最短5分発行・利用可能!「三井住友カード」の特徴や“注目の4枚”を紹介
(画像=MY BEST CHOICE)

テレビCMでもおなじみの三井住友カードは、「三井住友」という名前から来る安心感やスタイリッシュなデザインで人気のクレジットカードです。
「どんなカードなのかな」「利用してみようかな」と考えている方に向けて、三井住友カードの特徴や種類について詳しく解説します。
申し込む前に知っておきたいメリットやデメリットもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

目次

  1. 三井住友カードの特徴とは?
  2. 三井住友カードのおすすめカード4選
  3. 三井住友カードの評判・口コミを紹介!
  4. 三井住友カードの発行までの流れ
  5. 三井住友カードでキャッシュレスライフを楽しもう
  6. カード発行会社概要
  7. 「三井住友カード」の特徴についてのよくある質問

三井住友カードの特徴とは?

最短5分発行・利用可能!「三井住友カード」の特徴や“注目の4枚”を紹介
(画像=YakobchukOlena/stock.adobe.com)

三井住友カードとはどのようなクレジットカードなのか、その特徴を知っておきましょう。三井住友カードにはさまざまな種類がありますが、本記事では基本となる三井住友カードのほか、以下の4種類の注目カードについて解説します。

まず特徴的なのはその見た目です。三井住友カードは、2020年始めまではパルテノン神殿をモチーフにしたデザインでしたが、現在はシンプルでスタイリッシュなデザインに一新されています。

加えて、2021年から発行開始しているナンバーレス(NL)タイプのカードは、よくあるクレジットカードと異なり、カード本体にカード番号の印字がありません。店頭で出したときなどに番号を盗み見されて悪用される心配がないため、セキュリティー面が気になるという方にも選ばれています。NLでは、専用アプリでカード番号を確認できます。

三井住友カード(NL)の基本情報

三井住友カード,ナンバーレス,NL
年会費1,375円(税込み・初年度無料)※NLカードは無料
追加カードETCカード、家族カード
ポイント還元率0.50%~
付帯保険海外旅行、ショッピング
貯まるポイントVポイント
電子マネー機能iD、WAON、PiTaPa
交換可能マイルANAマイル
スマホ決済Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

・還元率のメリット、デメリット

クレジットカードで支払うとポイントが貯まるため、お得です。利用額に対し、何円相当のポイントが貯まるのかをあらわすのが「還元率」です。
三井住友カード(NL)では、利用額200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)が基本です。年会費が発生する三井住友カードプラチナプリファードでは2倍、利用額100円ごとに1ポイント(還元率1%)になります。

三井住友カードの還元率は、他社と比べて突出して高いわけではありません。ただ、コンビニ大手3社やマクドナルドでの利用、タッチ決済の利用、ポイント優待サイト経由のネットショッピングなどでは通常より還元率がアップするというメリットがあります。

対象の三井住友カードならセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社とマクドナルドで常にポイント+2%還元(※)。
※通常、200円(税込)ごとに1ポイントが貯まるところ、上記4店舗では200円(税込)ごとに5ポイントが貯まります。
Visa・Mastercardのクレジットカード利用のほか、iD、Apple Pay、 Google Pay™ の利用も対象。

引用元:実はお得な三井住友カードのポイント還元率。貯め方と交換のコツ

・キャンペーンのメリット、デメリット
三井住友カードでは、新規入会のキャンペーンを行っていることが多いです。時期により内容が異なる場合がありますが、2021年10月時点では新規入会で最大5,500円相当がもらえるキャンペーンが実施されています。
三井住友カードの種類を問わず、新しく申し込んで発行されれば自動的にエントリーされる点がメリットです。

デメリットは、獲得できる最大額1万3,000円の内訳が「最大1万2,000円相当のVポイント(利用額の15%をプレゼント)+Vポイントギフトコード1,000円分」となっている点です。誰でも1万3,000円もらえるわけではなく、カードの種類や利用額によりますので要注意です。

