JCBカードW plus Lの評判は…?カードの特徴から、おすすめの人も紹介
(画像=Rido/stock.adobe.com)

キャッシュレス生活の波が到来し、今や生活必需品となったクレジットカード。せっかく作るなら、自分のライフスタイルにあった使いやすくお得なものを選びたいですよね。

クレジットカードには年会費無料、ポイントの貯めやすさ、ネットショッピングに強いなどさまざまな特徴がありますが、女性向けのクレジットカードがあることをご存知でしょうか?

この記事では、女性向けクレジットカードとして高い評価を得ている「 JCBカードW plus L」についてご紹介しますので、ぜひクレジットカードを選ぶ際の参考にしてみてください。

目次

  1. JCBカードW plus Lはどんなカード?
  2. JCBカードW plus Lの3つの特徴
  3. JCBカードW plus Lの評判・口コミを紹介!
  4. JCBカードW plus Lのメリット
  5. JCBカードW plus Lにデメリットはある?
  6. JCBカードW plus Lがおすすめの人
  7. JCBカードWとの違い
  8. JCBカードW plus Lを発行する方法
  9. JCBカードW plus Lの審査難易度は?
  10. 自分磨きにも最適な1枚。JCBカードW plus Lを検討しよう
  11. カード発行会社概要
  12. JCBカードW plus Lに関するよくある質問
  13. 記事に登場した専門家のプロフィール
新井智美

この記事に登場する専門家

新井智美

トータルマネーコンサルタント。
個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他、資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

JCBカードW plus Lはどんなカード?

・JCBカードW plus Lの基本スペック

入会対象 18~39歳
※39歳までのご入会で40歳以降も無料でご利用可能!
年会費 永年無料
国際ブランド JCB
還元率 1.00%~10.0%
スマホ決済 ApplePay /GooglePay
電子マネー QUICPay
交換可能マイル ANA/JAL/スカイ
付帯保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円
追加カード ETCカード(無料)
家族カード(無料)
QUICPay

JCBカードW plus Lは国内唯一の国際ブランド、JCBが発行するカードのひとつで、18歳から39歳の人が入会できます。2017年に女性向けクレジットカードとしてデビューし、美容に関するサービスを優待価格で受けられたり、女性特有の疾病をカバーしてくれる保険に手頃な掛け金で入れたりするなど、女性のライフスタイルをサポートするうれしい特典が満載のカードとなっています。

ポイント還元率がほかのカードと比べて高水準であることも特徴で、年会費無料のため維持費がかからないのもうれしいポイント。39歳までに申し込めば、40歳からでも年会費は無料です。Amazonでの決済方法に設定するとポイントが貯めやすいこともあり、2020年には全国のママ&パパが使いやすいサービスを選ぶ「MAMADAYS総選挙」の「お金部門」で最優秀賞を獲得した実力派です。

では、 JCBカードW plus Lの魅力をじっくりと解説していきましょう。

JCBカードW plus Lの3つの特徴

JCBカードWplusL,魅力
(画像=編集部作成)
JCB WplusL_abstract.png
(画像=PIXTA)

JCBカードW plus Lの特徴は、大きく3つ存在します。ポイント還元率、女性向け特典、セキュリティです。それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

JCBカードW plus Lの特徴
  1. 高いポイント還元率。最大20倍のポイントも狙える
  2. 保険や美容に関する付帯サービスなど女性向け特典が充実
  3. セキュリティ面も万全

特徴1:高いポイント還元率。最大20倍のポイントも狙える

JCBカードW plus Lには「Oki Dokiポイント」が付与されます。ほかのJCBクレジットカードは通常ポイント還元率が0.5%のところ、 JCBカードW plus Lは1%と、2倍の高い還元率を誇ります。また、「JCBオリジナルシリーズパートナーズ」に参加しているポイント優待店でカード決済すると、ポイントが最大10倍に。高還元率の優待店一例を紹介します。

セブンイレブン:店舗で買い物のうえ、カード決済でポイント3倍
スターバックス:スターバックスカードへのオンライン入金でポイント10倍

このように、普段使いしやすいショップがラインナップされています。1回の支払いではなく1ヶ月の利用額の合計で確定するので、コンビニやスタバで少額しか使わない場合でも貯めやすくなっています。ほかにもメルカリ、マクドナルド、タイムズパーキング、ビックカメラなどでもポイントが倍数で付与されるので、よく利用するショップやサービスがあるか「JCBオリジナルシリーズパートナーズ」でチェックしてみると良いでしょう。

さらに、ポイント優待サイト「Oki Dokiランド」を経由してネットショッピングをすると、最大20倍のポイントを狙えるチャンスも!

