ミニ株(単元未満株)の取引でおすすめの証券会社と銘柄10選
(画像=編集部作成)

株式投資と聞くと、投資家が大金を株式へ投資をして運用しているイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。実際、株式投資には少額からでもチャレンジができる、ミニ株や単元未満株という投資方法があります。

  • 株式投資に興味があるけれど、何からしたら良いのかわからない
  • 投資資金を抑えて、株式投資にチャレンジしたい
  • ミニ株が気になるけど、どのようなシステムになっているのだろうか?

などと、お悩みではありませんか。

本記事では、ミニ株や単元未満株が購入できる証券会社の特徴やポイントサービス、おすすめの銘柄などを紹介していきます。ご自身の投資方法や目的に合わせて、証券会社を選んでみましょう。

目次

  1. ミニ株(単元未満株)投資をしたい人のMY BEST CHOICE
  2. ミニ株(単元未満株)と通常株式投資の違いとは
  3. ミニ株・単元未満株のメリット
  4. ミニ株・単元未満株のデメリット
  5. ミニ株投資の始め方
  6. ミニ株(単元未満株)はNISA口座での購入をおすすめ
  7. ミニ株(単元未満株)は投資初心者にもおすすめ
  8. ミニ株や単元未満株投資が可能なネット証券会社10選
  9. ミニ株(単元未満株)の銘柄の探し方
  10. ミニ株(単元未満株)のおすすめ銘柄10選
  11. 目的と資金を決めてミニ株(単元未満株)投資を
  12. ミニ株(単元未満株)に関するQ&A

ミニ株(単元未満株)投資をしたい人のMY BEST CHOICE

編集部が選ぶMY BEST CHOICEは、LINE証券です。

普段使用しているLINEアプリからLINE証券アプリへ直接ログインができるため、新たにアプリをインストールしなくても株式投資ができます。またLINE証券では、日中や夜間もお手軽に株の取引が可能です。

また、1株数百円から始めることができるいちかぶ(単元未満株)は、手数料も安価で取り組みやすいと言えるでしょう。さらにLINE証券は、さまざまなキャンペーンをしているのもおすすめするポイントのひとつです。

LINE証券で実施中のキャンペーン
  • 初株キャンペーン

    口座開設してクイズに正解すると最大3,000円相当の株がタダで買える!
    翌月末までに1万円以上の株取引で1,000円プレゼント!

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株投資におすすめの証券会社比較表

証券会社 最低取引金額 取引手数料 取扱銘柄数 リンク
LINE証券 100円 スプレッド方式
0.2%~0.5%
1,500銘柄以上
paypay証券 1000円 国内:0.5%~1.0%
海外:0.5%~0.7%
168
SBIネオモバイル証券 10円以下 220円~ 東証上場銘柄
SBI証券 数千円 約定代金の0.55%
最低55円~
東証上場銘柄
auカブコム証券 数千円 約定代金の0.55%
最低52円~
東証上場銘柄
証券会社 最低
取引金額
取引
手数料
取扱
銘柄数
LINE証券 100円 スプレッド方式
0.2%~0.5%
1,500銘柄以上
paypay証券 1000円 国内:0.5%~1.0%
海外:0.5%~0.7%
168
SBIネオモバイル証券 10円以下 220円~ 東証上場銘柄
auカブコム証券 数千円 約定代金の0.55%
最低55円~
東証上場銘柄
SBI証券 数千円 約定代金の0.55%
最低52円~
東証上場銘柄

ミニ株(単元未満株)と通常株式投資の違いとは

ミニ株(単元未満株)と通常株式投資の違いとは?

通常の株式投資では「1単元」という単位で取引されており、1倍・2倍といった整数倍で売買されています。また、株式投資の取引は基本的に「1単元=100株」とされているため、100株単位の取引となります。

例えば、大手通信業界のソフトバンクの株価は、2021年12月時点で約1500円です。ゆえに、ソフトバンクの株を購入するには最低でも、15万円(1500円×100株:1単元)が必要となります。

しかし1単元単位の売買のみでは、資金を用意ができる一部の投資家しか参入できません。そこで一部の証券会社では、少額からでも株などの取引ができるように、「株式ミニ投資」(以下ミニ株)や「単元未満株式投資」(以下単元未満株)などのサービスを提供しています。

ミニ株とは10株単位からの売買が可能な制度です。また単元未満株式投資とは、1株から売買が可能となる制度のことです。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株・単元未満株のメリット

ミニ株・単元未満株のメリット

ミニ株や単元未満株には、下記のようなメリットがあります。

ミニ株や単元未満株のメリット
  1. 少額からの取引が可能
  2. 銘柄数の調整ができる
  3. 銘柄やタイミングを分散して投資が可能
  4. 配当金を受け取れる
  5. スマホで簡単に取引できる

少額で気軽に投資ができる

「株式投資は多くの資金が必要」と考えがちですが、ミニ株や単元未満株は通常の株式投資とは異なり、少額から売買が可能です。また有名企業の銘柄でも、たくさんの資金を用意しなくても投資できるのが、メリットのひとつです。

\100円から投資ができる!/

銘柄の数量のコントロールができる

通常の株式取引は1単元(100株)単位です。さきほどの例で表したソフトバンクの株価の場合、数量を増やすとなると1単元だと15万円、2単元だと30万円となり必要な金額も大幅に膨らみます。ゆえに通常の株式投資の場合、細かい数量のコントロールが難しいと言えるでしょう。

一方、ミニ株は10株、単元未満株は1株から購入ができます。そのため、手持ちの資金に合わせて、数量の調整がしやすいでしょう。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

銘柄やタイミングを分散して投資できる

ミニ株や単元未満株は、さまざまな銘柄を少しずつ購入する分散投資が可能です。分散投資のメリットとして、投資している銘柄の1つの株価が下落した場合でも、他の銘柄が上昇しているなら相殺ができ、リスクが分散できます。

また一度に1つの銘柄を購入するのではなく、株価を見つつ購入時間を分ける「時間の分散」をすると、価格変動のリスクの平準化にもつながるでしょう。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株・単元未満株でも配当金が分配される

株式投資では、権利付最終日に株式を保有していると配当金が分配されます。またミニ株や単元未満株も、保有している株の数に応じて配当金が分配されます。

ちなみに、権利付最終日とは、株主が投資した銘柄を保有すると株主権利が得られる最終売買日を指します。

ただし、株主優待と決議権に関しては1単元(100株)以上の保有がないと、その権利がない場合がほとんどなので、留意してください。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

スマホで簡単に取引ができるアプリ対応の証券会社も

近年では、スマホでミニ株や単元未満株の取引ができる証券会社が増えています。外出時でも手軽に取引ができたり、株価をチェックしたりできるのも便利です。

証券会社によって、アプリの性能も異なります。また初心者の場合、LINE証券のようなスマホ取引に特化した表示画面はシンプルで確認しやすいのではないでしょうか。

以下が各証券会社が設けているスマホアプリの一覧です。

LINE証券 『LINE公式アプリ』
PayPay証券 『PayPay証券 1,000円で大企業の株主に』
ネオモバ 『ネオモバ株アプリ』
SBI証券 『SBI証券 株 アプリ』
auカブコム証券 『kabu.com for iPhone/Android/au』