他のカードと比較

三井住友カード(NL)と、他社の人気カードを比べるとどうでしょうか。ここでは、楽天カード、dカードと比較してみます。

カード名三井住友カード(NL)楽天カードdカード
  三井住友カード,ナンバーレス,NL 楽天カード dカード
年会費
1,375円(税込)
※NLカードは無料

無料

無料
還元率
0.30%~5.0%

1.00%~3.00%

1.00%~4.00%
ポイント種類Vポイント楽天ポイントdポイント
電子マネーiD、WAON、PiTaPa楽天edyiD
おすすめ利用シーンコンビニやマックで
タッチ決済利用で
ポイント最大5%還元
楽天市場の利用で
最大3%ポイント還元
スタバやマツキヨ利用で
ポイント4倍
キャンペーン新規入会で
最大5,500円相当
プレゼント
新規入会で
最大5,000ポイント
プレゼント
新規入会で
最大8000ポイント
プレゼント
カード名三井住友カード(NL)楽天カードdカード
  三井住友カード,ナンバーレス,NL 楽天カード dカード
年会費
1,375円(税込)
※NLカードは無料

無料

無料
還元率
0.30%~5.0%

1.00%~3.00%

1.00%~4.00%
ポイント種類Vポイント楽天ポイントdポイント
電子マネーiD、WAON、PiTaPa楽天edyiD
おすすめ利用シーンコンビニやマクドナルドで
タッチ決済を利用すると
ポイント最大5%還元
楽天市場の利用で
最大3%ポイント還元
スタバやマツキヨ利用で
ポイント4倍
キャンペーン新規入会で
最大1万1,000円相当
プレゼント
新規入会で
最大5,000ポイント
プレゼント
新規入会で
最大8000ポイント
プレゼント

まず年会費は、3社とも永年無料にできます(三井住友カードは「三井住友カード(NL)」を選択すれば可)。
還元率は、三井住友カード(NL)が0.5%、楽天カードとdカードは1%が基本です。ただ、それぞれポイントアップできる仕組みを用意しています。

三井住友カード(NL)はコンビニやマクドナルドでの利用やタッチ決済、楽天カードは楽天市場や楽天銀行など同グループのサービス利用、dカードはドコモのスマホやスタバ、マツキヨやJALなどの利用がお得です。
自分がよく行くお店で使いやすいカードを選ぶのがおすすめです。

審査は必須!基準は厳しめかも

クレジットカードを利用するためには、そのカード会社が定める基準をクリアして審査に通過する必要があります。
具体的な審査基準は公開されていませんが、三井住友カードは三井住友銀行と同じ「三井住友フィナンシャルグループ」であることもあり、流通・小売業界やネット企業が発行するカードよりも基準が厳しめと言われています。
ただ、「収入が多い人でないと無理」というわけではありません。安定して継続した収入があり、過去にクレジットカードの支払い遅延やローンの返済遅延などがなければ、過度に恐れなくてもよいでしょう。

VISA、マスターカードから選べるため海外旅行にも便利

三井住友カードでは、カードに搭載する国際ブランドを「VISA」もしくは「Mastercard(マスターカード)」から選択できます。
国際ブランドにはいくつかの種類がありますが、VISAとマスターカードは日本国内でも海外でも特に広く利用されています。クレジットカードが使えるお店ならほとんど困らずに済みますので、身近なお店でも海外旅行先でも便利に使えます。

最短で即日発行も可能

三井住友カードは、申し込んでから利用できるようになるまでのスピードが速いのも特徴です。

最短5分で発行する方法
  1. 公式サイトから申込
  2. 審査(5分~10分)
  3. 電話認証
  4. 認証完了
  5. Vpassに登録
  6. Vpassにてカード番号を表示

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30

最短5分でカード番号を表示※1、すぐにネットや、身近なお店※2でお買物が可能!
カードは翌営業日に発行いたします。

引用元:即時発行 最短5分! カードの到着を待たずに今すぐ使える!

