Top
ニュースリリース

【ビジネス×アート】企業におけるアートの役割をテーマに「AIR in Hamee 2019 シンポジウム」を開催

Hamee(ハミィ)株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口敦士、以下Hamee)と女子美術大学(東京都杉並区、学長:小倉文子)は、2020年1月15日(水)、「企業に於けるアートの役割を考える」をテーマに「AIR in Hamee 2019 シンポジウム」をHamee本社にて開催いたします。

■AIR in Hameeとは

Visionに「クリエイティブ魂に火をつける」を掲げるHameeが2019年4月に開催した、アートを通じて「創造とは何か」を社員に感じ考えてもらうことを目的に取り組んでいるプロジェクトです。同プロジェクトの目的達成のため、アートに関する良質な知見をお持ちの社外の関係各位、各所のご協力を得て、その方法としてアーティスト・イン・レジデンス(アーティストによる滞在制作)を採用し、実施展開しました。
具体的には産学連携として、女子美術大学(洋画専攻)と連携し、画材の提供という形でホルベイン画材株式会社にご協賛いただきました。アーティストの選考は充実した審査員によって行われました。

■シンポジム概要
テーマ「企業に於けるアートの役割を考える」

変化が激しく、不確実、複雑、曖昧で、きわめて予測困難な時代に、企業には固定観念にとらわれない創造性と柔軟性が求められています。だからこそ、日々の創作活動において創造性と柔軟性を駆使しているアーティストと企業の出会いの先に、企業の未来があると信じています。

■開催概要

イベント名:AIR in Hamee 2019 シンポジウム
テーマ  :企業に於けるアートの役割を考える
日時   :2020年1月15日(水)16:00-18:00
会場   :Hamee株式会社 (250-0011 神奈川県小田原市栄町2-12-10 Square O2)
対象者  :女子美術大学の学生、 一般参加者(定員10名)、報道関係者(定員10名)
主催者  :Hamee株式会社、女子美術大学
後援   :Arts Odawara 準備委員会

※一般参加、報道関係者の方のご参加につきまして
AIR in Hameeの趣旨と共鳴する方のご参加を募集いたします。ご希望の方は pr@hamee.co.jpにご連絡ください。

■登壇者

イケムラ レイコ / アーティスト、女子美術大学客員教授 ベルリン芸術大学元教授
音羽 晴佳 / AIR in Hamee 招待アーティスト
菊竹 寛 / Yutaka Kikutake Gallery ギャラリスト・「疾駆/chic」編集長
水沢 勉 / 美術評論家、女子美術大学客員教授、神奈川県立近代美術館館長
樋口 敦士 / Hamee株式会社 代表取締役社長

■主催・後援のプロフィール

「Hamee株式会社」
Hameeは、国内シェアNO.1のネットショップの在庫,受注,発注管理プラットフォーム「ネクストエンジン」の開発とiFaceブランドをはじめとするモバイルアクセサリーやIoT製品Hamicの開発販売を行っている、神奈川県小田原市に本社を構える東証一部上場企業です。

「女子美術大学」
女子美術大学は、「芸術による女性の自立」、「女性の社会的地位の向上」、「専門の技術家・美術教師の養成」を目指して、美術教育を行う学校として創立しました。以後今日までの100有余年にわたる長い歴史の間に、画壇・デザイン界をはじめ、教育界などあらゆる分野に優れた人材を輩出するとともに、社会で自立できる女性たちを送り出してきました。

「Arts Odawara準備委員会」
AIR in Hameeを契機に、「小田原から諸芸術を通して、社会を前進させる」を目的として、樋口敦士(Hamee株式会社 代表取締役社長・委員長)、大森悟(女子美術大学洋画専攻教授)、采木俊憲(弁護士)、故・小林俊樹(Art & Design 012)、宮口拓也 (Hamee株式会社 執行役員)により組織された委員会です。

本記事に関するお問い合わせ先

担当Hamee株式会社 宮口拓也
電話0465-42-9085
FAX0465-22-8065
e-mailpr@hamee.co.jp

Hamee株式会社概要

会 社 名Hamee株式会社
U R Lhttps://hamee.co.jp/
設 立1998年5月
代 表 者代表取締役社長 樋口 敦士
所 在 地神奈川県小田原市栄町2-12-10 Square O2
事業内容スマートフォングッズ・雑貨のネット通販・卸販売・輸出入、ネット通販支援ASP開発運営、海外通販サイト運営