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株・単元未満株のデメリット

ミニ株・単元未満株のデメリット

ミニ株や単元未満株の取引では、少額から取引ができるメリットがあります。一方、通常の株式投資と比べ、下記のようなデメリットもあるので確認しておきましょう。

ミニ株や単元未満株のデメリット
  1. 通常の株式投資より手数料が割高になる
  2. 注文約定タイミングの回数が決まっている
  3. 取引銘柄が限定されている
  4. 株主優待は基本的にもらえない

ミニ株(単元未満株)の手数料は割高

ミニ株や単元未満株の手数料は、通常の株式投資と比較すると割高です。例えばSBI証券の場合、単元未満株の購入手数料は実質無料ですが、売却手数料は約定金額の0.55%(最低手数料55円:税込)となります。

一方、SBI証券の通常の国内株式の手数料は、スタンダードプランで約定金額が5万円まで手数料が55円(1.1%)です。

取引手数料を抑える方法としては、株価が安価な銘柄のものは1単元(100株)で購入し、高価な銘柄はミニ株や単元未満株で注文するなど、使い分ける方法もあります。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株(単元未満株)注文約定タイミングが決まっている

証券会社の少額投資では、1日にできる注文回数が決まっています。

SBI証券のS株(単元未満株)の約定スケジュールになります。ちなみに、約定(やくじょう)とは、売買が成立することです。注文を入れるには24時間関係なくできますが、約定するのは9時・12時30分・15時の3回と決まっています。

そのため、「株価が高くなったから売りたい」や「株価が下がり安くなったので買いたい」といった場合、タイムリーに注文ができないのです。

なお、注文の約定スケジュールは証券会社により異なります。また、平日しか取引できないケースだと会社員や学生さんには大きなデメリットとなるでしょう。

しかし、LINE証券では、17時~21時まで取引可能です。平日の日中に取引が難しい方はLINE証券で株の取引を始めるのも良いでしょう。

注文 約定
LINE証券 9:00~11:20、11:30~12:20、12:30~14:50、17:00~21:00 受注されたのち即時
PayPay証券 国内:9:00~15:00
海外:24時間
受注されたのち即時
ネオモバ ①0:00~7:00、②7:00~10:30、③10:30~13:30、④13:30~24:00 ①当日前場始値、②当日後場始値、③当日後場終値、④翌営業日前場始値
SBI証券 24時間 9:00、12:30、15:00
auカブコム証券 24時間 前日の10:01~前日の23:00:前場の始値
前日の23:01~当日の10:00:後場の始値

\最大3,000円相当プレゼント中!/

対象銘柄が限定されている

通常の株式投資に比べ、ミニ株や単元未満株の銘柄は限定されています。また、証券会社によって取引できる銘柄の種類は異なります。とはいえこのような少額投資を取扱っている銘柄は、数百から数千の銘柄が対象となっているため。それほど困ることはありません。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

基本的に株主優待は受けられない

基本的に株主優待は受けられない場合が多いです。多くの銘柄は1単元(100株)単位以上保有している場合、株主優待の対象です。

ただし、例外として株の保有数に関わらず、保有している全ての株主へ優待がある銘柄もあります。そのため、銘柄を選ぶ際には株主優待の内容をチェックしましょう。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株投資の始め方

ミニ株投資の始め方

ミニ株を始めるにあたり、3つのステップを踏んで確認していきましょう。

ミニ株を始めるステップ
  1. 各証券会社でミニ株(単元未満株)のサービスがあるのか、名称は何なのか。
  2. 取引したい証券会社の口座を開設する
  3. 単元未満株を取引画面から購入する

1|各証券会社のミニ株の名称や有無・名称を確認する

ミニ株や単元未満株のサービスは、証券会社によって名称が異なる場合があります。

証券会社ごとの名称
  1. マネックス証券「ワン株」
  2. SBI証券「S株」
  3. LINE証券「いちかぶ」

などが挙げられます。またミニ株は名称だけではなくサービス内容や手数料も異なります。そのため、それぞれの内容を把握した上で、証券会社を選んでいきましょう。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

2|証券会社の取引口座の開設

ミニ株や単元未満株の取引をするには、取引口座を証券会社で開設する必要があります。インターネットでの取引を主流としている「ネット証券会社」は、実店舗がないため運営コストの軽減となり、各種手数料が割安に設定されています。

またネット証券は、インターネットを通じて株式の情報を取得したり、売買したりすることも可能です。取引口座の開設では、本人確認書類を提出すると簡単に取引口座の開設ができるでしょう。取引をしたい証券会社で、口座を開設してください。

\手数料が安い!/

3|単元未満株の取引画面から株を購入する

ミニ株や単元未満株の取引方法は証券会社により異なりますが、通常の購入画面とは別の単元未満株の専用取引画面から購入します。

例としてSBI証券の場合、取引タブ→国内株式→単元未満株を選択すると、単元未満株の購入画面が表示されます。購入画面が表示されたら、銘柄を選び購入しましょう。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株(単元未満株)はNISA口座での購入をおすすめ

にさ_おすすめ
(画像=編集部作成)

ミニ株の取引には、少額投資非課税制度のNISAの利用がおすすめです。通常株式や投資信託で得た利益や配当に対して、通常の口座の場合20.315%の税金が課せられます。

一方NISA口座では、最長5年間に株式投資や投資信託で得られた利益や配当に対して非課税になる制度です。ただし、一般NISAの1年間の非課税額は120万円までの投資額に対する利益や配当が対象です。

それでは、通常の証券口座とNISA口座の違いについて見ていきます。例として、単元未満株で3万円ずつ40銘柄へ投資して、合計30万円の利益があったケースとしましょう。

通常の証券口座での取引だと、30万円×20.315%となり、6万945円の税金が課せられます。一方、NISAでは120万円までの投資で得た利益については非課税となるため、30万円の利益があっても税金は課せられません。

また、通常1単元(100株)でNISAの非課税の上限120万円以上の銘柄でも、ミニ株や単元未満株なら120万円の投資枠に収めるように調整ができます。

そのためミニ株や単元未満株を運用するには、NISA口座をお得に活用することをおすすめします。

NISAというのは、非課税で投資ができる特別な口座です。非課税期間が5年のNISAと20年のつみたてNISAがあります。いずれのNISAも口座は1年毎に切り替わっていきます。例えば2022年開設の口座にお金を入れられる期間は1年限りで、翌年には新しい口座が自動的に開設されます。