通常のカードは最短で翌営業日、審査に時間のかかる「プラチナプリファード」や「プラチナ」でも最短3営業日、「NL」なら最短5分で発行できてカードが到着する前から利用開始できます。
「今度の旅行に間に合わせたい」など、急ぎの場合にも対応しやすいでしょう。

ポイントの使いやすさも魅力

三井住友カードでは利用ごとに「Vポイント」が貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円相当でお買い物に利用できるほか、景品への交換や他社ポイントへの交換もできます。

オンラインギフトカードに交換
Amazonギフト券などのオンラインギフトカードに交換できます。
2021年4月1日(木)より、交換レートが1ポイント→0.8円分に変更となります。
Amazonギフト券→1Pt1円分
Google Play ギフトコード→1Pt1円分
App Store & iTunes ギフトコード→1Pt1円分

引用元:ポイント交換先について

せっかくポイントが貯まっても、使い道に困るようでは意味がありません。どこで何に使えるか、それが自分にとって都合がよいか、事前に確認しておきたいところです。

最大5%ポイント還元も可能

三井住友カードが最もお得に使えるのが、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドで、タッチ決済で支払いを済ませた場合です。
タッチ決済とは、カードを端末にかざすだけで支払いが完了できるサービス。通常(0.5%)+コンビニ・マクドナルド(2%)+タッチ決済(2.5%)=合計5%のポイント還元が受けられます。月1万円の利用で500円分のポイントが貯まる計算です。

VISAでもマスターカードでも利用でき、差し込んで暗証番号を入力したりサインをしたりしなくてよいため、お会計がスムーズです。時間も手間も省きつつお得になりますので、積極的に活用したいところです。
三井住友カードでは、上記のお店以外にも対象のお店から3店選んで0.5%のポイントアップを受けられる仕組みがあります。スターバックスコーヒー、ココカラファイン、ライフ、すき家などから自分がよく利用するお店を選べます。

また、三井住友カード(NL)はVisaタッチ決済やマスターカードのコンタクトレス決済を利用することで還元率が+2.5%となります。

三井住友カード(NL)の優待店の一例
  • セブン-イレブン:ポイント最大+5%
  • ファミリーマート:ポイント最大+5%
  • ローソン:ポイント最大+5%
  • マクドナルド:ポイント最大+5%
  • Amazon:ポイント最大+4%
  • 楽天市場:ポイント+0.5%
  • Yahoo!ショッピング:ポイント+0.5%

条件を満たせば年会費無料になる

クレジットカードのなかには毎年一定の「年会費」がかかるものもあります。 年会費に応じたプレミアムなサービスが得られる場合もありますが、同じサービス内容ならコストは安い方が嬉しいですし、「できるだけお金をかけずにクレジットカードを利用したい」という方もいるでしょう。

通常の三井住友カードの年会費は、インターネット入会なら初年度だけ無料、翌年からは毎年1,375円(税込)かかるのが基本です。

ただし「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料です。NLは冒頭で触れた、「ナンバーレス」タイプであることを意味しています。

通常の三井住友カードであっても、条件を満たせば年会費の割引を受けられたり、年会費無料で利用できる場合があります。

ただし、年会費無料にするための条件には「年1回以上の利用」といった容易なものもあれば、「マイ・ペイすリボをお申し込み+前年1回以上のリボ払い手数料の支払い」や「前年度の利用額が300万円以上」といったハードルの高いものもあるため事前によく確認しましょう。

「ココイコ!」や「ポイントUPモール」でもっとお得に

「ココイコ!」とは、事前に行くお店を登録しておけばポイントアップが受けられる仕組みです。街中のお店でお買い物する際、「ココイコ!」を使っていれば通常よりもポイントが貯まりやすくなってお得です。
たとえば洋服の青山(+1.5%)、大丸・松坂屋(+1%)、紀伊国屋書店(+0.5%)、びっくりドンキー(+0.5%)、カリモク家具(+0.5%)などさまざまなお店が選べます。

「ポイントUPモール」は、このサイトを経由してほかのネット通販を利用したときにお得になる仕組みです。Amazonで最大4%、楽天市場やYahoo!ショッピングで0.5%、さとふる(ふるさと納税サイト)で1.5%など、通常よりも高還元率でポイントを貯めることができます。