ポイント優待サイト経由のお買い物が、ポイント最大20倍!

引用元:高いポイント還元率、年会費無料のJCB カード W!

コスメブランドのロクシタンやドクターシーラボをはじめ、ベルメゾン、ユナイテッドアローズ、ベビーザらスなど幅広いブランドが参加しており、お得にお買い物ができます。

貯めたポイントは「MyJCB」からダイソンのクリーナー、加湿空気清浄機、美顔ローラーなどの生活をランクアップさせるアイテムと交換できるほか、Amazonやスターバックスカードにもチャージ可能。AmazonでOki Dokiポイントを利用すると1ポイントが3.5円相当として使え、キャッシュバックでもカード支払いに1ポイント3円で充当できます。スタバカードへのチャージなら、1ポイントが4円相当で充当できるなど、貯めてお得、使ってお得なポイントプログラムです。

特徴2:保険や美容に関する付帯サービスなど女性向け特典が充実

JCBカードW plus Lに入会すると、手頃な月額保険料で女性疾病保険に入会できます。保険料は年齢に応じて変わりますが、20 代なら290〜540円、30代なら670〜710円、40代でも890円までと、とてもリーズナブル。乳がんや子宮がん、子宮筋腫、妊娠時の合併症など、女性特有の病気で入院(日帰り入院含む)・手術した場合を中心にさまざまな病気による費用をカバーしてくれます。

女性特有の疾病にかかる入院費や手術費などを、リーズナブルな保険料で手厚くサポートします。

引用元:女性疾病保険

数あるJCBカードの中でも、特に女性向けの付帯サービスや特典が充実しているJCBカードW plus L。@cosmeやNail Quickなど、女性のキレイをサポートしてくれるサービスを優待価格で利用できます。

毎月の「LINDAの日」(10日・30日)には、2,000円分のJCBギフトカードが抽選で当たるルーレットが引けるなどお楽しみ企画も満載です。インスタグラム(@jcb_linda_wl)で会員限定のお得な最新情報をいち早く配信しており、フォロワー限定のプレゼント抽選もあります。

専門家のコメント

特徴3:セキュリティ面も万全

JCBカードW plus Lはセキュリティ面も万全です。24時間365日体制で不審なカード利用がないかをチェックし、インターネットショッピングで決済を行う際は、必ず本人確認を行うことで不正利用を防いでいます。

本人認証サービス「J/Secure™」
インターネットショッピング利用時に本人認証を行い、不正利用を防止します。
不正検知システム
24時間365日体制で不審なカード利用がないかチェックしています。不審な利用を検知した際は、カードの利用が一時停止されます。本人確認にご協力ください。

引用元:セキュリティー|クレジットカードならJCB

カードの紛失や盗難にあった場合でも、利用停止を会員専用Webサービス「MyJCB」、または24時間体制の電話対応で受け付け。万が一カードが不正利用された場合は届け日から60日前までさかのぼった損害額をJCBが補償してくれます。

Apple Pay、Google Payにも対応しているので、スマートフォン決済を活用すればスキミングや番号流出のリスクも防ぐことができます。

JCBカードW plus Lの評判・口コミを紹介!

JCBカードWplusL,評判
(画像=編集部作成)

MY BEST CHOICE編集部が調査した、JCBカードW plus Lの実際のユーザーからの評判を紹介します。

JCBカードW plus Lの主な評判
  1. 女性向け特典が豊富
  2. ポイント還元率が高い

女性向け特典が豊富

JCBカードW plus Lは女性向け特典が豊富との評判が多くの方から集まりました。

JCBカードW plus Lは女性にターゲットを絞ったカードで、@cosmeやネイルクイックなどの女性向けショップで優待サービスを利用できます。

そのほかにも、子宮がんなどの女性疾病に備える保険に月100円程度の手頃な価格で申し込みが可能など、女性に嬉しいサービスが盛り沢山です。

実際の口コミの一例

女性アイコン

20代・女性
JCBカードW+Lは、年会費が無料でかつ高い還元率が魅力的です。さらにネイルサロンの割引やエステの無料体験等、女性にとって嬉しい優待やプレゼントが豊富なのも素晴らしいです。また、子宮がんや卵巣がん等、女性特有の病気に対する保険にも加入でき、女性のためだけに用意されたクレジットカードだと言えると思います。