引用:Yahoo!ニュース|「NISA」と「つみたてNISA」どちらを始めるべきか?それぞれの特徴と適した投資法

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株(単元未満株)は投資初心者にもおすすめ

ミニ株(単元未満株)は投資初心者にもおすすめ

デメリットがあるとはいえ、有名企業の銘柄も一般的な株式投資と比較して少額から購入できるので投資初心者には嬉しいサービスと言えます。

ミニ株や単元未満株を利用してさまざまな銘柄を購入したり、また株式投資に慣れてきたら、株主優待や議決権が発生する1単元(100株)での取引に挑戦したり、資産運用を拡大してみてはいかがでしょうか。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株や単元未満株投資が可能なネット証券会社10選

それでは、ミニ株や単元未満株ができる証券会社を10社紹介していきます。証券会社により、内容や手数料などは異なります。それぞれの特徴を踏まえ、どの証券会社にするのかを決めていきましょう。

1|LINE証券

証券会社名 LINE証券
ミニ株や単元未満株の名称 いちかぶ
最小取引単位 1株
最小取引金額 数百円
取扱銘柄数 1500以上
※引用元:LINE証券公式サイト

\最大3,000円相当プレゼント中!/

LINE証券は、通常のLINEアカウントから直接ログインが可能です。そのため、別途アプリをインストールは不要となります。

普段、使い慣れているLINEアプリからLINE証券へアクセスできるのは、LINE証券ならではの魅力とも言えます。また、アプリ上から口座開設・入出金・取引・問い合わせなどの全てのサービスが利用できて便利です。

LINE証券の現物取引の買付手数料は無料で利用ができるため、取引コストを抑えることが可能です。また投資信託では、プロが厳選した32銘柄に投資ができます。さらに100円から投資ができ、全銘柄購入手数料が無料です。

LINE証券の口コミ

LINE証券の良い口コミ

30代 男性

★★★★

元々少額取引を前提として開かれた証券会社ですので、国内株式の購入できる種類は充実しています。 LINEポイントを利用して購入することも可能です。 スプレッドだけが手数料面で気になるだけですので、初心者にも手軽に手を出しやすいといった麺も強みです。 全体的に少額取引には特化している内容ですから、少額取引を利用するならココといったレベルで充実しています。

40代 女性

★★★★

「いちかぶ」という1株から取引できるサービスがゲーム感覚で株取引が練習でき楽しいです。いきなり何万円何十万円という取引はちょっと…と思っていたので、いちかぶで数百円の取引ができるのは良かったです。どんな風に株価が上がり下がりしたりするのか、そういう勉強をするにも最適。少額でもお金が実際に増えたり減ったりするのでわかりやすいです。そして、たとえ少額でも配当金がもらえることにも驚きました。株数や金額が少ないというだけで、株取引の流れは変わらないので練習することができました。楽しいのでおすすめです。

LINE証券の悪い口コミ

30代 男性

★★

ただし、元々が少額投資向けの証券でしたので、大きな金額を動かしたいといった本格的な運用にはあまり向いていません。 投資商品にも制限がありますし、色々な金融商品を投入して、バランスのとれたポートフォリオを作るといったことは、この会社だけでは難しいです。 あくまで少額取引を行って、試しに株取引をしたい人とかにオススメできるところです。 それ以外でやるなら、他を選びましょう。

LINE証券のメリット・デメリット

メリット

  • 単元未満株の時間外取引も可能
  • 少額投資がしやすい
  • LINEポイントをお金として使える

デメリット

  • 他社より取扱商品が少ない
  • チャートなどの情報量が少ない
  • パソコンで取引する人には不向き

LINE証券のポイントサービス

LINE証券では「LINE Pay」と「LINEポイント」に対応しています。LINE Payで入出金が簡単に使え、手数料は無料です。また、1ポイント=1円単位で入金ができ、LINE証券の「つみたて投資」にLINEポイントの使用ができます。

ちなみに、LINE投資のつみたて投資は、毎月1000円から自動で投資できるサービスです。またLINE Payで引落設定ができ、たまっていたLINEポイントを使用して投資もできます。

LINE証券で実施中のキャンペーン

・初株キャンペーン

口座開設してクイズに正解すると最大3,000円相当の株がタダで買えます!さらに翌月末までに1万円以上の株取引で1,000円プレゼントされます!

Q.【100株単位】単元未満株と単元株を保有している場合、まとめて売却することはできますか?
A.いちかぶ(単元未満株)では、単元未満株と単元株をまとめて売却することが可能です。取引所取引では、単元株のみ売却できます。
引用|LINE証券|いちかぶヘルプ

\最大3,000円相当プレゼント中!/

LINE証券の口座開設申し込み手順

LINE証券_タイアップ

まずは、LINE証券公式サイトにて、申し込みを開始します。上記画像のように、ZUUonlieとのタイアップ企画で、購入代金4,000円プレゼントなどもやってたりしますので、お得に始めましょう!

LINE証券_アカウントでログイン

はじめにLINEアカウントでログインします。

LINE証券_必要事項1

ログインができましたら、本人情報入力へうつります。ここでは、名前や生年月日、住所などを記載します。電話番号を記載後、認証のための一時的な6桁のパスワードがSMSで送られてきますので、これを入力します。

LINE証券_本人情

次のページでは、確認事項の確認になります。年齢や国籍などをが聞かれますので、チェックを入れましょう。

LINE証券_マイナンバーカード

続いて、マイナンバーカードの撮影になります。マイナンバーの裏表を撮影し、アップロードします。(マイナンバー通知カードでも可)

LINE証券_写真

次は自分の顔写真の撮影になります。様々な指示が出ますので、しっかりと顔が映るように撮影をしましょう。

LINE証券_受け付けました

これにて口座申し込みは一旦完了です。画像のように「口座開設のお申し込みを受け付けました」と書かれた画面が出ていればOKです。

審査完了までは2営業日ほどかかります。

2| PayPay証券

証券会社名 PayPay証券
ミニ株や単元未満株の名称 金額単位での取引方法
最小取引単位 1000円~
最小取引金額 1000円
取扱銘柄数 168
※引用元:PayPay証券公式サイト

\スマホアプリの取引が充実!/

PayPay証券は、スマホアプリに特化しています。パソコンのブラウザやツールは提供しておらず、スマホアプリでの取引が充実している証券会社です。スマホアプリに特化しているだけあり、初心者でも使いやすい仕様となっています。

PayPay証券では、株数や単元数単位ではなく、1000円から購入が可能です。さらに、日本株だけでなく米国株も1000円から注文できます。

しかし、PayPay証券の取扱い銘柄は他社と比べて、少な目になっています。とはいえPayPay証券で厳選された銘柄なので、逆に初心者の場合どの銘柄にしたら良いのかわからないときなどには、それほど迷わず銘柄を選べる利便性があるでしょう。