三井住友カードポイントUPモールの一例
  • Apple公式サイト:+0.5%
  • 楽天市場:+0.5%
  • Yahoo!ショッピング:+0.5%
  • 一休.com:+0.5%
  • エクスペディア:+3.5%
  • ベルメゾンネット:+1.5%
  • イトーヨーカドーネット通販:+4.5%
  • 成城石井.com:+2.5%
  • Theory公式通販サイト:+2.5%
  • Zoff Onkine Store :+2%

セキュリティ面も安心

三井住友カードは「不正利用が心配」「紛失や盗難が怖い」という方にも選ばれています。
特にNLは、カードに番号が印字されず、他人に読み取られないようになっています。三井住友カードが提供している「Vpassアプリ」を使えば、カードを使用するたびにリアルタイムでプッシュ通知が届くため、万が一不正利用の被害に遭ってもすぐに気付くことができます。

紛失や盗難の際は、24時間365日いつでもつながる電話窓口がありますし、Vpassアプリからカードを停止することもできます。もし不正利用されてしまったとしても、補償してもらえる制度もあります。

業界最高水準の不正利用検知システムを導入。24時間365日、お客さまのカードのモニタリング(不審カード利用チェック)を行っております。万が一の紛失や盗難の際もオペレーターが24時間・年中無休で受付します。

引用元:カードのセキュリティ対策。クレジットカードの三井住友VISAカード

SBI証券と連携!資産運用にも使える

三井住友カードはインターネット専業の証券会社の最大手・SBI証券と提携しています。SBI証券で株や投資信託を購入するとVポイントを貯められます。
投資信託の積立をして三井住友カードで決済すれば、積立額の1%が毎月貯まっていくのでお得に投資でき、つみたてNISAにも対応しています。これから投資を始めたいという方にも役立つでしょう。

三井住友カードの特徴のまとめ
  1. お得な利用環境下で、還元率がアップしやすい
  2. 審査は若干厳しめではあるが、その分セキュリティ面が安心
  3. カード発行のスピードも早く、ポイントの種類や搭載された国際ブランドから、使い勝手がよい

三井住友カードのおすすめカード4選

三井住友カードには、いくつもの種類があります。カードのデザインや年会費、得られる特典などが違いますので、自分に合ったものを選びましょう。ここではおすすめを4つご紹介します。

(1)三井住友カード(NL)

mastercard-mitsuisumitomo-numberless

三井住友カード(NL)は、ナンバーレスのカードで表面にも裏面にもカード番号や有効期限などが記載されていません。専用のアプリ(Vpassアプリ)を使ってカード番号や利用残高の確認ができます。
通常の三井住友カードと違って年会費がかかりませんし、セキュリティ面でも安心なのがメリットです。高校生を除く満18歳以上の方なら申し込めます。

ちなみに、NLは新しいタイプの三井住友カードで、通常の三井住友カードをすでに持っている人が切り替えを申請することもできます。
基本の還元率は0.5%ですが、先述のとおりポイントアップできる仕組みがあります。コンビニやマクドナルドでのタッチ決済なら5%還元と他社カード比べてもグッとお得になります。

三井住友カード(NL)のスペック情報

申し込める人満18歳以上(高校生は除く)※未成年は親権者の同意が必要
年会費永年無料
選べる国際ブランドVISAもしくはMastercard(どちらもタッチ決済可能)
貯まるポイントVポイント
ポイント還元率0.5%~5.0%
家族カード無料で何枚でも追加可能
付帯保険海外旅行傷害保険 最大2,000万円
※旅費を三井住友カードNLで決済していることが条件(引受保険会社:三井住友海上火災保険)
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
三井住友カード(NL)のメリット
  • ナンバーレスで不正利用を防止!
  • 年会費が永年無料
  • コンビニ大手3社やマクドナルドでの利用、タッチ決済の利用、ポイント優待サイト経由のネットショッピング、身近なお店の事前登録などで還元率アップ
  • 最短で審査後5分でカード番号の利用可能
三井住友カード(NL)のデメリット
  • 「Vpassアプリ」のダウンロードが必須
  • プラスチックカードは最短翌日の発行
三井住友カード(NL)が向いているのは
  • はじめてクレジットカードを作る人
  • 年会費のコストを抑えたい人
  • カード番号の不正利用が気になる人