女性アイコン

20代・女性
まず、カードのデザインがとてもかわいらしく、持っているとうれしいです。女性向けのサービスの充実も充実しており、化粧品などの美容品を購入するとポイントがどんどん貯まりますし、優待券も展開されています。女性特有の疾病に対する保険が揃っているのも特色です。

女性アイコン

30代・女性
39歳までしか入会する資格はありませんが、JCBの一般クレジットカードの2倍のポイントが貯まるので、通常の買い物に利用していくとざくざくポイントが貯まっていきます。また女性特有の疾患をカバーできる保険にお得な保険料で加入することもでき、年会費無料なのでサブカードとしても持っていると便利なクレジットカードです。

ポイント還元率が高い

JCBカードW plus Lはポイント還元率が高くてお得と好評です。

JCBカードW plus Lの基本還元率は1.0%です。JCB一般カードの還元率0.5%と比較すると、2倍のポイント還元率です。

さらに、Amaozonやセブンイレブン、スターバックスなどの優待店で利用すると、還元率が最大10倍までアップします

実際の口コミの一例

女性アイコン

20代・女性
通常カードの場合であれば、200円につき1ポイント貯まるポイント制度になっているのですが、このカードを利用すれば100円につき1ポイントという2倍になっている点で大満足しています。また、保険制度が充実しています。通常の疾病だけでなく女性特有の疾病による入院や手術費用を補償する女性疾病保険に、手頃な掛け金で加入することが可能となっていて、かなり女性にとって嬉しいカードです。

女性アイコン

30代・女性
スターバックス、セブンイレブン、Amazonなどよく使うお店でのポイントが高いです。年会費が無料なので光熱費や、スマホ決済など必要経費を落としたりするのに、ずっと使っていても損はなくポイントが溜まるのでお得だと思います。溜まったポイントは、欲しい商品に交換やカードの支払い分にも使えてとても便利です。

女性アイコン

30代・女性
初めてクレジットカードを持ちました。今まで使いすぎ防止になると思い、プリペイドカードのみを利用していましたが、なにかと不便だと思い作成しました。申請してからすぐにカードが届き、自分で管理しながら使っておりましたが、ポイント還元率がとても良く、今では現金で払うのがとてももったいない気がして500円以上はすべてカードで払っています。大満足です!

JCBカードW plus Lのメリット

JCBカードWplusL,メリット
(画像=編集部作成)

JCBカードW plus Lのメリットは以下の3点です。それぞれ詳しく解説します。

JCBカードW plus Lの主なメリット
  • ポイントが通常のJCBカードの2倍貯まる
  • Amazonやスタバ、セブンイレブンなど利用する機会の多いショップが優待店になっている
  • 女性向けのサービスが充実している

ポイントが通常のJCBカードの2倍貯まる

JCBカードW plus Lは通常のJCBカードと比較して、Oki Dokiポイント還元率が常に2倍の1.0%です。使用方法も以下の通り幅広いため、生活の中のあらゆる場面で利用できます。

Oki Dokiポイントの使い道
  • 支払い金額への充当
  • 商品と交換

Oki Dokiポイントをカードの支払いに充てる場合は1ポイント=3円で利用可能です。交換可能な商品も豊富で、家電や食品、レジャーなどの種類があります。

Amazonやスタバ、セブンイレブンなど利用する機会の多いショップが優待店になっている

JCBカードW plus Lを提携しているパートナー企業で利用すると、お得な優待サービスを受けられます。パートナー企業の一部は以下の通りです。

JCBのパートナー企業(一部)
  • スターバックス:ポイント10倍(5.0%還元)
  • セブン・イレブン:ポイント3倍:(1.5%還元)
  • Amazon:最大ポイント9倍(4.5%還元)

提携する企業や店舗でJCBカードW plus Lを利用すると、最大で10倍のポイントが貯まります。また、店舗でポイントを利用し、お得に買い物することも可能です。

Amazonでポイントを利用するためには「パートナーポイントプログラム」へ登録する必要があります。ただし、JCBカードW plus Lを使ってAmazonで買い物すれば自動的に登録できるので、手続きも簡単です。

