフラン
    7. ユーロ・ポンド
    8. ユーロ・スイスフラン
    9. オーストラリアドル・スイスフラン
    10. ニュージーランドドル・スイスフラン
    11. オーストラリアドル・ニュージーランドドル
    12. ドル・カナダドル

     楽天FXサービス概要 取引通貨ペア

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    信用取引の取引ルール

    取引時間

    基本的には、国内現物株式の取引時間と変わらず、東京証券取引所の場合、9:00〜11:30と12:30〜15:00が取引時間です。
    また、名古屋証券取引所は東京証券取引所と異なり、取引時間は15:30までとなっています。

    ただし、一部信用取引独自のルールが下記の通り追加されます。

    追加された信用取引独自のルール
    1. PTS(取引所金融商品市場外取引)信用取引の注文受付時間は取引時間中に限られる
    2. 一般信用取引の翌営業日注文の受付開始時間
        買建注文:17:15〜
        売建注文:19:00〜
    3. 現引・現渡注文は7:30〜15:30の間にすぐに約定となるため、注文後の取り消しができない

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    委託保証金

    委託保証金とは、信用取引などを行う際に証券会社に差し入れる担保のことです。
    原則、取引が成立した日から数えて3営業日目の12:00までに差し入れを行う必要があります。

    委託保証金は約定した金額の30%以上※と決められており、現金で差し入れることもできますが、株式や債券など一定の有価証券でも代用可能です(代用有価証券)。
    しかし、代用有価証券は日々価値の変動があるため、時価に定められた掛け目を使って算出された金額が評価額となります。

    債券とは?

    国や地方公共団体、企業などが投資家からの資金調達のために発行する有価証券です。債権には満期が定められており、利息日に利息が払われ、満期になる償還日に額面金額が払い戻される。

    ※委託保証金率が30%以上ある場合でも、保証金は最低30万円ないと信用取引は行えません

    \使い勝手がよく初心者にもおすすめ!/

    楽天証券に関するよくある質問

    ここまで、楽天証券の特徴、利用するメリット/デメリット、口座開設方法などを解説してきました。
    続いて、投資初心者が疑問に思う点や、よくある質問を集めましたので確認していきましょう。

    Q:楽天証券はどんな人におすすめ?

    おすすめできるのは次のような人です。

    ・投資初心者

    ネット証券業界大手で知名度が高いほか、口座開設数も業界最多水準なので安心して取引できます。
    ネット証券なのでオンラインで口座開設も簡単にできる点も魅力です。投資初心者の場合、専門用語が出てきたりして開設方法を理解できないことも多いですが、電話やチャットなどサポートが充実しているので問題ありません。

    ・手数料をできるだけ抑えたい人

    手数料が業界最安水準のため、手数料をできるだけ抑えたい人におすすめです。
    取引の都度手数料がかかる「超割コース」であれば、業界最低水準の取引手数料であることに加え、取引手数料の1%〜2%分を楽天ポイントでもらえます。

    現物取引の場合、約定代金が5万円までであれば取引手数料は55円必要で、信用取引の場合、約定代金が10万円までであれば取引手数料は99円となっています。

    少ない金額を高頻度で売買する人向けの「いちにち定額コース」では、1日の取引金額が100万円までであれば手数料が無料になります。また、一日のうちに何度も取引を行うデイトレードをする場合、日計り取引の片道手数料が0円になり、よりお得に利用できます。

    ・楽天ポイントを使用している・貯めている人

    楽天ポイントを利用して投資信託などの購入ができます。
    投資初心者は、始めから自分のお金で投資するのはハードルが高いこともあるため、ポイントで買えるのは便利です。

    最初はポイントを使って投資を始め、少しずつ金額が大きくなって慣れてきてから現金を使った投資にも挑戦していくと良いでしょう。
    なお、ポイント投資の対象になるのは、投資信託、国内株式(現物)、バイナリーオプションの3種類です。

    ・投資信託商品が多いネット証券で取引をしたい人

    投資信託は2668本(2021年12月時点)となっており、ネット証券屈指の取扱数を誇ります。例えば、「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」などが有名です。

    Q:楽天証券のメリット・デメリットは?