(2)三井住友カード ゴールド

mitsui-numberless-gold

三井住友カード(NL)よりワンランク上のカードです。通常より審査が厳しめで年会費もかかりますが、そのぶん付帯される保険が充実していたり空港ラウンジサービスが利用できたりするなどの特典があります。
NLでは「満18歳以上」が申し込める人の年齢の条件になっていましたが、ゴールドは「満30歳以上」が原則です。

三井住友カードゴールドのスペック情報

申し込める人原則、満30歳以上で本人に安定かつ継続した収入がある人
年会費1万1,000円(条件を満たせば割引あり)
選べる国際ブランドVISAもしくはMastercard(どちらもタッチ決済可能)
貯まるポイントVポイント
ポイント還元率0.5%~5.0%
家族カード1人目は無料、2人目は1,100円
保険・海外・国内の旅行傷害保険 最大5,000万円
(旅費を三井住友カード ゴールドで決済していていなくても補償可能。家族も対象。引受保険会社:三井住友海上火災保険)
・ショッピング補償(お買い物安心保険) 年間で最大300万円
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
特典ゴールド特典(空港ラウンジサービス、ゴールドデスクなど)
三井住友カードゴールドのメリット
  • 国内主要空港ラウンジが無料で利用可能
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯する
  • コンビニ大手3社やマクドナルドの利用でポイント還元率が+2.5%に
三井住友カードゴールドのデメリット
  • 年会費がかかる
  • 通常の還元率は0.5%とそれほど高くない
  • 即日利用(申し込んだその日に利用開始)はできない+2.5%に
三井住友カードゴールドが向いている人
  • 初めてゴールドカードを持つ人
  • 出張など国内での移動が多い人

(3)三井住友カード プラチナプリファード

visa-mitsui-plutinum

プラチナプリファードは、数ある三井住友カードのなかでも特にポイントの貯まりやすさに特化したカードです。ステータス感のあるブラックのカードデザインになっています。
年会費がかかるものの、Vポイントの還元率は常に2倍、特定のお店での利用で最大9%のポイントアップも可能です。

三井住友カード プラチナプリファードのスペック情報

申し込める人原則、満20歳以上で本人に安定かつ継続した収入がある人
年会費3万3,000円
選べる国際ブランドVISA(タッチ決済可能)
貯まるポイントVポイント
ポイント還元率1.0%~9.0%
家族カード無料で追加可能
保険海外・国内の旅行傷害保険 最大5,000万円
(旅費を三井住友カード プラチナプリファードで決済していていなくても補償可能。家族も対象。引受保険会社:三井住友海上火災保険)
ショッピング補償(お買い物安心保険) 年間で最大300万円
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
特典空港ラウンジサービスなど
三井住友カード プラチナプリファードのメリット
  • ポイント還元率が常に1%以上
  • プリファードストア(特約店)の利用で最大10%まで還元率アップ
  • 年間利用額に応じて最大40,000ポイントがもらえる
三井住友カード プラチナプリファードのデメリット
  • 国際ブランドがVISAしか選べない
  • 即日利用(申し込んだその日に利用開始)はできない
三井住友カード プラチナプリファードが向いている人
  • ポイント還元率重視でクレジットカードを選びた人
  • 手軽にプラチナカードを持ちたい人

(4)三井住友カード プラチナ

master-mitsui-platinum

三井住友カードのなかで最も上位にあたるのがプラチナです。年会費は55,000円と高額なうえに審査も厳しいですが、それだけに持っているだけでステータスになりますし充実したサービスも受けられます。