2019年2月より、Oki Dokiポイントプログラム対象カードを使ってAmazon.co.jpでお買い物いただくと、後日、自動的にパートナーポイントプログラムに登録となるサービスを開始しました。

引用元:JCBカード公式サイト

JCBカードW plus Lは身近な企業や店舗と多く提携しているので、積極的に活用できるでしょう。

女性向けのサービスが充実している

JCBカードW plus Lでは、女性向けのサービスが充実しています。中でも注目すべきは以下の2つです。

注目の女性向けサービス
  • BLOOMBOX
  • GREEN SPOON

BLOOMBOXは、ビューティー企業のアットコスメによるコスメの定期便サービスです。月額1650円で利用可能ですが、クーポンを利用すれば初月は550円で利用できます。コスメ商品をお試しサイズで使えるので、自分に合ったものを気軽に探せるでしょう。

また、GREEN SPOONは健康維持のための食材を定期的に自宅に届けてくれるサービスです。200種類以上の食材からひとりひとりに合うものを厳選してもらえるので、今の身体に必要な栄養素が気軽にとれるでしょう。

JCBカードW plus Lにデメリットはある?

JCBカードWplusL,デメリット
(画像=編集部作成)

JCBカードW plus Lは、非常に優秀なカードですが、いくつかのデメリットも存在します。カード選びの際は必ず押さえて置きましょう。

デメリット1:年齢制限が18歳から39歳まで

JCBカードW plus Lに入会するには、18歳から39歳までと年齢制限が設けられています。一般的なクレジットカードの入会条件にも年齢制限がありますが、多くのクレジットカード発行会社は高校生を除く18歳から65〜70歳までと決めているようです。入会できる年齢が39歳までに限られていることは、デメリットのひとつと言えるでしょう。

デメリット2:カードブランドがJCBのみ

JCBカードW plus Lは、JCB以外のブランド(VISA、MasterCardなど)が選択できません。JCBカードは国内外の3,600万店で使うことができますが、VISAやMasterCardほど使える範囲が広くないということを頭に入れておきましょう。

デメリット3:国内保険が付帯していない

JCBカードW plus Lには、最高2,000万円まで補償される旅行傷害保険と最大100万円まで補償されるショッピングガード保険がついていますが、補償対象は海外旅行のみ。国内での旅行やショッピングには適用されません。海外に行く機会が少なくクレジットカードの利用が主に国内のみとなる人には、付帯保険としては少し物足りなさを感じるかもしれません。ほか、JCBカードW plus Lはカードの利用額に応じてボーナスポイントが付与されるメンバーランク制度「JCB STAR MEMBERS」の対象外となります。

JCBカードW plus Lがおすすめの人

JCBカードWplusL,おすすめ
(画像=編集部作成)

メリットとデメリットを考えると、JCBカード W plus Lは次のような方におすすめのカードと言えます。

JCBカードW plus Lがおすすめの人
  • 美容、健康意識の高い人
  • ネットショッピングの利用が多い人
  • コンビニ、スタバの利用が多い人

美容、健康意識の高い人

ここまでを総括すると、JCBカードW plus Lへの入会がおすすめの人は、美容やファッションへの意識が高く、それに関する優待や特典の充実をお求めの若い女性です。

JCBはJCBカードW plus L会員向けに、ファッション、美容、グルメ、エンタメに関する優待情報を特設サイト「LINDA」で発信しています。コスメ情報サイトの@コスメが提供する詰め合せボックス「コスメ定期便」が初月1,100円オフで利用できたり、ホテル椿山荘東京とロクシタンのコラボイベントが期間限定の優待価格で利用できたりするなど、自分磨きにも役立つ優待が盛りだくさん。

女性特有の疾病や妊娠時の合併症に備える保険にも、40代まで月々1,000円以下と手頃な掛け金で加入できますので、出産を考えている・健康リスクに備えたいという女性にも強い味方になってくれるでしょう。

ネットショッピングの利用が多い人

ネットショッピングに関するポイント優待が多いため、コスメやファッション系のアイテムをネットで購入するという方にもおすすめです。特にJCBはAmazonとのキャンペーンに積極的なため、Amazon利用者ならぜひ持っておきたい1枚です。

コンビニ、スタバの利用が多い人

コンビニやスタバを利用することが多い方にもおすすめです。スタバカードへオンラインチャージするとポイントが10倍付与されるうえ、貯まったポイントは1ポイント4円でチャージに利用できるという好循環。Google PayやApple PayにJCBカードW plus Lを設定しておけば、急ぎの時でも瞬時に決済できてとてもスマートです。身近な場面で強みを存分に発揮してくれるのが、JCBカードW plus Lです。

