インヴァストゴールドカードはどんな特徴がある?
(画像=MY BEST CHOICE)

現在、様々なクレジットカードが発行されており、どのクレジットカードが良いのか、悩まれていませんか?クレジットカードを選ぶ基準は、自分が普段使いする上で相性が良いかどうかという点が重要です。

例えば、楽天のサービスをよく利用するのであれば楽天カードがピッタリですし、飛行機を良く利用するのならマイルが貯まるクレジットカードが良いでしょう。

もし投資に興味があるという方であれば、「インヴァストゴールドカード」がおすすめです。あまり聞きなれないカードですが、貯まったポイントを自動で積立投資することができるため、投資を始めてみたい方にピッタリのクレジットカードといえるでしょう。

ポイントは自動で積立されるため、他のサービスと違って、ポイントの失効や利用の仕方をわざわざ調べる必要がないのも特筆すべき点。この記事では「インヴァストゴールドカード」の概要やポイント還元率、審査基準などを紹介し、なぜ投資をはじめるにはピッタリなのかを紹介していきます。

目次

  1. インヴァストゴールドカードとは?
  2. インヴァストゴールドカードの特徴を紹介
  3. インヴァストゴールドカードを利用するメリット
  4. インヴァストゴールドカード利用でのデメリット
  5. インヴァストゴールドカードの損益分岐点を考える
  6. インヴァストゴールドカードの審査の難易度は?
  7. インヴァストゴールドカードはどんな方におすすめ?
  8. インヴァストゴールドカードを手に入れるために必要なことは?
  9. インヴァストゴールドカードで手間なく資産を形成
  10. カード発行会社概要
  11. インヴァストゴールドカードについてのよくある質問

インヴァストゴールドカードとは?

インヴァストゴールドカードはどんな特徴がある?基本情報や流れなどを紹介
(画像=PIXTA)

インヴァストカードとは、インヴァスト証券が株式会社ジャックスと提携して発行されているクレジットカードです。昨今、ポイントを積立投資に利用できるサービスが増えていますが、ポイントを積立投資できるサービスを日本で初めて行ったのが、このインヴァストカードです。

インヴァストカードには、次の2種類があります。

  • インヴァストカード(一般)
  • インヴァストゴールドカード

インヴァストカードには一般カードとゴールドカードの2種類が用意されています。一般カードの年会費は初年度無料で、次年度以降も条件を満たすと無料となるため、安さは申し分ありません。

カードショッピングを年間1回以上ご利用いただくだけで、次年度の年会費は本人会員・家族会員ともに無料となります。

引用元:インヴァストカード|クレジットカードのジャックス

ただ利用可能なカードブランドはVISAのみとなり、海外旅行傷害保険は付帯されておらず、通常ポイント還元率は0.50%と低めです。

簡単にインヴァストカードの紹介をしたところで、次に「インヴァストゴールドカード」の基本情報を見ていくことにしましょう。

インヴァストゴールドカードの基本情報

「インヴァストゴールドカード」の基本情報は下記の通りです。

入会対象年齢20歳以上の収入安定者かつ電話連絡ができる方
※学生は対象外
発行元株式会社ジャックス
年会費本会員:初年度無料/次年度から税込5500円
家族会員:初年度・次年度以降も無料
利用可能ブランドMastercard
ショッピング利用枠①300万円
②150万円
※①と②のどちらかを選択
キャッシング利用枠10~50万円
旅行傷害保険海外自動付帯・国内利用付帯
最高3000万円
カード盗難保険付帯
ポイント還元率0.75%
※ネットショッピングの還元率は1.25%以上
追加カードETCカード(無料)
家族カード(無料・最大1枚まで)
お支払い方法口座振替
決済口座本人名義口座
支払日末日締めの翌月27日払い

引用元:JACCS

インヴァストゴールドカードになると、一般カードにはなかった海外傷害保険が付帯され、ポイント還元率も普通のカードは0.5% のところ、ゴールドになると0.75%と高めです。年会費は次年度以降税込5500円かかるものの、ポイント還元率の高さを考えれば「インヴァストゴールドカード」が良いでしょう。