三井住友カード プラチナのスペック情報

申し込める人原則、満30歳以上で本人に安定かつ継続した収入がある人
年会費5万5,000円
選べる国際ブランドVISAもしくはMastercard(どちらもタッチ決済可能)
貯まるポイントVポイント
ポイント還元率0.5%~2.0%
家族カード無料で追加可能
保険海外・国内の旅行傷害保険 最大1億円
(旅費を三井住友カード プラチナで決済していていなくても補償可能。家族会員も対象。引受保険会社:三井住友海上火災保険)
航空便遅延保険 最大4万円
ショッピング補償(お買い物安心保険) 最大500万円
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
特典空港ラウンジサービス、コンシェルジュサービス、選べるプレゼントなど
三井住友カード プラチナのメリット
  • 旅行時、記念日、ゴルフ場利用時などに役立つプレミアムなサービス
  • カードデザインが2種類から選べる
三井住友カード プラチナのデメリット
  • 年会費がかかる
  • 還元率はそこまで高くない
  • 即日利用(申し込んだその日に利用開始)はできない
三井住友カード プラチナが向いているのは
  • はプラチナカードのステータスが欲しい人
  • お買い物だけでなく旅行やレストランの手配など最上級のサービスを利用したい人

ここで挙げた4種類のほか、学生限定の三井住友カード、18歳~25歳までの方限定の「三井住友カードデビュープラス」、中国への旅行や出張が多い方に便利な「三井住友銀聯カード」などもあります。

三井住友カードの評判・口コミを紹介!

MY BEST CHOICE編集部が調査した、三井住友カードの実際のユーザーからの評判を紹介します。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)はナンバーレスでセキュリティ面が安心という評判や、ポイント還元率の高さが魅力という評判が多くの方から集まりました。

三井住友カード(NL)の基本還元率は0.5%ですが、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社とマクドナルドで利用すると還元率が最大5%にアップします。コンビニを頻繁に利用する方にはおすすめの1枚です。

実際の口コミの一例

女性アイコン

40代・女性
クレジットカードにカードナンバーの記載がないので、他の人にナンバーを見られる心配がなくセキュリティー面で安心して利用できます。全国の大手コンビニエンスストアやマクドナルドでの利用では最大5%のポイントが付与されるので、日常使いでざくざくポイントがたまっていくし年会費は永年無料なのでサブカードとしてもおすすめです

男性アイコン

40代・男性
このクレジットカードは三井住友ブランドであるのでセキュリティが高くなっていますが、さらにこのカードにはカード番号がかかれていませんので実店舗で使用する場合に第三者に盗み見される心配がいらないため安心して利用できています。これがもっとも優れていて満足しているところです。それと年会費も無料であり、特定店舗で使えば通常のポイント還元率に関しては低いですが特定店舗で使うことでポイント還元率がアップします。

男性アイコン

30代・男性
まず、最初に注目したいのはナンバーレスであることの安心感です。これによって、カードを利用されたとしても、番号を見せることなく決済できるのが強みです。それともう一つが、ポイントの高さで、初年度100万円さえクリアすれば、翌年間からは年間手数料が永年無料になり、またそれ以降、毎年10000ポイントが加算されるので、大変満足しています。

男性アイコン

30代・男性
今回このカードを利用して思ったことですがやはり何と言っても様々な場面で便利で有効的にカードを使用できるといったところです。ポイント還元等の期間もあるためそういった時期を狙ってこのカードを使用するとポイントが還元をされたりします。そのため使い方によってはとてもお得にお買い物や各種サービスを利用することができるため非常に使い勝手の良いカードとなっております。

男性アイコン

40代・男性
コンビニやマクドナルドでの利用時にポイントの還元率が高いという点です。日ごろの買い物でポイントがつきやすいというのは、カードでの支払いをメインにしている人にとってはメリットを感じやすいでしょう。タッチ決済でさらに2.5%の還元があるのも、口コミで人気になった理由と言えます。三井住友カード(NL)は、セブンイレブンなどのコンビニで利用すると、還元率が大幅アップします。

三井住友カード ゴールド

三井住友カードゴールドはステータスカードらしく付帯サービスが充実しているという評判が多くの方から集まりました。

三井住友カードゴールドの会員は、成田国際空港や羽田空港、関西国際空港などの国内主要空港のラウンジを無料で使うことができるほか、ホテルの宿泊予約サービスが利用できます。付帯サービスを重視したい方にはおすすめの1枚です。