JCBカードWとの違い

JCBカードWplusL,違い
(画像=編集部作成)

ここからはJCBカードW plus LとJCBカードWの違いを解説します。

2つはよく似た名称ですが、補償内容などが違うので、自分に合ったカードを選びましょう。両カードの違いは以下の通りです。

JCB カード W plus LとJCBカードWの違い
  • カードデザインの違い
  • 限定特典の違い

1.カードデザインの違い

JCB カード W plus LとJCBカードWの大きな違いのひとつが、カードデザインと言えます。JCBカードW plus Lは、華やかさを感じさせるピンクと花柄を基調としたデザインが特徴です。

それに対して、JCBカードWは青を基調としたシンプルなデザインです。より華やかなデザインのカードを利用したい人には、JCBカードW plus Lがおすすめだといえます。

2.限定特典の違い

JCBカードW plus Lには、JCBカードWにはない下記5つの限定特典があります。それぞれについて詳しく解説します。

JCBカードW plus Lの限定特典
  • LINDAリーグ
  • MyJCB Express News for LINDA
  • cinema LINDA
  • LINDAの日
  • 女性疾病保険

LINDAリーグ

LINDAリーグは、JCBカードW plus Lの協賛企業から優待や割引特典などを受けられるサービスです。以下のように、ビューティーやファッションなど女性向けの企業と多く提携しています。

LINDAリーグの提携企業
  • ビューティ:ワタシプラス、ネイルクイック、@cosme、ロクシタン
  • ファッション:.st(ドットエスティ)、BUYMA、ABISTE、Laxus
  • グルメ:GREEN SPOON、一休.comレストラン、スターバックス、ディアーズ・ブレイン
  • エンタメ:ソラシドエア、JCBトラベル、一休.com、プリンスホテル、ワタベウェディング、藤田観光、カタール航空

日々の暮らしを豊かにする特典が満載なので、ぜひ積極的に利用してみてください。

MyJCB Express News for LINDA

MyJCB Express News for LINDAは、LINDAリーグのお得な情報をいち早く受け取れるメールマガジンです。最新の情報がわかるので、特典を最大限活用できるでしょう。

利用の際は、会員専用のWEBサービス「My JCB」に登録し「おしらせメール」の配信を希望することで手続きが完了します。情報を自分で逐一チェックする手間が省けるので、ぜひ利用してみてください。

メールマガジン「MyJCB Express News for LINDA」で、LINDAリーグ優待情報や会員限定優待など盛りだくさんの情報をお届けします!

引用元:JCB LINDA公式サイト

cinema LINDA

cinemaLINDAは、抽選で映画鑑賞券がもらえるサービスです。指定の期間中にJCB LINDAまたはJCBカードW plus Lを税込2万円以上利用した人が応募できます。

全国のTOHOシネマズで利用できる 映画鑑賞券 20組40名様にプレゼント

引用元:JCB LINDA公式サイト

当たった映画鑑賞券は全国のTOHOシネマズで利用可能です。抽選応募は無料なので、映画好きはぜひ活用したいおすすめのサービスです。

LINDAの日

LINDAの日は毎月10日と30日に行われ、2000円分のJCBギフトカードが毎回25人に当たる抽選に参加できます。JCBギフトカードは全国100万以上ある取扱店で使えるので、当選すれば日頃の買い物がお得になるでしょう。

毎月2回の運試し!あたりが出れば「JCBギフトカード(2,000円分)」をプレゼント!

引用元:JCB LINDA公式サイト

なお、抽選は公式ホームページ上のルーレットで行われ、ゲーム感覚で気軽に参加できます。JCBカードW plus Lを持っていれば誰でも無料で利用できるので、積極的に利用しましょう。

女性疾病保険

女性疾病保険は通常の疾患に加え、女性特有の疾患にも手厚く補償する保険制度です。JCBカードW plus Lの利用者限定サービスで、加入すれば以下のメリットがあります。

女性疾病保険のメリット
  • 乳がんや子宮がんなど、女性特有の疾病を手厚くサポート
  • 入院、手術時の給付金を最長180日、通算1000日までサポート
  • 日帰り、短期入院でも1日目からサポート