ただ、利用カードブランドがMastercardのみとなるので、ブランドにこだわりがある方や複数のブランドの中から選びたいという方には不向きというデメリットもあります。

基本情報を紹介したところで、次は「インヴァストゴールドカードの申し込みの流れ」について見ていくことにしましょう。

インヴァストゴールドカードの申し込みの流れ

申し込みにかかる期間は約1~2週間ほどで、下記のような流れです。

  1. 規約の同意を行う
    ・個人情報の取扱いに関する条項
    ・会員規約
  2. 申し込みフォームにて個人情報など必須事項を入力し申し込み
  3. 指定したメールアドレスに申し込み受付完了メールが届く
  4. 入会審査が行われ、審査に通れば発行手続き
  5. カードが発行され、本人限定受取郵便にて手元に到着

カード申し込みと並行して、ポイントを積立投資するための「インヴァスト証券のトライオートETF口座」を開設しておく必要があります。口座開設の流れについては、後ほど詳しく紹介しますので、そちらをご確認ください。

インヴァストゴールドカードの特徴を紹介

他のクレジットカード同様、「インヴァストゴールドカード」にも多くの付帯サービスがあります。この記事では紹介しきれませんが、空港ラウンジの無料利用サービスや、ジャックス・トラベルデスクなど特徴は様々です。

ジャックス・トラベルデスクのサポート 以下出張・旅行関連の予約相談サポート
・プライベートでのご旅行やビジネスの出張
・各種パッケージツアー
・ホテル航空券
・交通機関
※大手旅行会社の国内・海外パッケージツアーを3~5%割引で利用可能

その中でも、「インヴァストゴールドカード」で代表的なサービスを3つほど紹介していきます。

インヴァスト証券取引口座へキャッシュバックされたポイントを元手に投資を行える

「インヴァストゴールドカード」のポイントは、インヴァスト証券取引口座へ自動キャッシュバックされます。キャッシュバックされたポイントは、1ポイント=1円換算で積立され、自動売買投資として運用することが可能です。

通毎月クレジットカードポイントなどで溜まった投資資金を使って毎週自動的に投資を行います。投資先は国内外のETF(上場投資信託)。

引用元:投資スタイルを選ぶだけで海外投資|インヴァストカード

申し込みの流れでも触れましたが、ポイントの自動売買運用をはじめるには「インヴァスト証券のトライオートETF口座開設」をする必要があります。口座開設の流れは下記の通りです。

  1. 規約・約款等の同意
  2. 申し込みフォームに必要事項を入力
  3. 確認事項を確認し申し込み
  4. 申し込み後に口座開設審査
  5. 審査完了後、MyページのログインIDとパスワードが郵送される

口座開設が完了しログインできるか確認してから、「インヴァストゴールドカード」の申し込みを行うとよいでしょう。

出典:インヴァスト証券サイト-口座開設ページ

ポイント還元率も高く普段使いにおすすめ

「インヴァストゴールドカード」のポイント還元率は0.75%です。これは、税込400円のカード利用で、3ポイントが付与される計算になります。

ネットショッピングであれば、ポイント還元率は1.25~12.75%と高くなるのが特徴です。1.25%のポイント還元率の場合、税込400円で5ポイントが付与されるため、普段使いにピッタリのクレジットカードといえるでしょう。

通常0.50%のポイント還元に加えて、0.50%~12.00%のJデポが還元されます!

引用元:インヴァストカード|クレジットカードのジャックス

最高3000万円の海外旅行障害保険も自動で付帯(国内は利用付帯)

国内・海外旅行問わず、旅行で万が一のことがあった場合は、傷害保険として最高3000万円の補償を受けることができます。ただし、補償適用内容は国内と海外で異なるので注意が必要。国内旅行傷害保険の場合は、次の5つが保険適用に該当します。

● 死亡・後遺障害
● 入院日額
● 通院日額
● 手術費用補助
● 航空便遅延費用

上記5つに該当した場合でも、事故日を起算として180日以内に死亡した場合など、適用条件があるので確認しておきましょう。

海外旅行傷害保険の場合は、次の7つが保険適用に該当します。

● 傷害死亡・後遺障害
● 傷害治療費用
● 疫病治療費用
● 賠償責任
● 携行品損害
● 救援者費用
● 航空便遅延費用

海外旅行については、「インヴァストゴールドカード」を所持することで、これらの保険が自動で付帯され利用することが可能です。国内旅行は利用付帯なので、補償を受けるためには、旅行の交通費や宿泊費を事前に「インヴァストゴールドカード」で決済しておく必要があります