PayPay証券の口コミ

PayPay証券の良い口コミ

40代 男性

★★★★

少額投資を初めてやるなら私が見た中ではアプリが1番使いやすく感じました。以前は取り扱っている銘柄も少なく不満に思うこともありましたが徐々に増えてきているので今は以前ほどの不満はありませんが可能であれば市場の全銘柄を取り扱うことができれば星5つです。 よく手数料比べろと言われますが、本当は他の証券の方が安いのかもしれませんがアプリの使いやすさを優先して今のままやっていっても特段不満はありません。

PayPay証券の悪い口コミ

30代 男性

★★

少額取引は、ここの証券会社の本分であるので、得意分野ではあります。 米国株やETFもあれば、国内株式で扱っている種類も豊富ですので、選ぶ分には苦労しないと思います。 ただし、手数料の件等も考えると、ちょっと他の似たような証券会社とは見劣りする面もあるので、そのあたりは使い方を考えながらやっていかないと厳しいです。

PayPay証券のポイントサービス

PayPay証券では、持っているPayPayボーナスを使って運用ができます。「チャレンジコース:短期運用向け」と「スタンダードコース:長期運用向け」の2種類から選べます。

どちらのPayPayボーナス運用も、米国の500社の銘柄を取り扱っているETF(上場投資信託)が対象です。ちなみにEFTとは、株のようにいつでも売買ができ、複数の企業に分散投資ができます。

PayPay証券で実施中のキャンペーン

キャンペーン準備中

\スマホアプリの取引が充実!/

oricon ME(東京都港区)が、スマホ専業証券についての満足度調査を実施した。その結果、スマホ専業証券総合ランキングの1位は「PayPay証券」(71.3点)、2位は「ネオモバ」(70.3点)、3位は「LINE証券」(68.9点)だった。

引用:Yahoo!ニュース|「満足度の高いスマホ専業証券」ランキング 1位「PayPay証券」、上位3社は?

3|SBIネオモバイル証券(ネオモバ)

証券会社名 SBIネオモバイル証券
ミニ株や単元未満株の名称 S株(単元未満株)
最小取引単位 1株
最小取引金額 10円以下
取扱銘柄数 東証上場銘柄
※引用元:SBIネオモバイル証券公式サイト

\Tポイントでも投資が可能!/

SBIネオモバイル証券(以下ネオモバ)は、取引手数料がない代わりに月額で利用料金が必要です。ただし、毎月ネオモバ限定Tポイントが200ポイント付与されるため、合計で50万円までの約定代金の場合は、ほぼ実質無料となります。※消費税20円の負担はあります。

各約定代金合計の範囲内であれば、それぞれに定められたサービス利用料で取引できるのでお得です。とくに初心者のうちは、利用料が変わらないのであれば何度も売買して、投資先を模索しながら慣れていくのも良いでしょう。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のポイントサービス

また、ネオモバではTポイントでも投資が可能です。Tポイント1ポイントが1円として購入資金に充てられます。

またポイントで運用をする場合、口座開設せず現金の利用もしなくてもお持ちのTポイントのみで、「ひとかぶIPO」などの投資体験も可能です。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)で実施中のキャンペーン

キャンペーン準備中

Q.S株(単元未満株)を合わせて単元株にすることはできますか?
A.当社で保有されているS株(単元未満株)と他社で保有されているS株(単元未満株)を合算することは可能です。また、合算して単元株以上となれば、単元株としてお取引が可能です。
引用|S株(単元未満株)を合わせて単元株にすることはできますか?|SBIネオモバイル証券

\Tポイントでも投資が可能!/

4|SBI証券

証券会社名 SBI証券
ミニ株や単元未満株の名称 S株(単元未満株)
最小取引単位 1株
最小取引金額 数千円
取扱銘柄数 東証上場銘柄
※引用元:SBI証券公式サイト

\Tポイントでも投資が可能!/

国内大手のネット証券のひとつであるSBI証券は、東証一部上場のSBIホールディングスの傘下にある証券会社です。また、SBI証券は国内株式個人シェアのトップを誇ります。

初めての株式投資には、大手企業の実績あるSBI証券を選ぶことで安心して利用できるでしょう。また、SBI証券ではNISA口座で利用が可能なのも、うれしいポイントのひとつです。

SBI証券では、金融商品も豊富なラインナップがあります。

SBI証券の金融商品ラインナップ
  1. 国内株式投資
  2. 単元未満株(S株)
  3. 外国株投資(米国・中国・韓国他)
  4. 投資信託
  5. NISA
  6. iDeCo
  7. IPO投資

SBI証券では、幅広いジャンルの金融商品を取り扱っています。そのため、SBI証券の口座を持っていると単元未満株から通常の株式投資へ移行したり、併用して投資信託へ投資したりすることも可能です。

また前述のとおり、SBI証券ではNISA枠の利用ができます。ただし、NISAの非課税制度は年間120万円までしか利用できません。単元未満株の利用の場合だと1株単位が低いため、上限内に収まりやすいなどのメリットもあります。

一方、NISA枠で国内株式や海外ETFなどの手数料は無料ですが、単元未満株の場合は手数料が必要となります。そのため、NISA枠を活用しながら手数料を考慮しつつ売買をすると良いでしょう。

SBI証券のメリット・デメリット

メリット

  • IPO取扱数が他社よりも多い
  • PTS取引に対応している
  • 海外株式の取り扱いできる種類が豊富

デメリット

  • スマホのアプリが分かれている
  • デモ取引ができない
  • PCサイトがわかりにくいという声も

SBI証券のポイントサービス

国内株式の購入や投資信託の保有などで、TポイントもしくはPontaポイントが貯まります。また、貯まったポイントは1ポイント=1円として投資信託の買付にも利用が可能です。さらに、新規で口座開設すると100ポイントが付与されます。

SBI証券で実施中のキャンペーン

キャンペーン準備中

MAXISの銘柄名
  1. MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)
  2. MAXIS 米国株式HuaAn中国株式(上海180A株)上場投信(2530)
  3. MAXIS 米国株式(S&P500)上場投信(2558)
  4. MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信(2559)
  5. MAXIS 米国株式(S&P500)上場投信(為替ヘッジあり)(2630)
  6. MAXIS ナスダック100上場投信(2631)
  7. MAXIS ナスダック100上場投信(為替ヘッジあり)(2632)

参考|SBI証券|総計100万ポイントプレゼントキャンペーン!