    メリットとして、手数料が業界最安水準であることが挙げられます。

    ポイントを貯めながら株式投資できる「超割コース」であれば、業界最低水準の取引手数料であることに加え、取引手数料の1%〜2%分を楽天ポイントでもらえるので、コストが気になる人でも満足できます。

    また、アプリ・ツールが使いやすいメリットもあります。
    顧客が快適に株の注文を行うことができるように、株式投資に役立つ情報の提供をアプリやツールを通じて行っています。

    MARKET SPEED IIは、パソコンで利用できる情報分析ツールで、便利な機能として「個別銘柄」機能があり、取引に必要な情報を一つの画面で閲覧できます。

    一方、IPO投資には向いていないというデメリットがあります。
    他の主要ネット証券(SBI証券、マネックス証券)と比べた場合、IPO取り扱い数は多いとはいえません。しかし、年々取り扱い件数は増加してきているため、今後は他社と肩を並べてくることにも期待できます。

    Q:楽天ポイントはどのようにして貯まる?

    投資信託の積み立てを楽天カードのクレジット決済で行うと楽天ポイントを貯められ、投資信託の残高に応じても貯められます。

    その他、ご家族・お友達紹介プログラム、ハッピープログラム、超割コースを利用した株式取引などでもポイントを獲得できます。

    Q:楽天証券のポイント投資とは?

    ポイント投資とは、楽天が展開する各種商品・サービスを利用して貯めたポイントを使って、投資を行うものです。
    ポイント投資の対象は、投資信託、国内株式(現物)、バイナリーオプションの3種類となっています。
    ポイント投資であれば現金を利用せずに気軽に投資できるため、投資初心者にもおすすめです。

    Q:楽天証券の「つみたてNISA」とは?

    つみたてNISAとは、長期運用を前提に資産形成することを目的に作られた制度で、年間40万円の投資額を上限に、20年間にわたり非課税となる税優遇の仕組みです。

    なお、つみたてNISAを利用した場合でも、楽天クレジットカード決済で100円ごとに楽天ポイントを1ポイント貯められます。
    楽天証券のつみたてNISAで買える投資信託は159種類(2020年7月8日時点)あり、たくさんの種類の中から好きなものを選べます。
    つみたてNISAの対象となる投資信託は、金融庁が定めた要件を満たした長期・分散・積立に適したものに限られるので、初心者でも安心です。

    Q:証券のつみたてNISAはいくらから積み立てできる?

    つみたてNISAは、100円から1円単位で積み立てを行えます。
    少額から気軽に投資できるところがおすすめです。

    Q:楽天証券のつみたてNISAで楽天ポイントは使える?

    つみたてNISAで楽天ポイントを使えます。
    投資信託の購入代金の全てにポイントで払うこともできますし、一部のみポイントで払うことも可能です。

    Q:取り扱いの金融商品は何があるの?

    国内から海外まで幅広く商品を取り扱っています。

    楽天証券の取扱商品例

    国内株式
    1. 現物取引
    2. 信用取引
    3. REIT
    4. 国内ETF・ETN
    5. 新規公開株式(IPO)、公募・売出株式(PO)
    6. 立会外分売
    7. 貸株サービス
    外国株式・海外ETF
    1. 米国株式
    2. 中国株式
    3. 海外ETF
    4. アセアン株式
    投資信託
    1. 投資信託
    2. 外貨建MMF
    債券
    1. 国内債券
    2. 外国債券

    Q:どんな取引ツール・アプリがある?