保険適用対象者は、家族会員を含むカード契約者本人、会員の配偶者、生計を1つにする同居家族、生計を1つにする別居の未婚の子です。全員に保険が適用されるわけではありませんので、その点は留意しておきましょう。

引用:ジャックス公式サイト-「インヴァストゴールドカード」ページ

インヴァストゴールドカードを利用するメリット

通常のインヴァストカードや他社カードと比べると、インヴァストゴールドカードには様々なメリットがあります。ここでは、インヴァストゴールドを利用するメリットを4点紹介します。

インヴァストゴールドカードのメリット
  • 自動で積立投資を行える
  • JACCSモールを活用すればポイント還元率を高くできる
  • ETCカードが年会費無料で利用できる
  • ゴールドカードらしさ満載の付帯サービス

1.自動で積立投資を行える

ショッピングでインヴァストゴールドカードを使用すると、通常0.75%の還元率でポイントが貯まります。1ポイント1円でキャッシュバックされ、毎月インヴァスト証券の口座に自動で入金されます。

毎月自動キャッシュバックのため、ポイントの還元をしっかり受け取ることができます。たまったインヴァストカードポイントはインヴァスト証券取引口座へ自動でキャッシュバック!

引用元:インヴァストゴールドカード公式サイト

自動の積立投資は0.1口からでき、0.1口当たりの投資価格は1000〜2000円です。また、為替リスクがないのはメリットでしょう。

投資資金はカードショッピングの際に貯まるポイントを使うので、一般的な株式投資よりハードルが低いです。ただし、積立をするにはインヴァスト証券の口座を開設する必要があります。

2.JACCSモールを活用すればポイント還元率を高くできる

たくさんのポイントを貯めるには、「JACCSモール」経由でネットショッピングをするのがおすすめです。JACCSモールはポイントサイトで、以下のような主要ネットモール、サービスが揃っています。

JACCSモールに揃っているネットモール一例
  • Yahoo!ショッピング
  • ビックカメラ.com
  • 楽天市場
  • 一休.com
  • じゃらん

上記のサイトでは、「Jデポ」と呼ばれる独自のキャッシュバックも受けられます。JACCSモールで買い物をすると、Jデポが0.5〜12%分付与されます。Jデポは会計時にキャッシュバックされるので、お得に買い物をすることが可能です。Jデポはクレジットカードのポイントとは別に付与されるため、キャッシュバックとポイント還元を同時に受けられます。少しでもポイントを多く貯めたいのであれば、JACCSモール経由でネットショッピングをしましょう。

通常0.75%のポイント還元に加えて、0.50%~12.00%のJデポが還元されます!

引用元:インヴァストゴールドカード公式サイト

3.ETCカードが年会費無料で利用できる

インヴァストゴールドは、本会員、家族会員ともにETCカードを年会費無料で利用できます。また、ETCカードの申し込み及び利用で、利用代金から500円分割引される特典も付いています。年会費がかからないだけでなく、割引も受けられるのは見逃せないポイントです。

4.ゴールドカードらしさ満載の付帯サービス

インヴァストゴールドを持っていれば、国内の主要32空港のラウンジを無料で利用できます。無料で利用できるラウンジは、以下の通りです。

ラウンジが利用できる空港
  • 北海道、東北:新千歳空港/函館空港/旭川空港/青森空港/秋田空港/仙台国際空港
  • 関東:成田国際空港/羽田空港
  • 中部、北陸:新潟空港/富山空港/小松空港/富士山静岡空港/中部国際空港
  • 中国、四国:岡山空港/米子空港/広島空港/出雲空港/山口宇部空港/高松空港/徳島空港/松山空港
  • 九州、沖縄:北九州空港/福岡空港/大分空港/長崎空港/熊本空港/宮崎空港/鹿児島空港/那覇空港