満18歳から満69歳まで利用でき、保険料は年齢に応じて毎月290〜2780円です。加入すれば、万が一のときにも備えられるので安心でしょう。

JCBカードW plus Lを発行する方法

JCBカードW plus Lの申し込み方法は、オンライン申し込みのみです。公式HPから同意規約・規定に同意すれば、入力に進むことができます。カードとひもづける口座情報など必要情報を入力し、審査に通過すればカード発行となります。申し込みから自宅にカードが届くまでは、1週間を目安と考えておけば良いでしょう。

オンライン申し込みのメリットとして、本人確認書類の提示が必要ないことが挙げられます。従来は運転免許証やパスポートなどの写真付きの本人確認書類が必要でしたが、普通免許が必要なく海外へも行く機会がない人にとっては、本人確認自体がハードルとなる場合もありました。オンライン申し込みであればインターネットで口座設定することで、本人確認を完了することができます。

オンライン申し込み時に運転免許証番号を入力し、カードの配達時に運転免許証を提示して本人確認完了とする申し込み方法もありますが、よりスムーズなのはオンラインでの口座設定です。

JCBカードW plus Lの審査難易度は?

amex_hoken.png
(画像=amex_hoken.png)

JCBは、クレジットカードを発行するにあたっての審査基準を公表していません。申し込みが可能な人の条件は、以下のように設定されています。

18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
一部、お申し込みになれない学校があります。

一般的に審査の際に重視されるのは、①申込者に支払い能力がある ②過去に債務整理を受けたことがない ③申し込み内容に虚偽がない という点です。

①に関しては、申込者に安定した収入があれば問題ありません。大学生や専門学校生、主婦であっても、家族に安定した収入があれば通りやすくなります。 ②では、審査の過程で過払い金請求や自己破産などの債務整理を受けたことがないかをチェックしますが、仮に履歴が認められた場合、審査に通るのは難しいと言えます。過去にクレジットカードの支払いが滞ったことがある場合も同様です。 ③は、年齢や住所などの本人情報を偽ることは絶対にあってはならないことですが、間違えたとしても審査に通りにくくなるため、入力情報をよく見直してから申し込みまで進むようにしましょう。

自分磨きにも最適な1枚。JCBカードW plus Lを検討しよう

ここまでJCBカードW plus Lについてご紹介してきましたが、“しっかり貯める”と“便利に使う”が両立できるカードということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

女性のキレイをサポートする優待や特典が充実しているので、もともとファッションや美容に興味がある人はもちろん、これから意識を高め自分磨きをしていきたいという学生や社会人の女性にもぴったりです。優待サイト「LINDA」には、有名ホテルや特別な日に使える高級レストランなどの優待情報が数多く掲載されているので、JCBカードW plus Lが未知の体験へのパスポートにもなるでしょう。

JCBカードW plus Lに興味を持たれた方は、ぜひクレジットカードを作る際の候補のひとつとして検討してみてくださいね。

カード発行会社概要

カード発行会社株式会社ジェーシービー
所在地〒107-8686
東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立年月日1961年1月25日
電話番号0422-76-1700
会社概要https://www.jcb.co.jp/
出典元:JCBカード公式サイト

JCBカードW plus Lに関するよくある質問

JCBカードの特徴は??
JCBカードの最大の特徴としてはポイントが非常に貯めやすい点です。専用のポイント優待サイト「Oki Dokiランド」でネットショッピングやレストランの予約、旅行の予約などをすることで最大20倍のポイントを貯めることができます。
国際ブランドとは?
国際ブランドとは、世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことを指します。世界5大ブランドとしてJCB、VISA、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、Diners Clubがあります。
JCBカードW plus LとJCBカードWの違いは?
JCBカードW plus LはJCBカードW の還元率や年会費、その他の付帯保険のスペックに加えて女性向けのサービスが豊富に付帯されたカードになります。
具体的には、毎月2回あるLINDAの日にあたりが出ると2,000円分のJCBギフトカードのプレゼントや女性のための保健サポートの充実などがあります。

記事に登場した専門家のプロフィール

新井智美

トータルマネーコンサルタント

新井智美

福岡大学法学部法律学科卒業。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他、資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。また、個人事業主の法人化における手続きアドバイス等も行う。

■公式サイト:新井智美オフィシャルウェブサイト|トータルマネーコンサルタント
■保有資格:
CFP®資格認定者
一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)日本FP協会
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定
・証券外務員