Q.単元未満株の配当金はどうなりますか?
A.単元未満株の配当金についても配当金受領サービスをご利用いただけます。
ただし、信託銀行の特別口座で保有する株式(単元未満株を含む)がある場合は、「株式数比例配分方式」を選択できません。
引用|単元未満株の配当金はどうなりますか?|SBI証券

\Tポイントでも投資が可能!/

5|auカブコム証券

証券会社名 auカブコム証券
ミニ株や単元未満株の名称 プチ株(単元未満株)
最小取引単位 1株
最小取引金額 数千円
取扱銘柄数 東証上場銘柄
※引用元:auカブコム証券公式サイト

\手数料が安い!/

auカブコム証券では、単元未満株のことをプチ株といいます。また、投資信託を毎月100円以上、プチ株は毎月500円以上から積み立てる、プレミアム積立」を利用すると手数料が無料となります。

auカブコム証券では、NISA口座を使い単元未満株の利用が可能です。NISA口座では、国内株式において(現物株式・ETF・ETN・REITなど)の取引手数料は無料ですが、単元未満株の場合は手数料が必要です。ただし、「プレミアム積立」を利用している場合の手数料は必要ありません。

auカブコム証券のポイントサービス

auカブコム証券では、Pontaポイントを利用して投資信託や単元未満株の購入が可能です。また、Pontaポイントと現金の組合せでも利用できます。さらに、保有している投資信託の月間の平均保有金額に対してポイントも貯まりお得です。

auカブコム証券で実施中のキャンペーン

・信用取引口座開設キャンペーン(2022年3月31日まで)

期間中に信用取引口座を初めて開設されたお客様に200Pontaポイントプレゼント!

・「47都道府県のお取り寄せグルメ」プレゼントキャンペーン(2022年3月31日まで)

条件を満たしたお客様の中から抽選で50名様に5,500円相当の「47都道府県の選べるお取り寄せグルメ」をプレゼント!

Q.いくらからプレミアム積立®(プチ株®)を始めることができますか?
A.毎月500円以上1円単位で指定可能です。指定金額の範囲内で買い付けが実施されます。さらに、増額月を年2回まで自由に指定していただくこともできます。
引用|よくある質問|プチ株(単元未満株)|auカブコム証券

\手数料が安い!/

6|マネックス証券

証券会社名 マネックス証券
ミニ株や単元未満株の名称 ワン株(単元未満株)
最小取引単位 1株
最小取引金額 数千円
取扱銘柄数 4005
※引用元:マネックス証券公式サイト

\様々な銘柄にチャレンジできる!/

マネックス証券では、ワン株(単元未満株)の買付手数料が無料となりました。さまざまな銘柄に、少しずつチャレンジしたいとお考えの方には、買付手数料が無料なのは大きなメリットです。ただし、売却時には約定代金の0.55%(最低52円:税込)が必要となります。

さらにマネックス証券では、ワン株(単元未満株)でも通常の株式投資のように、保有株数に応じて株主優待や配当金を受けられます。また、マネックス証券ではNISA口座でワン株(単元未満株)も対応しており、NISAでも買付手数料は無料です。

マネックス証券のメリット・デメリット

メリット

  • 積立投資でポイントが貯まる
  • 単元未満株の買付手数料がゼロ
  • ロボアドバイザーの手数料が安い

デメリット

  • 日本株の手数料が無料ではない
  • 米国と中国以外の海外株式に対応していない
  • マネックスポイントは交換が必要

マネックス証券のポイントサービス

マネックス証券では、独自のマネックスポイントを発行しています。ポイントを貯める方法は、保有している投資信託や、株式の売買で、日計り(ひばかり)の片道手数料を還元などで貯まるポイントです。ちなみに、日計りとは、同じ日に同じ銘柄の売り買いを行うことを指します。

また、マネックスポイントを株式手数料や暗号資産に交換や、T-ポイント・Amazonギフト券・nanacoなどのポイントへ交換が可能です。

マネックス証券で実施中のキャンペーン

・手数料引下げ記念 Twitterキャンペーン(2022年3月31日まで)

マネックス証券公式のTwitterのキャンペーンツイートから選んで#投稿すると抽選で2,000名様に300円分のギフト券をプレゼント!

・マネックスカード投信積立開始記念キャンペーン(2022年4月7日まで)

マネックスカードによる投信積立で約定したお客様に積立金額に応じてマネックスポイントを最大1,000ポイントをプレゼント!

Q.未成年者が取引できる商品はありますか?
A.未成年者のお客様がお取引いただける商品は以下のとおりです。

お取扱い商品
国内株式国内上場投資信託(ETF・REIT) 現物取引
ワン株(単元未満株)
新規公開株等の公募・売出し(IPO・PO)
米国株
中国株
投資信託
債券
オルタナティブ投資
マネックス・ゴールド
ロボアドバイザー

※ご注意
外国株取引口座は、米国税法上の取扱の関係から、当社では米国籍及び米国の外国人永住権を保有されているお客様はお申し込みいただけません。 上記は、未成年のお客様における証券総合取引口座の取扱商品です。ジュニアNISA(未成年者口座/課税未成年者口座)の取扱い商品は「証券総合取引口座との違い」(ジュニアNISA)をご参照ください。
引用|未成年者が取引できる商品はありますか?|マネックス証券

\様々な銘柄にチャレンジできる!/

7|岡三オンライン(単元未満株を買い増して単元株にすることもできる)

証券会社名 岡三証券/td>
ミニ株や単元未満株の名称 単元未満株
最小取引単位 1株
最小取引金額 数千円
取扱銘柄数 東証上場銘柄
※引用元:岡三オンライン公式サイト

\1株単位から売買できる!/

岡三オンラインでは、1株単位から売買できる単元未満株を取り扱っています。また、購入した単元未満株は、保有数により配当や株主優待を受けられます。さらに、単元未満株を買い増しすることで、単元株(100株)にすることも可能です。

また、インターネットでの単元未満株の手数料は約定代金が2万円までは税込220円です。3万円までの手数料は税込330円と、約定代金により金額の変動があります。

岡三オンラインのポイントサービス

岡三オンラインでは、ポイントサービスの提供は、現在のところ対応しておりません。

岡三オンラインで実施中のキャンペーン

・「クイズに答えてAmazonギフト券が当たる!(2022年3月31日まで)

『NASDAQ-100』に関するクイズに正解された方の中から抽選で50名様にAmazonギフト券2,000円分をプレゼント!