    提供しているツールは、パソコン向けの高機能トレーディングツール、スマートフォン用アプリ、タブレット用アプリなど、用途に応じて様々なツールが用意されています。

    ・MARKET SPEED II

    MARKET SPEED IIは、国内株式、国内商品先物取引、国内先物・オプション取引などに対応したパソコン向けのツールです。

    個別銘柄の詳細情報を1画面で確認できるのが特徴で、注文ができるのはもちろん、投資に関する情報や保有株式の状況も一つの画面内で見られます。

    チャート、株価、株主優待、業績など投資判断をする際に不可欠な情報を一度で確認できるほか、注文する際はすぐに注文画面へ移動可能なため、情報収集、保有株式の管理、注文まで幅広く対応してくれます。

    ・MARKET SPEED

    MARKET SPEEDは、国内株式取引、米国株式取引、海外先物取引などに対応したパソコン向けのツールです。
    豊富な投資情報や、利便性の高い発注機能を搭載しており、初心者から上級者まで幅広く投資家のサポートをしてくれます。

    銘柄の値段をワンクリックするだけで株式の新規注文や返済注文を行えるエクスプレス注文機能を使うと、呼値の単位が縮小された場合など、売買が活発になった銘柄でもチャンスを逃すことなく取引できます。
    なお、Macユーザ向けにMARKET SPEED for Macも提供しています。

    ・MARKET SPEED FX

    MARKET SPEED FXは、グッドデザイン賞を受賞したFX専用のトレーディングツールです。
    およそ40種類のテクニカル分析指標とバリエーション豊かな描画系機能を搭載したチャート画面、各種情報の表示順、レイアウトまでカスタマイズできる高い性能をもっています。

    ・iSPEED

    iSPEEDは、iphoneやAndroidなどのスマートフォンで利用できるモバイル用のトレーディングツールです。
    モバイルであることを感じさせない高性能なツールとして、2010年にサービスを開始して以来、多くの投資家に利用されています。
    なお、iSPEEDは、スマートフォン用アプリのほか、iSPEED for iPad、iSPEED FX、iSPEED 先物OPなども提供しており、それぞれの用途に合わせて使い分けられます。

    Q:取引可能な時間帯は?

    東京証券取引所における国内株式の取引時間は、9:00〜11:30および12:30〜15:00となっています。

    Q:デモ口座はある?

    無料でFXの取引が体験できる「楽天FXデモ取引」があります。
    ニックネームとメールアドレスで手軽に申し込むことができ、実際の取引環境でFXを体験できるのが魅力です。
    デモ口座には、最初500万円の残高が入っており、500万円を元手に取引を重ねて資金を増やすことに挑戦します。また、デモ口座の資金がなくなったら、自分でデモ口座をリセットして口座残高や取引を初期化できます。

    デモ取引が実際の取引と異なるルールは、追加証拠金が発生しないことで、他は実際の取引と同様です。
    また、デモ取引では一部機能制限があり、入出金・振替機能、帳票閲覧機能は使えません。他にも、実際の取引では様々なニュースの詳細を見られますが、デモ口座では見られないので注意して下さい。

    まとめ

    今回は楽天証券についての評判、メリット/デメリット、利用をおすすめできる人などについて解説してきました。

    手数料が業界最安水準である、取り扱う投資信託の種類が豊富、楽天ポイントを利用して投資ができる、ツールが使いやすいといったメリットがあります。

    反対に、IPOの取り扱いが少ないことや外国株の手数料が高いといったデメリットもあります。 メリットとデメリットを比較し、自分に合った証券会社なのかどうか検討してみて下さい。

    なお、楽天証券の利用をおすすめできるのは、これから投資を始めようとしている初心者、手数料をできるだけ抑えたい人、楽天ポイントを普段から使用していてさらにポイントを貯めたい人などです。

    これから投資をしたい人や投資にあまり慣れていない人は、楽天証券であれば簡単に証券口座を開設でき、手数料を抑えながら投資をスタートできるので利用を検討してみて下さい。