また、インヴァストゴールドカード会員はジャックス・トラベルデスクを利用できます。大手旅行会社で海外及び国内パッケージツアーを購入する際、3〜5%オフで利用できるサービスです。レジャー施設やレンタカー、ホテルなどで優待を受けられるJ'sコンシェルも、利用可能です。

大手旅行会社の国内・海外パッケージツアーを3~5%割引でご利用いただけます。

引用元:インヴァストゴールドカード公式サイト

インヴァストゴールドカードは、海外、国内旅行傷害保険の補償も充実しています。海外・国内傷害保険の補償は最高3000万円、航空便遅延費用補償は最高4万円です。注意点は、国内旅行傷害保険があるのは、ゴールドカードで支払いがある場合のみという点です。対する海外旅行傷害保険はインヴァストゴールドカードでの支払いの有無に関係なく支払われます。

出張や旅行で飛行機を使う方にとっては、大きなメリットでしょう。なお、傷害保険は、本人会員及び家族会員と、家族カードを持たない配偶者や19歳未満の家族も対象となります。

インヴァストゴールドカード利用でのデメリット

メリット
(画像=moonship/stock.adobe.com)

インヴァストゴールドカードにもデメリットはあります。ここでは、インヴァストゴールドのデメリットを3点紹介します。それぞれ解説するので、デメリットも把握した上で申し込むかを判断しましょう

インヴァストゴールドカードのデメリット
  • 基本のポイント還元率があまり高くない
  • 審査が厳しい可能性がある
  • ポイント還元率に対して年会費が高額

1.基本のポイント還元率があまり高くない

運営が開始された当初は、還元率1.5%と高い還元率で話題になりました。しかし、2020年11月の請求からは還元率が0.75%に半減しています

現在のインヴァストゴールドカードは、以前より高い還元率といえませんが、今でもJACCSモール経由でネットショッピングをすれば、1.25%の還元率は確保できます

2.審査が厳しい可能性がある

インヴァストゴールドカードの審査の難易度は、ゴールドカードとしてはやや厳しめの可能性があります。なお、通常のインヴァストカードは審査難易度が非常に高いとはいえず、作りやすいといえます。

口コミでは「審査が厳しすぎる」という声もありますが、審査に関する口コミは千差万別です。ただし、20歳以上で安定収入があれば審査に通る可能性はあるため、条件に当てはまる方は一度申し込んでみましょう。

3.ポイント還元率に対して年会費が高額

ポイント還元率の高いクレジットカードの多くは、年会費が無料な上、還元率は1%以上です。インヴァストゴールドカードの還元率は0.75%、年会費は初年度無料、2年目からは税込5500円です。よってポイント還元率は低く、年会費はやや高いです。あまりクレジットカードでショッピングをしない方にとって、メリットを感じられない可能性があるといえます。

しかし、趣味や出張で海外及び国内旅行をする場合は、ゴールドカードならではのサービスを存分に受けられます。年会費よりもメリットが大きいと感じる方は申し込んでも良いしょう。

インヴァストゴールドカードの損益分岐点を考える

クレジットカードを作るのであれば、お得に使いたいものです。通常のインヴァストカードとインヴァストゴールドカードの損益分岐点を検証します

損益分岐点はカードの使い方や、ネットショッピングの頻度を加味せず使用した場合の計算です。通常のカードかゴールドカードか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

インヴァストゴールドカードの損益分岐点

通常のインヴァストカードとインヴァストゴールドカードの損益分岐点を、以下にて見積もったので、ご覧ください。1ヶ月に19万円分使うことを想定しています。

インヴァストカード インヴァストゴールドカード
年会費 初年度無料
※2年目からは税込1375円
※前年度に1円でも使用すれば、2年目も無料
初年度無料
※2年目からは税込5500円
還元率 0.5% 0.75%
還元される金額
(1ヶ月)
950円 1425円
還元される金額
(12ヶ月)
11400円 17100円
差額5700円

上記の表を踏まえると、損益分岐点は19万円であるといえます。しかし、ゴールドカードのメリットは還元率だけではなく、受けられる優待の差にもあります。優待にメリットを感じる場合、年間228万円も使用しなくてもゴールドカードはお得になるでしょう。

インヴァストゴールドカードの審査の難易度は?