Q.日本株 単元未満株取引の取扱銘柄を教えてください。
A.東証(1部・2部・マザーズ・JASDAQ)、名証(セントレックス含む)、福証(Q-Board含む)、札証(アンビシャス含む)の上場銘柄およびETFをお取引いただけます。
引用|日本株 単元未満株取引の取扱銘柄を教えて|Q&A|ネット証券なら岡三オンライン

\1株単位から売買できる!/

8|野村證券(お得なオンラインサービスと信頼性の高い投資情報の相乗効果)

 
証券会社名 野村證券
ミニ株や単元未満株の名称 まめ株(単元未満株)
最小取引単位 1株
最小取引金額 数千円
取扱銘柄数 東証上場銘柄
※引用元:野村證券公式サイト

\利用しやすいオンラインサービスが充実!/

野村證券が提供しているまめ株(単元未満株)は、1株単位から購入が可能です。さらに、大手証券会社の野村證券では、信頼性が高く相乗効果も期待できます。

実店舗のある証券会社として有名な野村證券ですが、近年ではオンラインサービスから、初心者や平日の昼間は忙しいビジネスパーソンが利用しやすい、オンラインサービスが充実しています。

ちなみに、野村證券のまめ株(単元未満株)のインターネット取引の手数料は、約定代金の1.1%で最低手数料は550円です。

Q:まめ株は全ての銘柄が取引対象ですか
東証1部、東証2部、東証ジャスダック(スタンダード、グロース)、東証マザーズ、名証1部、名証2部、福証、札証の各取引所上場銘柄のうち当社が指定した銘柄が対象です。
※買付については、下記の市場のみとなります。
東証1部、東証2部、名証1部、名証2部の銘柄
※上記にかかわらず、次の銘柄はお取扱いしておりませんのでご了承ください。

・1単元が1株(口)の銘柄)の銘柄
・整理銘柄
・ETF、ETN、REIT、インフラファンド、出資証券等
・国内金融商品取引所上場の外国株式
・日本銀行出資証券

また、取扱銘柄は金融商品取引所、取次先証券会社、当社の判断により規制や制限することがあります。 引用|野村證券オンラインサービス

野村證券のポイントサービス

野村證券に口座を持っていると、野村のおオトクワールドを経由してショッピング、またはふるさと納税をするとポイントが貯まります。また、貯まった野村ポイントは、Tポイントやdポイントなどのポイントや、マイレージへ交換が可能です。

野村證券で実施中のキャンペーン

2025年12月30日までに、対象銘柄を「投信積立」にてお買付頂いた場合、毎月お買付の合計50万円までの、購入時手数料相当額をキャッシュバックをするキャンペーンをしています。

\利用しやすいオンラインサービスが充実!/

9|CONNECT(1株から購入できる「ひな株」はNISAにも対応)

証券会社名 CONNECT(大和証券グループ)
ミニ株や単元未満株の名称 ひな株(単元未満株)
最小取引単位 1株
最小取引金額 100円(積立の場合)
取扱銘柄数 300以上
※引用元:CONNECT公式サイト

\開設から取引までスマホで完結!/

CONNECTは、大和証券グルーブが運営している新しいアプリ証券で、口座開設や株の取引もスマホで完結します。CONNECTの単元未満株は、ひな株と表記されており、1株から購入が可能です。またひな株は、日本株や米国株、NISAにも対応しています。  

ひな株の取引手数料は無料ですが、株の購入時には株価に0.5%のスプレット(差額)が上乗せされ、売却時には0.5%のスプレットを差引いた価格となります。

CONNECTのポイントサービス

CONNECTでは、Pontaポイントやセゾンカードの永久不滅ポイントなどを使用して、投資ができます。始めは、溜まっていたポイントを活用して好きな銘柄を選び、投資にチャレンジするのも良いでしょう。

CONNECTで実施中のキャンペーン

CONNECTの証券口座を新規に開設後、CONNECTのポイント運用サービスの「Stock Point for CONNECT」からIDを連携した方へ、もれなく2500ポイントをプレゼントしています。

また、Ponta会員のIDを連携した方へさらに500Pontaポイント、Stock Point for CONNECTへ新規登録会員登録で100ポイント、合計で約3100円分のポイントのプレゼントキャンペーンをしています。

Q.ひな株の約定方法
A.回答
ひな株は、当社とお客さまの相対取引により、平日9:00~14:55まで、リアルタイム価格で即時約定します。購入を確定する前に、取引所の提示する最良売気配に1.005(0.5%)を乗じた価格を買単価として提示します。売付の場合は、最良買気配値に0.995(0.5%)を乗じた価格を売単価として提示します。提示された価格をあらかじめ確認いただいた上で、注文を確定することができます。
注文受付後、数分以内に約定処理を行いますが、取引所の状況により、約定が成立しない場合があります。注文後に「注文約定照会」にて注文結果をご確認ください。
引用|ひな株の約定方法|よくある質問

\開設から取引までスマホで完結!/

10|日興フロッギー(SMBC日興証券)

証券会社名 日興フロッギー(SMBC日興証券)
ミニ株や単元未満株の名称 キンカブ(単元未満株)
最小取引単位 1株
最小取引金額 100円
取扱銘柄数 SMBC日興証券が指定する銘柄
(約3700)
※引用元:日興フロッギー公式サイト

\100円から投資が始められる!/

SMBC日興証券が運営しているオウンドメディア、「日興フロッギー」と取引昨日が一体化している、学びながら株の売買ができる新しいかたちの投資サービスです。

また、日興フロッギーで取り扱っている単元未満株は、SMBC日興証券のキンカブのことを表しています。

日興フロッギーでは、記事に「株カエル」のマークがある記事内で株の購入ができます。そのため、初心者でも記事内にある銘柄の知識を深めながら、株に挑戦しやすいと言えるでしょう。

また、日興フロッギーでは、100円から金額指定で投資が可能です。dポイントでも株の購入ができNISAにも対応しています。日興フロッギーは、100万円以下の買付手数料は無料です。ただし、株を売却するとき100万円以下の場合は、0.5%の取引手数料が必要となります。

日興フロッギー(SMBC日興証券)のポイントサービス

日興フロッギーではdポイントが貯まります。キンカブの売買でdポイントを貯めたり使ったりできます。さらに、「日興フロッギー+docomo」の記事にある「+3dポイント」のアイコンがある記事を読むと、ポイントが貯まるシステムです。

日興フロッギー(SMBC日興証券)で実施中のキャンペーン

キャンペーンについては準備中です。

\100円から投資が始められる!/

ミニ株(単元未満株)の銘柄の探し方

ミニ株_search.
(画像=編集部作成)

しかし、ミニ株や単元未満株に挑戦したくても、銘柄の探し方がわからないと困ります。そこで、ネット証券会社のSBI証券を例にして、ミニ株の探し方を解説していきましょう。

証券会社により、銘柄の探し方は若干異なりますが、名称やボタンの位置などに注意すれば他の証券会社でも参考になるでしょう。

ただし、全ての銘柄でミニ株(単元未満株)の取引ができるわけではありません。そのため、検索してもヒットしないこともあります。また、銘柄や銘柄コードを誤っている可能性もあるのでヒットしない場合には確認してみてください。

①SBI証券のトップページにある「取引」を選択してください。
②ログインすると、取引画面に移るので「単元未満株」を選択します。
③単元未満株の画面に遷移したら、「銘柄コード検索」を選択します。
④「銘柄名・銘柄コード・キーワードを入力してください。」とポップアップ表示されるので、探したい銘柄の情報を入力してください。
⑤そして、例えばニトリホールディングスを探したい場合「9843」の銘柄コードを入力して検索します。