実際の口コミの一例

男性アイコン

20代・男性
空港のラウンジを無料で利用できたり、いろんなサービスが用意されているのですが、その中でも一流の宿泊施設を利用できるのがとても魅力的に感じました。それだけでなく、割引サービスも同時に付いてくるので、旅行の際には大活躍すると思います。デメリットとしましては、ポイント還元率がかなり低く、ポイントを稼ぐことには向いていません。

男性アイコン

40代・男性
国内旅行から海外旅行まで幅広く旅行に行く機会が多い方には非常にメリットのあるカードです。旅行費用を三井住友カードゴールドで支払うことで万が一、死亡または後遺障害が残った場合において旅行傷害保険があるので安心できます。また、三井住友カードゴールドを持っているだけで国内の主要空港とハワイ・ホノルル空港等の空港ラウンジにて無料で利用することが出来ますのでソフトドリンクを無料で飲むことも可能となります。

女性アイコン

40代・女性
Vポイントは、月々の利用代金からの還元以外にも、三井住友ビザカードホームページ「ポイントアップモール」を経由してオンラインショッピングをすることでも貯めることができます。ショップ数は百貨店・ネットスーパー・衣料品など幅広く、実店舗よりもオンラインショップでの利用を増やすよう意識して購入すると貯めやすいです。また、ゴールド会員向けに通常よりポイントアップされたショップもあるのでオススメです。

男性アイコン

30代・男性
国内用に使っています。このカード自体は大きな買い物のときしか使いませんが、メリットはいろんなカードに派生できることです。自分はこのカードからID、ETC、最近はナンバーレスカードを作りました。NLは最近できたばかりですが、ポイントの還元率が凄まじく、初年度だけ条件をクリアすれば翌年以降毎年10000ポイント入るのでかなりお得です。IDはPayPayなどと併用してコンビニなどで使っています。

女性アイコン

20代・女性
このカードを持っていれば国内主要空港の空港ラウンジが無料で利用できる上、最高2,000万円の国内外の旅行傷害保険と最高300万円まで補償してくれるショッピング保険が付帯されていることに大満足しています。私自身国内外問わず旅行をすることが好きなので、保険の準備を改めてする必要もなく空港では満足に過ごせるこれらのサービスがかなり役立っています。旅行好きに特にお勧めしたいです。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファードはポイント還元率が高いという評判が多くの方から集まりました。

三井住友カード プラチナプリファードの基本還元率は1%ですが、「プリファードストア」と呼ばれる優待ショップ利用時に、還元率が最大10%にまでアップします。プリファードストアには、一休.comやExpediaなどの宿泊サイトや、大丸松坂屋や阪急百貨店などの百貨店など、多くのお店が入店しています。

実際の口コミの一例

男性アイコン

20代・男性
通常の還元率が1%となっており、それに加えてポイント特典が付いてくるので、それらを合計するとかなり多くのポイントを得ることができます。年会費はあるのですが、サービスの恩恵を受けることができれば十分に元を取ることができますし、得をすることもできます。デメリットとしましては、それなりにカードを利用しなければ恩恵を受けられないことです。

男性アイコン

30代・男性
私が、三井住友カード プラチナプリファードで素晴らしいと思えた内容としましては、新規入会特典で、40000ポイントが付与されると言うことでした。それだけではなく、券面デザインが非常にモダンで上質のある2枚の中から選択することができましたので、スタイリッシュかつ、偽造防止のホログラムロゴが施されている点は素晴らしいと思えました。

男性アイコン

40代・男性
大手コンビニなど利用できる店舗は数多く、最大10%のポイント還元率も高い水準と言えます。航空券やホテルでの予約案内など、旅行に関する様々なサポートが24時間365日の体制で受けられるのも安心感につながります。その他、国内の空港ラウンジが無料で利用できる点も大きなメリットですが、年会費33,000円は少々高めに感じられます。

男性アイコン

40代・男性
「三井住友カード プラチナプリファード」には、外貨でショッピングをした際の利用特典もあります。海外でカードを使用すると、100円(日本円換算)ごとに2ポイントが付与されます。つまりポイント還元率が+2%となります。キャッシュバックのポイントと合わせると、4%もの還元率となります。海外旅行などの際に利用するカードとしては最適でしょう。