審査通過の必要な条件は後述しておりますが、ネット情報によれば審査の難易度は高いという情報がありました。一方で、自営業やフリーランスなどカード審査が不利な職種でも審査が通った事例も多く、審査が緩いとの声もあります

こればかりはクレジットカード会社の基準となるので、断言はできませんが、上記のネット情報を総合的に判断すると難易度は普通レベルなのではないでしょうか。

インヴァストゴールドカードはどんな方におすすめ?

冒頭でも触れたように、「インヴァストゴールドカード」では貯まったポイントを自動的に投資へ回して運用することが可能です。ポイント還元率も高いため、カードを利用するほど、資産運用できるポイントも比例して増えていきます。

還元されたポイント内で投資・運用ができ、自己資金を利用する必要がないため、「投資に興味はあるが不安がある」という方にはおすすめのクレジットカードです。

インヴァストゴールドカードを手に入れるために必要なことは?

申し込み資格は、20歳以上で安定収入がある電話連絡ができる方との記載があります。学生はもちろん、収入のない専業主婦(主夫)の方は申し込みすることができません。

ネットの情報によると「インヴァストゴールドカード」の審査を確実に通過するには、年収350万円以上で勤続年数が3年以上必要といわれています。ただ「審査の難易度」の項目でも触れたように、自営業やフリーランスの方も審査が通った事例は多いようです。

最低限生活できるだけの収入を得ていて、独り立ちできている20歳以上の方であれば、入手できる可能性があるので、一度申し込んでみる価値はあるのではないでしょうか。

インヴァストゴールドカードで手間なく資産を形成

「インヴァストゴールドカード」は、自動でポイントを積立投資に回してくれるため、手間なく資産運用を行うことが可能です。そのため、資産が減るといった不安から投資に踏み出せない方にはピッタリのクレジットカードサービスといえるでしょう。

「インヴァストゴールドカード」では還元されたポイントの範囲内で積立投資を行えば、自己資金を危険にさらすリスクはありません。また投資に慣れてくれば、ポイントだけでなく自己資金を定額で積み立てることで投資を行うこともできます。

ノーリスクで投資を行い、投資のことを勉強しながら手間なく資産形成したいという方にとって、「インヴァストゴールドカード」はピッタリのクレジットカードといえるでしょう。

カード発行会社概要

カード発行会社 インヴァスト証券株式会社 INVAST SECURITIES CO.,LTD.
所在地〒103-0004
東京都中央区東日本橋一丁目5番6号
設立年月日1960年8月10日
電話番号03-6858-7100
会社概要https://www.invast.jp/moneyhatch/invastcard/
出典元:インヴァストカード公式サイト

インヴァストゴールドカードについてのよくある質問

Q.インヴァストゴールドカードとは?

A.インヴァストカードとは、インヴァスト証券が株式会社ジャックスと提携して発行されているクレジットカードです。ポイントを積立投資できるサービスを日本で初めて行ったのが、このインヴァストカードです。インヴァストカードには一般カードとゴールドカードの2種類が用意されています。

インヴァストゴールドカードになると、一般カードにはなかった海外傷害保険が付帯され、ポイント還元率も普通のカードは0.5% のところ、ゴールドになると0.75%と高めです。

Q.インヴァストゴールドカードの特徴は?

A.「インヴァストゴールドカード」の多くの付帯サービスの中でも、代表的なものを3つほど挙げると以下のようになります。

  • インヴァスト証券取引口座へキャッシュバックされたポイントを元手に投資を行える
  • ポイント還元率も高く普段使いにおすすめ
  • 最高3000万円の海外旅行障害保険も自動で付帯(国内は利用付帯)

Q.インヴァストゴールドカードの審査の難易度は?

A.ネット情報によれば「審査の難易度は高い」「自営業やフリーランスなどカード審査が不利な職種でも審査が通った事例も多い」など色々な声があり、断言はできません。ただ、収入のない学生等は申込みできません。

最低限生活できるだけの収入を得ていて、独り立ちできている20歳以上の方であれば、入手できる可能性があるので、一度申し込んでみる価値はあるのではないでしょうか。