ミニ株(単元未満株)のおすすめ銘柄10選

それでは、ミニ株や単元未満株で投資するおすすめ銘柄10社を紹介していきます。

ミニ株投資におすすめの証券会社比較表

証券会社 最低取引金額 取引手数料 取扱銘柄数 リンク
LINE証券 100円 スプレッド方式
0.2%~0.5%
1,500銘柄以上
paypay証券 1000円 国内:0.5%~1.0%
海外:0.5%~0.7%
168
SBIネオモバイル証券 10円以下 220円~ 東証上場銘柄
SBI証券 数千円 約定代金の0.55%
最低55円~
東証上場銘柄
auカブコム証券 数千円 約定代金の0.55%
最低52円~
東証上場銘柄
証券会社 最低
取引金額
取引
手数料
取扱
銘柄数
LINE証券 100円 スプレッド方式
0.2%~0.5%
1,500銘柄以上
paypay証券 1000円 国内:0.5%~1.0%
海外:0.5%~0.7%
168
SBIネオモバイル証券 10円以下 220円~ 東証上場銘柄
auカブコム証券 数千円 約定代金の0.55%
最低55円~
東証上場銘柄
SBI証券 数千円 約定代金の0.55%
最低52円~
東証上場銘柄

おすすめ銘柄①|ニトリホールディングス(9843)

ニトリ
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り 0.85%
※3月8日時点

ニトリホールディングスでは、17期連続で増配しています。さらに、島忠との経営統合案により、シナジー効果も期待ができるでしょう。

ニトリホールディングスは、主にインテリアや家具の中心専門店を全国に展開しています。また、コロナ禍でテレワークや自宅で過ごすことが多くなったため需要も高まりました。

そのため、好調が続いているニトリホールディングスでは、今期(2022年2月期)の増配の計画をしており、インカムゲインに向いている銘柄と言えるでしょう。ちなみにインカムゲインとは、株式などの資産を保有中に得られる収益を指します。

ニトリホールディングスの取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. auカブコム証券
  3. マネックス証券
  4. 日興フロッギー(SMBC日興証券)
  5. LINE証券

\最大3,000円相当プレゼント中!/

おすすめ銘柄②|花王(4452)

花王
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り 2.97%
※3月8日時点

31期連続でトップクラスの増配している花王では、業績や財務などの安定感から「優良株」と市場関係者から位置付けられていることもあり、コロナ禍の収束に伴い業績の回復や拡大の期待が高まります。

さらに、連続増配銘柄を継続していますが、2021年12月も増配の計画をしており、インカムゲインに向いている銘柄と言えるでしょう。

花王の取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. auカブコム証券
  3. マネックス証券
  4. 日興フロッギー(SMBC日興証券)

\100円から投資が始められる!/

おすすめ銘柄③|ロート製薬(4527)

ロート
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り 0.83%
※3月8日時点

目薬や一般医薬品、スキンケアなどを中心に取扱っているロート製薬では、17期連続増配銘柄です。コロナ禍の収束で、日本国内の増収増益や中国や香港などのアジアでも大幅な増収増益を達成しました。そのためASEAN諸国も好調に推移しました。

また、ロート製薬では18期連続の増配を予定しており、インカムゲインに適した銘柄と言えるでしょう。

ロート製薬の取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. LINE証券
  3. auカブコム証券
  4. マネックス証券
  5. 日興フロッギー(SMBC日興証券)

\手数料が安い!/

おすすめ銘柄④|サンドラッグ(9989)

サンドラッグ
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り 2.32%
※3月8日時点

サンドラッグは、ディスカウントストア事業の拡大や、売上高1兆円の達成を目標に、1000億円規模のM&Aを視野にいれています。今後、利益の回復が明確となれば、再び増配を期待できる可能性もあり、インカムゲインに向いている銘柄と言えるでしょう。

サンドラッグの取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. LINE証券
  3. auカブコム証券
  4. マネックス証券
  5. 日興フロッギー(SMBC日興証券)

\様々な銘柄にチャレンジできる!/

おすすめ銘柄⑤|GMOペイメントゲートウェイ(3769)

GMO
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り
※3月8日時点

GMOペイメントゲートウェイでは、15期連続で増収増益を継続しています。総合的な決済サービスや、EC事業者に対する需要が今後も堅調に推移するとみられています。

また、GMOペイメントゲートウェイでは配当も継続しており、財務状況も安定しているため長期保有に向いている銘柄といえるでしょう。一方、GMOペイメントゲートウェイの連続増配はないものの、配当は継続しているためインカムゲインに向いている銘柄だと言えます。

GMOペイメントゲートウェイの取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. LINE証券
  3. auカブコム証券
  4. マネックス証券
  5. 日興フロッギー(SMBC日興証券)

\Tポイントでも投資が可能!/

おすすめ銘柄⑥|リンナイ(5947)

リンナイ
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り 1.48%
※3月8日時点

リンナイとは、ガス器具や給湯器などを取り扱っている企業です。日本をはじめ、アメリカやオーストラリア、アジアなどへも積極的に事業を展開しています。

またリンナイは、ガス機器について国内でシェアNo.1を誇ります。さらに19期連続で増配を実施しており、次回の2022年3月の配当も増配する予定です。そのため、インカムゲインに向いている銘柄と言えるでしょう。

リンナイの取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. auカブコム証券
  3. マネックス証券
  4. 日興フロッギー(SMBC日興証券)

\100円から投資が始められる!/

おすすめ銘柄⑦|マツダ(7261)

マツダ
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り

自動車メーカーのマツダは、コロナ禍の影響により減収減益となっています。また、世界的に半導体の供給不足や貴金属などの高騰により不安が残ります。

しかし、マツダでは2025年までに新モデルの電気自動車の生産や、円安が進めば業績の回復と拡大が期待でき恩恵を受けられる可能性もあるでしょう。

マツダの取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. auカブコム証券
  3. マネックス証券
  4. 日興フロッギー(SMBC日興証券)

\様々な銘柄にチャレンジできる!/

おすすめ銘柄⑧|東武鉄道(9001)

東武鉄道
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り 0.71%
※3月8日時点

東武鉄道は鉄道事業をはじめ、東武ストアや東部百貨店、不動産販売や賃貸、さらに東京スカイツリータウンの運営など幅広い事業を手掛けています。

しかし東武鉄道では、コロナ禍で鉄道事業が大きな打撃となりました。コロナ禍が収束すれば、鉄道事業も回復し比較的早く利益が戻り、株価も安定する見込みがあります。ただし、コロナ禍も完全に収束するまでは、株価は緩やかに推移するでしょう。

東武鉄道の取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. auカブコム証券
  3. マネックス証券
  4. 日興フロッギー(SMBC日興証券)

\手数料が安い!/

おすすめ銘柄⑨|丸紅(8002)

丸紅
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り 3.84%
※3月8日時点

大手総合商社の丸紅は、さまざまな分野で輸出入や国内取引を行っている総合商社です。生活産業・食料・アグリ・化学品・エネルギー・金属・電力・インフラ・社会産業・金融グループなど多岐に渡り事業内容を展開しています。