三井住友カードの発行までの流れ

三井住友カードを利用したいと思ったらどうすればいいのか、手順を解説します。

ステップ1:申し込み

まずは申し込み手続きをします。手元のスマホやパソコンからオンラインで済ませられます。NLの場合は「通常発行」と「即時発行」のどちらかを選べますので、急ぐときは「即時発行」にしましょう。
画面上で求められるとおりに、住所や氏名などの個人情報を入力していきます。

ステップ2:支払い口座設定

クレジットカードは、1ヵ月の利用分をまとめて口座から引き落とす仕組みです。引き落としに使う銀行口座の設定が必要になるため、通帳やキャッシュカードなど口座番号がわかるものを用意しておくとスムーズに手続きできます。

ステップ3:入会審査~カード発行

申し込み手続きが済んだら、カード会社側で審査が行われます。審査に通過できたらメールなどで連絡があります。NLの即時発行なら5分~10分程度、通常でも最短なら当日中に結果がわかります。
NLの即時発行のみ、審査結果がわかったあとに電話による認証が必要です。電話は9:00~19:30までですので、それ以外の時間に申し込んだ場合は少し時間がかかります。

ステップ4:カード受け取り・利用開始

通常は、申し込み時に記入した自宅住所あてに1週間程度でカードが送られてきます。転送されない簡易書留で届くため、住所は最新のものを確実に入力してきちんと受け取れるようにしておきましょう。
カードが届けば、あとはクレジットカードが利用できるお店のレジで提示するか、ネット通販の支払い情報欄にカード番号などを入力すれば支払いができます。

NLの即時発行ならカード到着前にVpassアプリでカード番号を確認できるため、発行が完了次第からネット通販などに利用可能です。

VpassアプリはNL以外の三井住友カードを使っている方でも利用できます。利用額や保有ポイント数を確認したり、家計管理機能を使ったりできますので、カードが届いたタイミングでダウンロードしておくと便利です。

三井住友カードでキャッシュレスライフを楽しもう

三井住友カードは知名度だけでなく、安心してお得に使えるサービスが充実しているのでクレジットカード初心者にも選ばれています。種類も多いので、自分に合うカードを見つけやすいでしょう。
アプリや電子マネーとの連携もスムーズにできますので、1枚でも持っていれば快適なキャッシュレス生活を送れるはずです。うまく使ってお得に快適にお買い物しましょう。

カード発行会社概要

カード発行会社 三井住友カード
所在地〒135-0061
東京都江東区豊洲2丁目2−31 SMBC豊洲ビル
設立年月日1967年12月26日
電話番号03-3459-4800
会社概要https://www.smbc-card.com/index.jsp
出典元:三井住友カード公式サイト

「三井住友カード」の特徴についてのよくある質問

三井住友カードはどのように選べばよい?
クレジットカードを使うユーザーによってポイント利用率や利用シーンが異なるため一概には言えませんが、わかりやすいのは年代別で判断することです。
満18歳以上なら、年会費永年無料で香ポイント還元率の三井住友カード(NL)、満25歳までなら18〜25歳限定の三井住友カードデビュープラス、満30歳以上なら旅行保険が手厚く、空港ラウンジを利用できる三井住友カードゴールドがおすすめです。
三井住友カードの国際ブランドは?
三井住友カードはカードによって選択できる国際ブランドが違います。三井住友カードVisaカードはVisa,三井住友カード(NL)や三井住友カードゴールドなどはMastercardを選ぶことができます。
また、三井住友カードデビュープラスや三井住友カードプラチナ リファードはVisaが選べます。
三井住友カードはどのくらいのスピードで発行できますか?
三井住友カードは、申し込んでから利用できるようになるまでのスピードが速いのも特徴です。
通常のカードは最短で翌営業日、審査に時間のかかる「プラチナプリファード」や「プラチナ」でも最短3営業日、「NL」なら最短5分で発行できてカードが到着する前から利用開始できます。