また、2021年3月期は減収増益となり、2020年3月期より大幅に業績が回復しています。今期も増益の計画のため、今後の株価上昇による、キャピタルゲインに期待が高まるでしょう。ちなみに、キャピタルゲインとは、株式や債券を売却することで得られる売却益を指します。

丸紅の取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. auカブコム証券
  3. マネックス証券
  4. 日興フロッギー(SMBC日興証券)

\Tポイントでも投資が可能!/

おすすめ銘柄⑩|ツインバード工業(6897)

ツインバード
(引用元:Google Finance,※3月8日時点)
配当利回り 2.03%
※3月8日時点

ツインバード工業は、家庭用電気機器や照明器具、理美容・健康器具などを取り扱っている企業です。2021年2月にツインバード工業は、新型コロナワクチンを輸送する際に不可欠な、運搬庫を厚生労働省へ5000台納品したことで注目を集めています。

さらに、2021年7月に新型コロナワクチンの輸送や保管用の冷蔵庫を、3億円分の追加注文が厚生労働省からあったとの発表がありました。今後、こちらの分野での業務拡大が進むにつれ、キャピタルゲインに期待が高まります。

ツインバード工業の取り扱いがある証券会社
  1. SBI証券
  2. LINE証券
  3. auカブコム証券
  4. マネックス証券
  5. 日興フロッギー(SMBC日興証券)

\最大3,000円相当プレゼント中!/

目的と資金を決めてミニ株(単元未満株)投資を

ミニ株や単元未満株は少額から投資ができるサービスです。また、証券会社によりますが、提携しているポイントでも株の運用ができます。そのため、初心者の方にミニ株や単元未満株はチャレンジしやすいと言えるでしょう。

ただし、少額から取引ができるミニ株や単元未満株ですが、通常の株式投資の手数料より割高や、約定のタイミングが決まっているなどのデメリットもあるので注意は必要です。

NISAの非課税枠を効率的に利用し、投資資金が少しずつ増えてきたら、単元株と併用して株式の運用をしても良いでしょう。

複数の証券会社で、ミニ株や単元未満株のサービスがありますが、手数料や特徴は異なります。それぞれのメリットやデメリット、そしてご自身の投資目的や資金などに合わせた証券会社と運用方法を選んでください。

\最大3,000円相当プレゼント中!/

ミニ株(単元未満株)に関するQ&A

それでは、ミニ株や単元未満株で、良く聞かれる質問について紹介していきましょう。

Q.ミニ株(単元未満株)銘柄を選ぶときの注意点とは?

銘柄を選ぶときの注意点は、初心者の場合日本を代表する大きな企業や、海外でも競争力の高い銘柄を選ぶと良いでしょう。なぜなら、有名な企業だとテレビやインターネットなどで業績や状況などの情報が得やすいことがあげられます。

もうひとつは、ミニ株や単元未満株は少量から株の売買ができるため、1単元(100株)ではなかなか挑戦できない、高価な株にチャレンジするのも良いでしょう。

というのも有名な企業などは、他の投資家も注目している傾向があります。そのため、チャレンジする価値があると言えるでしょう。

Q.ミニ株(単元未満株)の始め方とメリット・デメリットは何か?

ミニ株(単元未満株)のメリット
  1. 少額から取引が可能
  2. 数量のコントロールがしやすい
  3. 分散投資ができる
  4. 配当金を受けられる
ミニ株(単元未満株)のデメリット
  1. 手数料が割高
  2. 注文の約定タイミングが決まっている
  3. 銘柄がある程度限られている
  4. 基本的に株主優待は受けられない

Q.ミニ株と単元未満株取引の違いはなに?

ミニ株とは10株単位からの売買が可能な制度です。また単元未満株式投資とは、1株から売買が可能となる制度のことを表します。

Q.ミニ株(単元未満株)銘柄で株主優待は受けられる?

ミニ株や単元未満株では、基本的に株主優待は受けられません。なぜかというと、ほとんどの企業は1単元(100株)を保有している株主を対象に株主優待を行っているからです。ただし、例外として一部の企業では少ない株数でも株主優待を受けられることもあります。

Q.少額投資でも利益はあるの?

ミニ株や単元未満株のような、少額の投資でも利益は出ます。ただし、あまりにも少額すぎると、効率的に大きな利益を出すのは難しいでしょう。

例えば、株式投資にて月に3%の利益が出る投資技術があるとします。原資が1万円を投資したとき、月利が3%だと1ヶ月の利益は300円です。

その後、利益をそのまま複利として運用に回したとしても。1年間で4260円(年利42.6%)にしかなりません。
しかし、原資100万円を投資したと仮定しましょう。その場合初月で3万円の利益となり、1年では42万6000円の利益となります。さらに、年単位で複利運用していくと利益も増すでしょう。

原資が少ないと大きな利益を得るのは効率的ではありません。そのため、ミニ株や単元未満株でいろいろな投資にチャレンジをしながら経験を重ね、慣れてきたら単元株(100株)の投資にチャレンジすると良いでしょう。

Q.証券会社ごとにミニ株や単元未満株に違う名称が付いているけれど内容が違うの?

証券会社によって単元未満株を表す場合、愛称が使われていることがあります。例えば、SBI証券はS株、LINE証券はいちかぶ、マネックス証券はワン株などの名称が使われています。

これらは、愛称なので証券会社により手数料などは異なりますが、単元未満株だと考えて問題ありません。

Q.ミニ株・単元未満株をコツコツと買い増した100株は、単元株所有者と同じ扱いになるの?

ミニ株や単元未満株を、コツコツと100株まで増やすと単元株にすることもできます。
つまり、通常の株式投資と同じ扱いとなるため、株主優待や株主総会での議決権の権利も与えられるのです。

Q.ミニ株(単元未満株)で儲ける方法は?

ミニ株では、中長期での投資方法がおすすめです。なぜなら、ミニ株の1日にできる取引回数は限られていることが多くあるからです。

そのため、1日の株価の変動を狙い売買することは難しく、ミニ株の売買方法は成行注文になります。ちなみに成行注文とは、株を売買の際に、値段を指定せず注文する方法を指します。

したがってミニ株では短期ではなく、連続配当があり中長期で成長しそうな銘柄を選び、ある程度まとまった利益を狙っていくと効率的に運用ができるでしょう。

Q. ミニ株(単元未満株)はどのような人におすすめ?

ミニ株や単元未満株は、少額から株式投資ができます。そのため、とくに初心者や投資資金が少ない人におすすめのサービスと言えます。

Q. 学生でもミニ株(単元未満株)へ投資はできるの?

株式投資をするにあたり、投資家の年収規定はありません。そのため、学生でも投資は可能です。未成年でも口座を作れる証券会社もあるので、確認してみましょう。

ただし、未成年の場合には「親権者の同意書」の提出や、親権者と未成年の続柄がわかる証明書類を提出する必要があります。